« 〔東日本大震災〕 福島県「梁川体育館」避難所から緊急支援のお願い | トップページ | 【緊急速報】増田俊男氏ら書類送検 〔サンラ・ワールド事件〕 »

2011/04/21

増田俊男氏が「詐欺的商法」で食いつぶした200億円の残滓「Arius3D Corp.」株式を被害者に一部分配か 〔サンラ・ワールド事件〕

Mvs3 〈相場の神様〉を自称する増田俊男氏は、過去10年あまりのあいだに数多くの詐欺的ファンドを次つぎと立ち上げては、軒並み破綻させてきた。そのなかで、かろうじて残存する唯一の案件が、カナダの小さな小さなIT会社『アリウス3D社』(Arius3D Corp.)への投資ファンドだ。

総額で約50億円を集めたこのファンドも、10年かけてようやく市場取引が開始されたものの、その株価は投資被害者が出資した元本の10分の1以下という惨憺たるありさま。

そんな“ボロ株”でも、株式が手元にあって売却できるのなら、被害者も出資金とは別途に負担した手数料ぐらいは取り戻せるのかもしれない。ところが増田氏主宰のファンドの株式は、すべてがケイマン諸島に登記された『フロンティアワン・カンパニー社』(Frontier One Company Ltd.)というダミー会社の名義に、無断で書き換えられていた。被害者の手元にあるのは増田氏と、その妻の江尻眞理子氏が署名した〈持分証明書〉のみ。

このまま、日本の被害者に株券が渡らなければ、アリウス3D社株式への投資を名目に資金を集めた増田氏らに詐欺や横領の疑いがかかりかねない。そのためか、フロンティアワン・カンパニー社は先月の18日(カナダ時間)、21万2026株のアリウス3D社株を放出する。そして同日、カナダの株式名義書き換え代行会社「オリンピア・トラスティ社」系列の配送会社が、日本のごく一部の被害者に宛ててアリウス3D社の株券を発送した。

被害者に届いた株券には、フロンティアワン・カンパニー社が3月18日に売却した約21万株が充てられた可能性は高い。

株式の名義の書き換えが実行されたとはいえ、1000名を超えるとされるアリウス3D社投資ファンドに出資した全員に対して行われたのではない。株券を受け取ったのは、把握できている範囲で、わずか4名。しかも、この4名はすべて、増田氏や『サンラ・ワールド社』らに対して損害賠償請求訴訟を起こして勝訴した人たちだ。それ以外で、株券を受け取った例は、いまのところ1件も確認できていない。

それだけに、わずかな株券をごく一部の被害者の名義に書き換えたのは、警察Checkcode20110413_2の捜査を意識した“増田流”その場しのぎの感が否めない。

被害者が注目すべきは、ケイマンのフロンティアワン・カンパニー社が今月12日(同)、30万株のアリウス3D社株式の売却を証券取引所に申し入れたことだ。この株券が、また、ごく一部の被害者へ発送されるかもしれない。

ただし、30万株といえば、日本の被害者の持分の1%にも満たない株数だ。黙っていては、うるさ型の被害者が優先されることは必至。なるべく早めに、サンラ・ワールド社へ催促しておいたほうがいいだろう。

20110408cdvol_4

詐欺的商法で、あまたの投資家を破滅へと導いてきた増田氏だが、あいかわらず大ボラを吹きまくっている。震災に便乗したキャッチコピーを掲げた自費出版の〈小冊子〉やCDの購入者には、増田氏が質問に即答するらしい。被害者の悲痛な叫びを無視し、ひたすら逃げ隠れをつづけている小人物が、なにをいわんやだ。

【関連記事】増田俊男氏の帰国準備か「Arius3D Corp.」株券が一部の被害者に届く 〔サンラ・ワールド事件〕

|

« 〔東日本大震災〕 福島県「梁川体育館」避難所から緊急支援のお願い | トップページ | 【緊急速報】増田俊男氏ら書類送検 〔サンラ・ワールド事件〕 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

増田俊男殿、10数年前貴殿は、天命により「日本を救う」と銘打って、全国各地で公演会を開催していた。圧巻は、近い将来、アメリカ大統領に「原爆投下の対日謝罪」を、実現させる。日本と世界の為、真理子と二人三脚「命を賭けて」必ずやり遂げる事を、皆様にお誓いします。

過去、アメリカでの実績と、世界の困った人を見掛けると「助けずには居られない」。そこで、先ず第一は、私達と一緒に皆さんにも「大金持ち」になって頂きます。当時、行く先々とあらゆる機会に、夫婦そろって声高に絶叫していた。

自称、四十七士・早水藤左衛門の末裔。幼少の頃から弱い者いじめが許せない性質、が謳い文句。その後、ずいぶん時が流れ「世界を動かす男」増田俊男氏は、今、どこで如何して居るのか、全く姿を見せない。

正に、 今回の東日本大震災は、貴殿の大きな度量と人望、人脈で「日本を救う」一つの天命が来た。又、オバマ大統領の「原爆投下の対日謝罪」来日計画は、どこまで進展しているのか。

日本国民の為、二つ合わせて、アメリカと日本のマスメデイアを呼び、帝国ホテルで早急に、記者会見を開催したらどうか。

尚、10数年前、命を賭けた、宣言と約束『私達と一緒に皆さんにも「桁外れの大富豪」になって頂きます』は、現在でも、日本の国民は期待しています。子供騙しのチンケナ小冊子など宣伝して、高齢者から「小銭集め」を,している場合ですか。

投稿: 赤穂浪士 義士の会一同 | 2011/04/21 12:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 〔東日本大震災〕 福島県「梁川体育館」避難所から緊急支援のお願い | トップページ | 【緊急速報】増田俊男氏ら書類送検 〔サンラ・ワールド事件〕 »