2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 〔東日本大震災〕 福島県立「梁川高校」避難所からのメッセージ | トップページ | 「ワンクリック請求」大木一幸弁護士と闘う行政書士がブログをオープン »

2011/04/06

〔東日本大震災〕 働く女性の全国センターが震災ホットラインを特設

働く女性を支援するボランティア団体〈働く女性の全国センター〉が、メーデーの午後に集中Hotlineホットラインを設け、大震災にともなう雇用環境の悪化や被災地での性被害などについての相談を受ける。

実施日時:5月1日 午後2時~9時

0120-787-956(フリーダイヤル)

働く女性の全国センター(ACW2)事務局 伊藤みどり

151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-7横山ビル
専用電話 03-5304-7383 fax03-5304-7379

« 〔東日本大震災〕 福島県立「梁川高校」避難所からのメッセージ | トップページ | 「ワンクリック請求」大木一幸弁護士と闘う行政書士がブログをオープン »

労働問題」カテゴリの記事

震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 〔東日本大震災〕 福島県立「梁川高校」避難所からのメッセージ | トップページ | 「ワンクリック請求」大木一幸弁護士と闘う行政書士がブログをオープン »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ