2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011/06/30

6.26「弁護士の不正・非行・犯罪と闘うシンポジウム」パネリストからのメッセージ

6月26日に開催した<弁護士の「不正・非行・犯罪」と闘うシンポジウム>の第1部と第2部の動画につづき、第3部をYouTubeに公開した。

~「正義の味方」の仮面を剥ぐ!~第3部(1/4)

~「正義の味方」の仮面を剥ぐ!~第3部(2/4)

~「正義の味方」の仮面を剥ぐ!~第3部(3/4)

~「正義の味方」の仮面を剥ぐ!~第3部(4/4)

201106263001

第3部のオーガナイズドセッションには、人権派の金井塚康弘弁護士を相手に本人訴訟で勝訴した編集プロダクション社長の車田宏章氏と、<日本弁護士被害者連絡会>代表の市井信彦氏、本イベント主催<NEWS RAGTAG>の津田哲也が出演。弁護士の非行や懲戒制度の問題点などについて討論した。一般参加した男性教員から、市井氏の団体が提唱する「司法修習の給費制維持反対」に異議を呈する意見などもあり、会場は静かな熱気に包まれた。

第1部から、飛び入りの発言も相ついだことで時間不足となり、会場で伝えきれなかった思いをパネリストの車田氏が<NEWS RAGTAG>に寄せている。

シンポジウムに出席された皆様に、うまく説明が出来なかったことに悔いを残しています。

私は弁護士業界の“聖域”に風穴を開けたく、本人訴訟で弁護士と闘い、和解勧告を断って、判決を選びました。もし、和解してしまっていたら、素人のクレーマーにしか思われなかったと思います。

大阪弁護士会での紛議調停委員会から始まり、つぎに懲戒請求をし、さらに日弁連に異議申出をしましたが、それらはすべて退けられました。想像以上に強かった弁護士会の身内ひいきと、部外の素人を色眼鏡で見ているような綱紀委員会の体質。それでは、いくら訴えてもらちがあかないと思い、まずは簡易裁判所で提訴しました。しかし、その請求も棄却されて敗訴。地裁での控訴審で、ようやく金井塚康弘弁護士の非行の認定を勝ち取ったのです。

弁護士を訴える弁護士が居ないため、世間の皆さんは泣き寝入りをしています。

恐らく弁護士に利用されている事も知らないで、こんなものだ…とあきらめている人も沢山いるのだと思います。弁護士会や日弁連は「正義」を表向きにするも、身内ひいきで、間違った弁護士をこらしめる事もなく、茶番劇を平気でやっている組織。弁護士は、弁護士という“権力”だけでやっている、傲慢な人が沢山います。

そこに正義はあるのか?

いや、あるのは正義よりも地位、名誉、金です。

であるならば、正義を謳い文句にせず、ビジネスとして割り切り、正義と言う立派な看板を出すものではないと思います。

今回、私がもらった勝訴判決は、弁護士は間違っていたという内容ですから、「素人でも、間違っていなければ、弁護士に勝てる方法はある」という事実を広めたく思います。それが、弁護士の質を上げる方法でもあるハズです。

日弁連は、弁護士を選べる基準を明確に情報提供すべきだと思います。それが、国からもらった権力を持っている組織の義務だと思います。

弁護士会は、弁護士達の都合の良いように、弁護士の法律を作り過ぎています。それは、正義があった時代でしょうから、それで良いですが、正義の無い今の時代は、弁護士の都合の良い法律を使えば無法地帯になって当然です。

皆様は、これから戦う方々でしょうが、どちらが間違っているか? ではなく、相手弁護士が間違っているか、間違っていないかについて戦うことになります。堂々と戦ってください。

健闘を祈ります。

【関連記事】「人権派」金井塚康弘弁護士を相手に「本人訴訟」で勝った会社社長の“硬骨” 2011/05/01

2011/06/29

弁護士の「不正・非行・犯罪」と闘う当事者たちのシンポジウム~「正義の味方」の仮面を剥ぐ!~〔動画〕

<NEWS RAGTAG>が主催し、「日本弁護士被害者連絡会」と「弁護士『佐藤博史』の責任を追及する会」の協賛で26日に開いたイベント<弁護士の「不正・非行・犯罪」と闘う当事者たちのシンポジウム>の動画をYouTubeに公開した。このシンポジウムは3部構成で開催したが、現時点でアップロードをすませたのは、第1部と第2部の映像だ。第3部については編集を終え次第、YouTubeで配信する。

2011062613001720_2

【第1部】弁護過誤や弁護士の非行と闘う当事者の口頭発表

人権派の大物弁護士を訴えた元依頼人

日本弁護士連合会を訴えた女性

弁護士から家庭内暴力夫に仕立て上げられたと主張する男性

交通事故の加害者を不正に自己破産させたとして管財人弁護士を懲戒請求

【第2部】寺澤有氏(ジャーナリスト)講演

20110626_yuu_terasawa

「寺澤有基調講演」(1/3)

「寺澤有基調講演」(2/3)

「寺澤有基調講演」(3/3)

イベント報告【弁護士の不正・非行・犯罪と闘うシンポジューム】〔弁護士と闘う!〕

弁護士被害者のシンポジウムでも、スラップを心配する声 〔THE INCIDENTS〕

2011/06/24

日弁連「懲戒の手続きが遅いのは当たり前」という議決

大木一幸弁護士がワンクリック請求の取り立て業務を行っていた問題をめぐり、行政書士の藤田泰裕氏(かなめ行政書士事務所)が申し立てた懲戒請求の手続きを東京弁護士会が「相当期間に終えなかった」として申し出た<異議>について、日弁連(日本弁護士連合会)が棄却することを6月20日付で決定した。

Ohoki_igikettei20110621001Ohoki_igikettei20110621002 Ohoki_igikettei20110621003

この異議申し出の審査を、日弁連綱紀委員会が開始したのは先月の16日。所要期間1ヵ月ほどのスピード決定だった。ところが、本件の懲戒請求が東京弁護士会になされたのは昨年の5月だ。藤田氏が異議の申し出をした時点で、約1年を経過していた。それでも、日弁連綱紀委員会が出した議決は<手続が滞っているとは認められない>。そして東京弁護士会は、いまだに懲戒請求の審理を終えていないのだ。

身内が身内を裁く審査は、遅くて当たり前。それに対する異議は、すみやかに棄却するのが、<弁護士自治>のポリシーのようだ。実際、弁護士会が懲戒請求の審理を終えるまでに2年近くを要することもめずらしくない。

【関連記事】「ワンクリック請求」取り立ての大木一幸弁護士「懲戒請求」事件で“緩慢”手続き「異議申出」に審理開始 〔日弁連〕2011/05/23

2011/06/23

弁護士の「虚偽告発」で誤認逮捕された女性が「日弁連」を訴えた裁判の次回弁論期日〔横浜地裁〕

横浜市内に住む女性が、静岡県弁護士会に所属する弁護士の虚偽の告発によって警察にYokohama逮捕されたとして、同会と日弁連(日本弁護士連合会)に160万円の損害賠償などを求めた訴訟の第2回口頭弁論が、きのう横浜地裁であった。静岡弁護士会の齋藤安彦会長が同会側の訴訟代理人となったが、法廷には姿をみせていない。次回の口頭弁論は、7月28日午後1時30分から横浜地裁で開かれる予定だ。

「懲戒請求」の“報復”か!? 「虚偽告発」を疑われた弁護士の管理責任を“冤罪”被害女性が「日弁連」に問う訴訟はじまる 2011/06/05

この裁判については、今月26日(日)に東京都中央区内で開催するイベント<弁護士の『不正・非行・犯罪』と闘う当事者たちのシンポジウム~『正義の味方』の仮面を剥ぐ!~>で、原告の女性本人から詳しく報告してもらう。

Photo_2

弁護士の「不正・非行・犯罪」をテーマにしたイベントが開催される3日前のきょう、明治大学リバティタワーで「検察、世論、冤罪 Ⅱ」と題するシンポジウムがあった。B5c67_273_94f22727c99a0dc725302b973

パネリストは、詐欺的商法で250億円を集めた「サンラ・ワールド社」の顧問を7年間つとめ、約2億円もの報酬等を得てきた佐藤博史弁護士だ。検察のあり方を熱く語るのもよいが、弁護士の不正をただすことも「健全な法治国家のため」には必要だろう。

サンラ・ワールド社は'09年11月、佐藤弁護士に支払った過大な報酬等の返還を求めて、同弁護士が所属する第二東京弁護士会に紛議調停を申し立てている。調停は現在も係属中だが、申し立てから1年半あまりを経ても、佐藤弁護士は「カネは返さない」と主張しつづけているようだ。サンラ・ワールド社は実質上、すでに経営破たんしているため、詐欺的商法の被害者の救済に充てられる唯一の資金は、佐藤弁護士のフトコロの中にある。

健全な法治国家のために声をあげる市民の会

  • テーマ:「検察、世論、冤罪 Ⅱ」
  • 日程:6月23日(木)18時30分
  • 会場:明治大学リバティタワー 2F 1022教室
    地図:
    http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
    ※リバティホールロビーのエスカレーターをお使いください。
    場所は駿河台(最寄り駅:お茶の水または神保町)となります
  • 主催:明治大学大学院情報コミュニケーション研究科
  • 協力:健全な法治国家のために声をあげる市民の会
  • 総合司会: 江下雅之(明治大学情報コミュニケーション学部教授)
  • 司会:   岩上安身(フリージャーナリスト)
  • パネリスト:郷原信郎(名城大学教授・弁護士・「検察の在り方検討会議」委員)
           佐藤博史(弁護士・足利事件弁護人)
           山下幸夫(弁護士・元最高検察庁アドバイザー)
           山口一臣(週刊朝日前編集長)
           市川 寛(弁護士・元検事)
           八木啓代(「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」代表)
    (※:パネリストは変更になる場合があります)

110623 緊急シンポジウム「検察・世論・冤罪 」

110623 緊急シンポジウム「検察・世論・冤罪 」 第2部

※未公開株の売買をめぐって詐欺と恐喝未遂の罪に問われ、17日に大阪高裁で懲役6年の実刑判決(最高裁上告中)が言い渡されたタレントの羽賀研二被告が、サプライズゲストとして登場した。

2010080316220000 Satokikin

今年4月に金商法違反で書類送検された増田俊男容疑者(左)と佐藤博史サンラ・ワールド元顧問(右)

2011/06/20

【イベント情報】弁護士の「不正・非行・犯罪」と闘うシンポジウム開催迫る!

<弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする>

弁護士法1条1項には、そう定められている。しかし現実には、本来の使命に真っ向から背く弁護士は少なくない。ゆがんだ主張を押し通すために、弱者の人権を侵害する唯我独尊的な「人権派」。法と資格を悪用し、私利私欲のために「不正義」をはたらきながら、まんまと処罰を逃れる弁護士。そんな「悪徳」をはびこらせる“病弊”となっているのが、「弁護士自治」という名の伏魔殿だ。

第2回<RAGTAGセミナー>は、弁護過誤の被害者や非行弁護士と闘う人たちが集い、シンポジウム形式で開催する

弁護士の「不正・非行・犯罪」と闘う当事者たちのシンポジウム~「正義の味方」の仮面を剥ぐ!~

日 時:2011年6月26日(日)午後1時から4時
場 所:貸会議室プラザ八重洲北口 5階1号室
参加費:1000円

東京都中央区八重洲1-7-4 矢満登ビル5階(1階 CafeRenoir ニュー八重洲北口店)

プログラム

【第1部】弁護過誤や弁護士の非行と闘う当事者の口頭発表 13:00~13:50

○中野麻美弁護士(NPO派遣労働ネットワーク理事長)ら2名の人権派弁護士を相手に、損害賠償を求める訴訟を提起した元依頼人の女性。
○懲戒請求した相手の弁護士が、報復的に虚偽の刑事告発をしたことによって「誤認逮捕」され、「日弁連」の管理責任を問う民事訴訟を係争中の女性。
○職権を悪用した“別れさせ屋”弁護士に、虚偽のDV(家庭内暴力)をねつ造され、子供と会えなくなった男性。

市井信彦「日本弁護士被害者連絡会」会長による弁護過誤、懲戒請求事案などの代理報告

【第2部】基調講演「スラップ(言論抑圧訴訟)を起こす人権派弁護士のエゴイズム」(仮題) 13:50~14:20

寺澤有(光市母子殺害事件被告の実名ルポ本出版をめぐる訴訟で、安田好弘弁護士ら人権派弁護士の横暴と闘うジャーナリスト)

〔休憩 14:20~14:30〕

【第3部】オーガナイズドセッション 14:30~16:00

市井信彦(みずからも懲戒請求や本人訴訟で弁護士の非行と闘い、弁護過誤などの被害者を支援する活動家)
車田宏章(懲戒請求を退けられるも、本人訴訟で「人権派」金井塚康弘弁護士に勝った編集プロダクション社長)
藤田泰裕(ワンクリック請求の取り立てをやった大木一幸弁護士の責任を追及する行政書士)
津田哲也(250億円を集めた悪質業者「サンラ・ワールド社」から、約2億円の報酬等を荒稼ぎした佐藤博史弁護士の非道を暴く)

YokohamaDsc00086 SentoKuruma

TerasawaIchii Tsuda

主 宰:NEWS RAGTAG
協 賛:弁護士「佐藤博史」の責任を追及する会
     日本弁護士被害者連絡会

※事前申込要

kotatsu32000@yahoo.co.jp
NEWS RAGTAG 津田哲也

本会の終了後、同ビルの別会場で「日本弁護士被害者連絡会」が午後4時から集会を開く。入場自由、会費不要とのこと。

【関連記事】中野麻美弁護士ら「人権派弁護士」に損害賠償を求めて元依頼者が提訴 2011/06/11

【関連記事】「懲戒請求」の“報復”か!? 「虚偽告発」を疑われた弁護士の管理責任を“冤罪”被害女性が「日弁連」に問う訴訟はじまる 2011/06/05

【関連記事】「人権派」金井塚康弘弁護士を相手に「本人訴訟」で勝った会社社長の“硬骨” 2011/05/01

2011/06/11

【イベント情報】共同親権をめざす市民団体の定例会と署名活動 〔親子ネット関西〕

Oyakokansailogo離婚後の共同親権や共同養育の制度導入などをめざす市民活動団体「親子ネット関西」が、あした大阪で集会を開く。

開催日:2011年6月12日(日)

■第1部 ビラ配り
時 間:10:00~11:45
場 所:JR大阪駅前、阪急百貨店付近、HEP NAVIO(ヘップナビオ) 計3ヵ所〔9時30分までにJR大阪駅中央南口にある1F南ゲート広場に集合〕

■第2部 定例会・総会
時 間:13:00~17:00(10分休憩2回を予定)
場 所:大阪NPOプラザ 3F会議室(E)

※<NEWS RAGTAG>は不偏不党のスタンスをめざしており、特定の団体と関係はありません。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ