« 中国の人権派弁護士も来日する「冤罪研究会」で悪質業者から2億円を荒稼ぎした「ニッポンの人権派」佐藤博史弁護士が講演 | トップページ | 増田俊男氏の“虚言の連鎖”いよいよ破綻 »

2011/02/24

ハワイに潜伏する増田俊男氏の土壇場 〔サンラ・ワールド事件〕

Mvs3 きょう24日は、警視庁の捜査を逃れて昨年9月からハワイに潜伏しつづけている増田俊男氏が、悪質ファンドを一部清算することを出資者に約束していた日だ。

このファンドは、増田氏が妻の経営する投資顧問会社『サンラ・ワールド社』(江尻眞理子社長)を募集・勧誘の窓口として、日本の投資家から巨額の資金を集めた複数の“商品”のなかの一つ。『アリウス3D社』(Arius3D Corp.)という、カナダにある小さな小さなIT会社への投資を名目にしたもので、増田氏らはこのファンドだけでも約50億円もの資金を集めていた。警視庁が、昨年の2月に金融商品取引法違反の疑いでサンラ・ワールド社の事務所や増田氏の自宅などを家宅捜索し、現在も捜査の対象としている被疑事実が、この「アリウス3D社投資ファンド」だ。

増田氏らは、アリウス3D社が未公開会社だった'00年ごろから「上場すれば何十倍になる」などとうたい、同社株に1株1ドル以上の値をつけて出資金を集めてきた。よくある「未公開株詐欺」と酷似した商法だったが、警視庁が家宅捜索を行った直後、アリウス3D社はカナダのネット株式市場に「CPC」という特殊な方式で、奇跡的に上場(正確には上場会社との合併)を完成させる。

市場取引開始後のアリウス3D社の株価は、8セントから22セントのあいだを推移しており、日本の出資者に売りつけたときの1ドル以上に達する見込みはほとんどない。「何十倍になる」との募集時のフレコミとは大違いだが、それでも上場は果たしたのだから、「IPO詐欺ではない」ということになるのかもしれない。しかし、たとえ紙くず同然となったとはいえ、日本の出資者の持分の株式を持ち逃げしてしまっては、やはり詐欺性を疑われることになる。

それを意識してか、増田氏は昨年の9月と11月に潜伏先のハワイから一部の出資者に宛てて、アリウス3D社の株式の名義を書き換える旨の通知と確認書を送った。ケイマン諸島籍のペーパー・カンパニーの名義になっている日本のファンド出資者の持分約4000万株のうちの20%を、出資者の名義に変更するというものだ。その期日が、きょうだった。

だが、名義変更の通知は、アリウス3D社ファンドに出資した全員には送られていない。また、増田氏がハワイで運営するファンド出資者向けのサイト<INVESTORS SERVICE CENTER>で告知されたことが一度もないことからも、「名義変更通知」の発送は警察の捜査を意識した「既成事実づくり」だった可能性もある。

いずれにしても20%のうちの半分にあたる約400万株は、すでにケイマン諸島籍のペーパー・カンパニーから第三者へ無断売却されている疑いが濃厚なことは、これまでに<NEWS RAGTAG>で伝えてきた。人手に渡ってしまったものは、出資者に名義を書き換えることはできるわけもない。

【関連記事】国外へ逃げながら「警視庁」をコケにする増田俊男氏「Arius3D」株の被害者持分を再び無断売却 〔サンラ・ワールド事件〕

はたして増田氏は、この苦境をどのような「虚言」で切り抜けるつもりなのか。「残りのアリウス3D株を売却した資金を持って、第三国へ逃げるつもりなのでは」との見方をする被害者も少なくない。

<円天巨額詐欺事件>では、きのう東京高裁が「L&G」元会長の波和二被告の控訴を棄却。「警察の強制捜査がなければ、出資金は返済できた」などとした無罪の主張を退け、懲役18年とした1審の東京地裁判決を支持する判決を言い渡した。

きょうを過ぎれば、増田氏は「警視庁のせいで、株の名義変更ができなくなった」とは言えなくなる。

|

« 中国の人権派弁護士も来日する「冤罪研究会」で悪質業者から2億円を荒稼ぎした「ニッポンの人権派」佐藤博史弁護士が講演 | トップページ | 増田俊男氏の“虚言の連鎖”いよいよ破綻 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国の人権派弁護士も来日する「冤罪研究会」で悪質業者から2億円を荒稼ぎした「ニッポンの人権派」佐藤博史弁護士が講演 | トップページ | 増田俊男氏の“虚言の連鎖”いよいよ破綻 »