2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 「ワンクリック請求」取り立て「弁護士」を詐欺の疑いで刑事告発へ | トップページ | 悪質業者から「2億円」稼いだ佐藤博史弁護士が「談合事件」被告の枚方市前市長弁護団に参入 »

2011/03/10

「ドブ掃除人」を自称した大木一幸弁護士「ワンクリック請求」の“汚れ仕事”で告発される 〔東京地検〕

きょう午後、大木一幸弁護士(大木法律事務所)が「ワンクリック詐欺に加担した」として、東京地検に詐欺の疑いで告発状を提出された。

告発した行政書士の藤田泰裕氏(かなめ行政書士事務所)は昨年4月、携帯電話に大木法律事務所から連絡を受け、<Movi速>という携帯アダルトサイトの利用料金10万円と督促料3万円の計13万円を請求された。これが、明らかなワンクリック請求だったことから、藤田氏は翌5月に大木一幸弁護士の懲戒を東京弁護士会に請求する。

この懲戒請求のなかで、大木弁護士は<弁護士という職業は、いわば社会のドブ掃除人>とうそぶき、ワンクリックの架空債権の回収をやった理由については<(悪質サイト)業界の是正浄化をはかることが最大の動機であった>などと主張。本末転倒の詭弁を繰り返した大木弁護士だったが、専任の電話オペレーターを置いた“コレクトセンター”を自身が運営していた事実は認めており、今回の告発へとつながったわけだ。

Photo大木弁護士の主張によれば、ワンクリック請求した相手の大半が督促を無視したらしい。用件を伝えたとたんに電話を切られるなどして、住所と氏名を聞き出せたのは、全体の2%強しかなかったという。なかには催告後に携帯電話を解約されたり、第三者に譲渡されたり、といったケースもあったのだとか。これは、警察や国民生活センターなどが展開した防犯キャンペーンによって、ネットユーザーが利口になった証拠といえる。が、大木弁護士の見方は反社会的だ。ワンクリック請求を無視した適切な行動を<無銭飲食のような、きわめて卑劣な逃げ>と非難し、素直に騙されない消費者に対する憤懣をぶちまけていた。

どうやら<ドブ掃除人>の弁護士センセイには、反省の色がみられないようだ。

« 「ワンクリック請求」取り立て「弁護士」を詐欺の疑いで刑事告発へ | トップページ | 悪質業者から「2億円」稼いだ佐藤博史弁護士が「談合事件」被告の枚方市前市長弁護団に参入 »

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ワンクリック請求」取り立て「弁護士」を詐欺の疑いで刑事告発へ | トップページ | 悪質業者から「2億円」稼いだ佐藤博史弁護士が「談合事件」被告の枚方市前市長弁護団に参入 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ