2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 増田俊男氏ら「悪質ファンド裁判」控訴審も連敗「違法行為」認定される 〔サンラ・ワールド事件〕 | トップページ | 〔東日本大震災〕 福島県「梁川体育館」避難所から緊急支援のお願い »

2011/04/12

〔単行本紹介〕 元受刑者の衝撃手記「囚人閑居して不善をなす」須坂三十四(著)

私はかつて妻の残忍な裏切りを甘受し、妻側の弁護士の要求に全面的に屈服したために、生きる力を根こそぎ枯らされ、働く意欲も奪われ、まったくの無力となりました。私がふたたび生きる力をとり戻すためには「怒り」のエネルギーがどうしても必要だったのです──。

著者の須坂三十四(すざかさとし)は元教師。某県内の私立高校で教鞭を執っていた彼は'01年、警察に逮捕される。離婚した元妻の母親を約8年間にわたってストーキングしつづけ、〈復讐の準備は整いつつある〉などと書いた手紙を送りつけて脅した、というのが被疑事実だった。この事件で、脅迫などの罪に問われた著者は、執行猶予つきの有罪判決を言い渡される。

いったんは懲役を免れた。だが、執行猶予中にふたたび同じ過ちを犯し、彼は塀の中に落ちることになる。

冒頭の一文は、2度目に起こした事件の公判で、著者が被告人として提出した陳述書に記した言葉だ。この書面の全文が、本書には掲載されている。

〈私には強要や脅迫の意図はありませんでした〉と陳述書に記した著者の「怒り」の行為の意味は、司法に否定され、犯罪として断罪された。その刑期は、1度目の事件の判決で言い渡された量刑を加算し、未決通算(判決までに勾留された日数の一部を、裁判官の裁量で刑期から減算すること)を引いた3年1ヵ月。

彼を待っていたのは、絶望さえもない獄中の日々だった。

9784894773790

囚人閑居して不善をなす

須坂 三十四 (著)

出版社: 文藝書房 (2011/3/25)

価 格: ¥1,260 

須坂三十四(サトシ)のブログ

« 増田俊男氏ら「悪質ファンド裁判」控訴審も連敗「違法行為」認定される 〔サンラ・ワールド事件〕 | トップページ | 〔東日本大震災〕 福島県「梁川体育館」避難所から緊急支援のお願い »

メディア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 増田俊男氏ら「悪質ファンド裁判」控訴審も連敗「違法行為」認定される 〔サンラ・ワールド事件〕 | トップページ | 〔東日本大震災〕 福島県「梁川体育館」避難所から緊急支援のお願い »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ