« ボトックス「医療過誤訴訟」を検証する② 「添付文書」記載事項とインフォームド・コンセント(説明と同意の義務)に違反した場合の医療者の責任 | トップページ | 「常葉菊川高校」野球部の“イジメ暴行”で「静岡県警」が実況見分した当日の動画 〔YouTube〕 »

2011/07/28

「日弁連」と「静岡弁護士会」を相手取った「本人訴訟」きょう結審 〔横浜地裁〕

横浜市内に住む女性が、静岡県弁護士会に所属する弁護士の虚偽告発によって警察に逮捕されたとして、同会と日弁連(日本弁護士連合会)に160万円の損害賠償などを求めた訴訟の第3回口頭弁論が、きょう横浜地裁であった。

この弁論で佐藤哲治裁判官は、審理の終結を宣言。原告の女性は異議を申し述べたが、佐藤裁判官は認めず、わずか3回の期日を開いただけでスピード結審させた。

静岡弁護士会の訴訟代理人には、同会の齋藤安彦会長が就任したはずだったが、けっきょく一度も出廷しないまま審理終了だ。

「何度も(虚偽告訴された)弁護士の懲戒請求をしましたが、弁護士も日弁連も、処分しようとはしませんでした。だから、民事の法廷に持ち込んだのに、門前払いされたのも同然の結果になりました。私たち一般人が、弁護士の責任を追及することを、司法制度が阻んでいるとしか思えません」

憤りを隠せない様子で、原告の女性は佐藤裁判官の不公正な訴訟指揮を批判した。近く横浜地裁に対し、弁論再開の申し立てをするという。

【関連記事】「懲戒請求」の“報復”か!? 「虚偽告発」を疑われた弁護士の管理責任を“冤罪”被害女性が「日弁連」に問う訴訟はじまる 2011/06/05

弁論が再開されなかった場合、この訴訟の判決期日は9月12日午後1時10分に横浜地裁607号法廷で予定されている。

|

« ボトックス「医療過誤訴訟」を検証する② 「添付文書」記載事項とインフォームド・コンセント(説明と同意の義務)に違反した場合の医療者の責任 | トップページ | 「常葉菊川高校」野球部の“イジメ暴行”で「静岡県警」が実況見分した当日の動画 〔YouTube〕 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボトックス「医療過誤訴訟」を検証する② 「添付文書」記載事項とインフォームド・コンセント(説明と同意の義務)に違反した場合の医療者の責任 | トップページ | 「常葉菊川高校」野球部の“イジメ暴行”で「静岡県警」が実況見分した当日の動画 〔YouTube〕 »