2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 日弁連「懲戒の手続きが遅いのは当たり前」という議決 | トップページ | 6.26「弁護士の不正・非行・犯罪と闘うシンポジウム」パネリストからのメッセージ »

2011/06/29

弁護士の「不正・非行・犯罪」と闘う当事者たちのシンポジウム~「正義の味方」の仮面を剥ぐ!~〔動画〕

<NEWS RAGTAG>が主催し、「日本弁護士被害者連絡会」と「弁護士『佐藤博史』の責任を追及する会」の協賛で26日に開いたイベント<弁護士の「不正・非行・犯罪」と闘う当事者たちのシンポジウム>の動画をYouTubeに公開した。このシンポジウムは3部構成で開催したが、現時点でアップロードをすませたのは、第1部と第2部の映像だ。第3部については編集を終え次第、YouTubeで配信する。

2011062613001720_2

【第1部】弁護過誤や弁護士の非行と闘う当事者の口頭発表

人権派の大物弁護士を訴えた元依頼人

日本弁護士連合会を訴えた女性

弁護士から家庭内暴力夫に仕立て上げられたと主張する男性

交通事故の加害者を不正に自己破産させたとして管財人弁護士を懲戒請求

【第2部】寺澤有氏(ジャーナリスト)講演

20110626_yuu_terasawa

「寺澤有基調講演」(1/3)

「寺澤有基調講演」(2/3)

「寺澤有基調講演」(3/3)

イベント報告【弁護士の不正・非行・犯罪と闘うシンポジューム】〔弁護士と闘う!〕

弁護士被害者のシンポジウムでも、スラップを心配する声 〔THE INCIDENTS〕

« 日弁連「懲戒の手続きが遅いのは当たり前」という議決 | トップページ | 6.26「弁護士の不正・非行・犯罪と闘うシンポジウム」パネリストからのメッセージ »

メディア」カテゴリの記事

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

警察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日弁連「懲戒の手続きが遅いのは当たり前」という議決 | トップページ | 6.26「弁護士の不正・非行・犯罪と闘うシンポジウム」パネリストからのメッセージ »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ