« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/30

書類送検された増田俊男容疑者の“出まかせ”ファンド「Arius3D Corp.」株式の一部が譲渡される 〔サンラ・ワールド事件〕

『サンラ・ワールド社』と、その経営者の増田俊男(73歳)、江尻眞理子両容疑者(60歳)が今月21日に東京地検へ書類送検された被疑事実は、カナダのIT会社『アリウス3D』(Arius3D Corp.)の未公開株(当時)を無登録で仲介販売(金融商品取引法違反)したというもの。

しかし、実際には、増田容疑者らが売っていたのは株式投資ファンドの持分だ。そして、日本の投資家が買ったつもりにさせられていたアリウス3D社株式を所有しているのは、同社役員の米国人がケイマン諸島に登記した『フロンティアワン・カンパニー社』(Frontier One Company Ltd.)というダミー会社。投資家の手元には、増田容疑者と江尻容疑者が発行した〈持分証明書〉しかない。

現時点では、投資家は出資金をだまし取られたような格好になっているわけだが、先月の18日(カナダ時間)にフロンティアワン・カンパニー社が21万2026株のアリウス3D社株を放出。その株が、ほんの数名の被害者(元出資者)の名義に書き換えられ、カナダの配送会社を通じて変更後の名義人に株券が送られた。また、今月の今月12日(同)にフロンティアワン・カンパニー社が、30万株のアリウス3D社株式の売却をTSX-V(トロント・ベンチャー証券取引所)に申し入れたことは、すでに伝えたとおりだ。

【関連記事】増田俊男氏が「詐欺的商法」で食いつぶした200億円の残滓「Arius3D Corp.」株式を被害者に一部分配か 〔サンラ・ワールド事件〕2011/04/21

そして、TSX-Vは27日、フロンティアワン・カンパニー社が26日付で28万8149株のアリウス3D株式を譲渡したことを発表した。この株が、数えるほどの出資者へ送られた可能性がある。

増田容疑者らは、最終的に約4000万株のアリウス3D株式を、その持分を保有するすべての出資者の名義に変更する義務を負っている。それができなければ、詐欺や横領などの罪を疑われ、責任を追及されることにもなりかねない。だが、フロンティアワン・カンパニー社は昨年、2回に分けて計約400万株のアリウス3D株式を売却。その株が、日本の出資者の名義に書き換えられた形跡はない。増田容疑者らはこの先、消えた約400万株の穴埋めをどうするつもりなのだろうか。

| | コメント (0)

2011/04/29

〔栃木県警〕警察官「拳銃発砲」で死亡した男性の遺族が逆転勝訴 〔東京高裁〕

威嚇射撃もせずに発砲したのは、適正な拳銃使用を定めた警察官職務執行法に反する──。

栃木県警巡査部長(事件当時は巡査長)の発砲で'06年に死亡した羅成(ルオ・チェン)氏の遺族が、県に約5000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、東京高裁(前田順司裁判長)は28日、請求を棄却した1審宇都宮地裁判決を変更。発砲の違法性を指摘したうえで、県に約1000万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

【関連記事】警察官が拳銃を撃てば治安は守られるのか 2011/02/11

| | コメント (0)

2011/04/27

橋下徹大阪府知事「ケツ出し」発言を「懲戒せず」の決定に感激する懲戒請求者の「負けるが勝ち」

「道頓堀でケツ出すより恥ずかしい」などの橋下徹大阪府知事(41歳)の発言をめぐり、弁護士非行の専門ブログ〈弁護士と闘う!〉主宰の市井信彦氏(56歳)が大阪弁護士会に申し立てていた懲戒請求事件で、同会が「弁護士の品位を失うべき発言ではない」として、請求を退ける決定をしたことを26日の〈朝日新聞〉などが報じた。

この決定を受けて、市井氏は「懲戒しないということは、大阪弁護士会が『ケツ出す』発言を容認したことになります。狙い通りの結果になって感激です!」としている。

大阪弁護士会『橋下徹弁護士の道頓堀でケツ出す弁護士がいる』〔弁護士と闘う!〕

| | コメント (0)

2011/04/26

増田俊男容疑者の辞書に「誠意」の文字はない 〔サンラ・ワールド事件〕

Lost_case金融商品取引法違反の疑いで、増田俊男容疑者(73歳)が東京地検に書類送検されたのは今月の21日。それから一週間も経たないきょう、増田容疑者はインターネットとファクシミリで自主配信するエッセイ〈時事直言〉の最新号を配信した。

増田俊男の「時事直言」No.649(2011年4月26日号)

事件についての謝罪や釈明の言葉はひとつもない。何事もなかったかのように〈今こそ立ちあがれニッポン〉などの見出しをつけて、しゃあしゃあと天下国家を論じている。

反省や誠意は、この人物にはまったく期待できないようだ。

きょう、旧証券取引法違反の罪で懲役2年6ヵ月実刑が確定した堀江貴文被告(38歳)は、収監後の獄中からもメールマガジンの発信を行う意向を表明したという。

獄中からもメルマガ発信という堀江被告 〔読売新聞〕

続きを読む "増田俊男容疑者の辞書に「誠意」の文字はない 〔サンラ・ワールド事件〕"

| | コメント (0)

2011/04/25

増田俊男容疑者を世に出した船井幸雄氏(船井総研創業者)が論賛する「東日本大震災」地震兵器攻撃説!

3月11日に東北地方を襲った巨大地震と、その後に相ついでいる余震について、船井幸雄氏は「闇の勢力、悪魔教の信者たちの地震兵器による攻撃」という説に傾倒しているようだ。その論拠となっているのが、月刊雑誌「ザ・フナイ」(船井メディア)の5月号に掲載されたベンジャミン・フルフォード氏の執筆による〈地震兵器で攻撃を受けた日本〉と題する記事らしい。船井氏はウェブサイト〈船井幸雄.COM〉で、自分の「親友」のなかのひとりとして紹介したフルフォード氏を、「本当の正しい情報以外は、絶対に書かないと思える人」と大絶賛。闇の勢力による〈人工地震説〉の信憑性に太鼓判を捺している。

船井幸雄のいま知らせたいこと「本当に大事なことを知ろう」 2011年4月25日

そんな船井氏の「親友」のなかには、今月21日に金融商品取引法違反の疑いで書類送検された増田俊男容疑者もいる。

詐欺的な投資商法で250億円を集めたとされる増田容疑者だが、彼が船井氏の推薦で世に出てから10年あまりのあいだ吹きつづけた“ホラ話”は、ようするに地震兵器攻撃説のような“トンデモ話”と同レベルだったということだ。

船井幸雄のいま知らせたいこと「経営コンサルタントや評論家は、お金や物は扱わない方がよいようだ」 2008年2月11日

| | コメント (0)

2011/04/24

〔戸部署事件〕で神奈川県警と対決した村田恒夫弁護士のトホホな戒告処分

日弁連(日本弁護士連合会)が発行する広報雑誌〈自由と正義〉4月号に、村田恒夫弁護士(横浜弁護士会)の懲戒処分の要旨が掲載された。

村田恒夫弁護士【横浜】懲戒処分の要旨 〔弁護士と闘う〕

死亡した遺言者から公正証書遺言の執行者に選任されていながら、その立場と遺言書の存在を2名いた相続人の片方に隠し、もう一方の代理人となって不公正な事件処理を行った、というのが処分の理由だ。これは、正義にもとる隠蔽行為と言わざるを得ない。

村田弁護士は、'97に神奈川県警戸部署の取調室で起きた〈戸部署事件〉で名をあげた人物。この事件は、取り調べを受けていた被疑者の男性が証拠品の拳銃から発射された銃弾を受けて死亡したもので、村田弁護士は男性の遺族の代理人となって神奈川県(警察)を相手に損害賠償を求める民事訴訟を提起。その1審横浜地裁の判決で、「警察官が拳銃の引き金をひいた」とする事実認定を得て勝訴(ただし、控訴審で逆転敗訴)した。当時、積極的にマスメディアに露出して、県警の「隠蔽体質」を厳しく批判していた村田弁護士。その熱き正義感ぶりは、どこへ行ったのだろうか。

〈名を棄てて実を取る〉のもいいが、懲戒処分を受けては元も子もない。

【関連記事】「神奈川県警」取調室で「拳銃発砲」被疑者死亡の『戸部署事件』から10年

Tobe_friday01

続きを読む "〔戸部署事件〕で神奈川県警と対決した村田恒夫弁護士のトホホな戒告処分"

| | コメント (0)

2011/04/21

【緊急速報】増田俊男氏ら書類送検 〔サンラ・ワールド事件〕

Pim0003b昨年2月、金融商品取引法違反の疑いで警視庁生活経済課の家宅捜索を受けていた『サンラ・ワールド社』の江尻眞理子社長と、同社実質経営者の増田俊男氏が、きょう同容疑で東京地検に書類送検された。

続きを読む "【緊急速報】増田俊男氏ら書類送検 〔サンラ・ワールド事件〕"

| | コメント (12)

増田俊男氏が「詐欺的商法」で食いつぶした200億円の残滓「Arius3D Corp.」株式を被害者に一部分配か 〔サンラ・ワールド事件〕

Mvs3 〈相場の神様〉を自称する増田俊男氏は、過去10年あまりのあいだに数多くの詐欺的ファンドを次つぎと立ち上げては、軒並み破綻させてきた。そのなかで、かろうじて残存する唯一の案件が、カナダの小さな小さなIT会社『アリウス3D社』(Arius3D Corp.)への投資ファンドだ。

総額で約50億円を集めたこのファンドも、10年かけてようやく市場取引が開始されたものの、その株価は投資被害者が出資した元本の10分の1以下という惨憺たるありさま。

そんな“ボロ株”でも、株式が手元にあって売却できるのなら、被害者も出資金とは別途に負担した手数料ぐらいは取り戻せるのかもしれない。ところが増田氏主宰のファンドの株式は、すべてがケイマン諸島に登記された『フロンティアワン・カンパニー社』(Frontier One Company Ltd.)というダミー会社の名義に、無断で書き換えられていた。被害者の手元にあるのは増田氏と、その妻の江尻眞理子氏が署名した〈持分証明書〉のみ。

このまま、日本の被害者に株券が渡らなければ、アリウス3D社株式への投資を名目に資金を集めた増田氏らに詐欺や横領の疑いがかかりかねない。そのためか、フロンティアワン・カンパニー社は先月の18日(カナダ時間)、21万2026株のアリウス3D社株を放出する。そして同日、カナダの株式名義書き換え代行会社「オリンピア・トラスティ社」系列の配送会社が、日本のごく一部の被害者に宛ててアリウス3D社の株券を発送した。

被害者に届いた株券には、フロンティアワン・カンパニー社が3月18日に売却した約21万株が充てられた可能性は高い。

株式の名義の書き換えが実行されたとはいえ、1000名を超えるとされるアリウス3D社投資ファンドに出資した全員に対して行われたのではない。株券を受け取ったのは、把握できている範囲で、わずか4名。しかも、この4名はすべて、増田氏や『サンラ・ワールド社』らに対して損害賠償請求訴訟を起こして勝訴した人たちだ。それ以外で、株券を受け取った例は、いまのところ1件も確認できていない。

それだけに、わずかな株券をごく一部の被害者の名義に書き換えたのは、警察Checkcode20110413_2の捜査を意識した“増田流”その場しのぎの感が否めない。

被害者が注目すべきは、ケイマンのフロンティアワン・カンパニー社が今月12日(同)、30万株のアリウス3D社株式の売却を証券取引所に申し入れたことだ。この株券が、また、ごく一部の被害者へ発送されるかもしれない。

ただし、30万株といえば、日本の被害者の持分の1%にも満たない株数だ。黙っていては、うるさ型の被害者が優先されることは必至。なるべく早めに、サンラ・ワールド社へ催促しておいたほうがいいだろう。

20110408cdvol_4

詐欺的商法で、あまたの投資家を破滅へと導いてきた増田氏だが、あいかわらず大ボラを吹きまくっている。震災に便乗したキャッチコピーを掲げた自費出版の〈小冊子〉やCDの購入者には、増田氏が質問に即答するらしい。被害者の悲痛な叫びを無視し、ひたすら逃げ隠れをつづけている小人物が、なにをいわんやだ。

【関連記事】増田俊男氏の帰国準備か「Arius3D Corp.」株券が一部の被害者に届く 〔サンラ・ワールド事件〕

| | コメント (1)

2011/04/14

〔東日本大震災〕 福島県「梁川体育館」避難所から緊急支援のお願い

福島県伊達市の「梁川体育館」に仮設された避難所から、インフルエンザの施設内流行が発生しかけているという報告があった。

感染予防のため、緊急に環境を整備する必要があり、業務用空気清浄機の提供を求めている。

寄付または貸付の可能な方は、避難所までご連絡いただきたい。

110413_141202_2〒960-0726 福島県伊達市北町頭70

梁川体育館

担当:椀澤悟志(わんざわさとし)

024-577-0403 090-9740-1374

| | コメント (0)

2011/04/12

〔単行本紹介〕 元受刑者の衝撃手記「囚人閑居して不善をなす」須坂三十四(著)

私はかつて妻の残忍な裏切りを甘受し、妻側の弁護士の要求に全面的に屈服したために、生きる力を根こそぎ枯らされ、働く意欲も奪われ、まったくの無力となりました。私がふたたび生きる力をとり戻すためには「怒り」のエネルギーがどうしても必要だったのです──。

著者の須坂三十四(すざかさとし)は元教師。某県内の私立高校で教鞭を執っていた彼は'01年、警察に逮捕される。離婚した元妻の母親を約8年間にわたってストーキングしつづけ、〈復讐の準備は整いつつある〉などと書いた手紙を送りつけて脅した、というのが被疑事実だった。この事件で、脅迫などの罪に問われた著者は、執行猶予つきの有罪判決を言い渡される。

いったんは懲役を免れた。だが、執行猶予中にふたたび同じ過ちを犯し、彼は塀の中に落ちることになる。

冒頭の一文は、2度目に起こした事件の公判で、著者が被告人として提出した陳述書に記した言葉だ。この書面の全文が、本書には掲載されている。

〈私には強要や脅迫の意図はありませんでした〉と陳述書に記した著者の「怒り」の行為の意味は、司法に否定され、犯罪として断罪された。その刑期は、1度目の事件の判決で言い渡された量刑を加算し、未決通算(判決までに勾留された日数の一部を、裁判官の裁量で刑期から減算すること)を引いた3年1ヵ月。

彼を待っていたのは、絶望さえもない獄中の日々だった。

9784894773790

囚人閑居して不善をなす

須坂 三十四 (著)

出版社: 文藝書房 (2011/3/25)

価 格: ¥1,260 

須坂三十四(サトシ)のブログ

| | コメント (0)

2011/04/10

増田俊男氏ら「悪質ファンド裁判」控訴審も連敗「違法行為」認定される 〔サンラ・ワールド事件〕

警視庁の家宅捜索を受けた昨年2月以降、<サンラ商法>の被害者やマスメディアなどから逃げ回り、国内外の隠れ家に潜伏をつづけている増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』社長の江尻眞理子氏。そんな両氏は公の場に姿をみせることはないが、被害者から損害賠償を求めて起こされた多数の訴訟は、代理人の岩下嘉之弁護士にまかせて係属してきた。

昨年は東京、横浜、宮城、愛知など各地の地裁で、増田氏らサンラ・ワールド社の違法行為を認定して賠償金の支払いを命じる判決が相次いだ。それらの敗訴判決を不服とした同社側は、管轄の高裁に控訴していたが、その2審も連戦連敗のボロ負け状態。先月30日には、確認できている範囲で3件目の控訴審判決が、名古屋高裁で言い渡されている。

入手した判決文によると、原告の請求どおりの賠償金の支払いをサンラ・ワールド社に命じた名古屋地裁半田支部の1審判決に、高田健一裁判長は2割の過失相殺を加えた。が、<エイシャンドリーム社(筆者註:資金の送金先に使われたタックス・ヘイブンのダミー会社)は実態的には、控訴人会社の一部門にすぎず、控訴人会社がエイシャンドリーム社名義で有価証券の売買の媒介等をしていたものと推認される>としたうえで、<控訴人会社はエイシャンドリーム社名義で違法行為を行っていたか、あるいはエイシャンドリーム社と共同して違法行為を行い、少なくとも、エイシャンドリーム社の違法行為を封助していたものと認められる>と、増田氏らサンラ・ワールド社側の違法行為を認定。1審判決の約1640万円から2割を減額した約1300万円の支払いを、サンラ・ワールド社側に命じた。

H221333001H221333002 H221333003

続きを読む "増田俊男氏ら「悪質ファンド裁判」控訴審も連敗「違法行為」認定される 〔サンラ・ワールド事件〕"

| | コメント (0)

2011/04/07

「ワンクリック請求」大木一幸弁護士と闘う行政書士がブログをオープン

Akutokuhaijo現職の弁護士でありながら、ワンクリック請求の回収業務をやった大木一幸弁護士の責任を追及する行政書士の藤田泰裕氏が、このほどブログを開設した。

ブログタイトルは〈悪徳排除連盟〉。詐欺商法や悪徳弁護士の被害防止に向けて、インターネットを通じた啓蒙活動を展開していくという。

| | コメント (1)

2011/04/06

〔東日本大震災〕 働く女性の全国センターが震災ホットラインを特設

働く女性を支援するボランティア団体〈働く女性の全国センター〉が、メーデーの午後に集中Hotlineホットラインを設け、大震災にともなう雇用環境の悪化や被災地での性被害などについての相談を受ける。

実施日時:5月1日 午後2時~9時

0120-787-956(フリーダイヤル)

働く女性の全国センター(ACW2)事務局 伊藤みどり

151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-7横山ビル
専用電話 03-5304-7383 fax03-5304-7379

| | コメント (0)

2011/04/05

〔東日本大震災〕 福島県立「梁川高校」避難所からのメッセージ

福島県伊達市の県立「梁川高等学校」避難所の椀澤悟志代表から、支援物資をお送りいただいた個人・団体のみなさんに宛てて、感謝の言葉が届いた。

続きを読む "〔東日本大震災〕 福島県立「梁川高校」避難所からのメッセージ"

| | コメント (1)

2011/04/01

〔文庫本紹介〕 サンラ・ワールド社元役員の「海外投資」入門書

国際フィナンシャルコンサルタントの荒川雄一氏が、「海外分散投資入門」(パンローリング刊)という文庫本を出している。

51wrds9gl1l__ss500_

海外分散投資入門 荒川雄一 (著)

日本社会が混迷を深めていくなか、世界の市場は関連を強めている。そのため、投資の舞台を日本国内だけでなく、海外に広げる人たちが増えてきた。この「海外投資」を実践して、自分なりの中長期的な運用目標を達成するために必要な知識とはなにか? (「BOOK」データベースより)

文庫: 288ページ
出版社: パンローリング (2011/3/11)
価格: 735円

現在、投資顧問会社など3社を経営する荒川氏は、『サンラ・ワールド社』社長の江尻眞理子氏の実弟と幼なじみで、同社の草創期の役員を務めていた。

201103301サンラ・ワールド社の実質経営者の増田俊男氏は、潜伏先の某所から、もぐりの投資助言<ここ一番!>を精力的に発信している。

富裕層の投資法 荒川雄一の講演ビデオ

荒川氏の講演ビデオは、「セーフリッチ投資」という会社のウェブサイトから閲覧することができる。<完全無料>とのことだが、視聴するには氏名とメールアドレスの入力が必要だ。クリックするのは、自己責任で願いたい。

| | コメント (1)

「東日本大震災」避難所から食糧支援のお願い 〔福島〕

被災者の会社員らがボランティアに加わり、15日に福島県伊達市の<梁川高校>に開設された避難所で、炊き出し(自炊)用の食材が不足しているという。

食料を送れる方は、ご協力をお願いしたい。

福島県伊達市梁川町字鶴ヶ岡33

県立梁川高等学校

担当:椀澤悟志 090-9740-1374

この避難所には、約350人の被災者が収容されている。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »