« 佐藤功行弁護士が代理人の「DVでっち上げ離婚訴訟」控訴審の口頭弁論 〔東京高裁〕 | トップページ | 甲子園優勝校「常葉菊川高校」野球部の“イジメ・飲酒強要”問題で被害少年の保護者が「日本高野連」に処分求める »

2011/07/13

「週刊文春」の取材に“コワモテ”の(自称)元警察官を対応させた学校法人のダークサイド 〔常葉学園〕

<センバツ 甲子園優勝校「特待生イジメ」警察が捜査に着手!>と題し、きょう発売の「週刊文春」(7月21日号)が、『常葉学園菊川高校』野球部のスキャンダルをスクープ。同校野球部で、暴力のともなう日常的なイジメがあったことを報じている。

110721

上級生の部員からイジメを受けていた2年生の被害少年は、先月に母親をともなって静岡県警菊川署に暴行などの被害を相談していた。その捜査で同署が、第93回全国高校野球静岡大会が開幕する前日の7月8日午前、常葉菊川高のグラウンドと野球部寮の2ヵ所の実況見分を行ったことは、現地で取材していた私も確認している。

被害少年と母親は、その日の午後に菊川署へ出頭。上級生の4名の部員から受けた4件の暴行と、私物の窃盗1件。さらに佐野心部長から飲酒を強要されたとする件の計6件について、同署の生活安全課に被害届を提出し、受理されたという。

この常葉菊川高野球部に噴出したスキャンダルについて、くわしくは「週刊文春」の記事を読んでもらいたい。ともあれ、この問題を取材して強く感じたのは、常葉菊川高の経営母体である学校法人<常葉学園>の危機管理能力の低さだ。

<常葉学園>を代表して「週刊文春」の取材に応じたのは、<小野田勝>と称する60がらみの男性だった。

「この件の取材は、本部が対応する」として、常葉菊川高の大石富之校長から紹介された<小野田>氏が、取材の面会場所に指定したのは「本部」ではなく、なぜかJR東静岡駅近くの「コメダ珈琲」。そこで、いかめしい顔つきをして、居丈高に待ち構えていた“コワモテ”の人物が「小野田」と名乗った。しかし、彼は名刺も出さず、ろくに自己紹介さえしない。教育機関を代表して、マスメディアの取材に応じる態度としては、あまりにもぞんざいだ。

しかも威圧的な態度で、私と「週刊文春」の記者に向かって「記事にするつもりなら、事前に『責任をとります』と一筆書いた書面を差し入れてもらいたい」と、いきなりわけのわからない要求をしてくる。「報道の自由に反します」と突っぱねると、こんどは、とうてい成立するはずもない“取り引き”を持ちかけてきた。記事にしなければ、ほかのネタを提供する、と<小野田>氏はいうのだ。

けっきょく<小野田>氏なる人物は、最後までスポークスマンとしての役割を果たすことはなかった。ひたすら、記事をつぶすための“交渉”を試みようとしていた。そんな<小野田>氏が、自己アピールするのが「元刑事」という自称だ。 しかし、どこの都道府県の警察にいたのか、何度も尋ねてみたが、「それは言えない」と頑なに口をつぐむ。<常葉学園>で所属する部署を問うと、「危機管理の担当」とだけ答えた。まったく、「怪しい」としかいいようがない。

<小野田>氏は、今回の問題の被害少年の両親と接触していたことから、あとで彼の名刺を確認することができた。その名刺には、学校法人 <常葉学園>の「法人本部総務課長補佐」の肩書きと、「小野田勝」の名前が刷り込まれている。

「元刑事」を自称しているが、どこの警察のどの部署に、いつまで所属していたのかも不明。仮に本物の「元刑事」だったとしても、胡散くさいことに変わりはない。

危機管理の職といえば、“警察官崩れ”の定番の職業だ。現職時代に培ったコネや経験を生かしたところで、しょせんは、なんらの職権もない<トラブルシューター>。元の職業をチラつかせば、反社会勢力対策などには多少の効き目はあるのかもしれないが、ジャーナリストに対して元警察官の威嚇は通用しない。かような人物をオモテに出せば、イメージを悪くさせるばかりか、反感を買う。むしろ、逆効果でしかないのだ。

まともな企業や団体なら、マスメディアが正面から取材を申し入れれば、関係部門の責任者や広報担当者が事務的に対応するのが通例。危機管理担当の自称「元刑事」を“暗躍”させるなど、まずあり得ないことだ。

元警察官の威力を過信してしまっているのだろうか? スキャンダルを取材する記者を相手に「もみ消し工作」を図り、みずからの組織の“暗黒面”を露呈させてしまうのだから、<常葉学園>の危機管理は自滅的とさえいえる。

Kikugawa_sho実際、野球部のイジメ問題に<小野田>氏が首を突っ込んだことが、警察沙汰になるまで事態を悪化させた一因となったようだ。

菊川警察署

|

« 佐藤功行弁護士が代理人の「DVでっち上げ離婚訴訟」控訴審の口頭弁論 〔東京高裁〕 | トップページ | 甲子園優勝校「常葉菊川高校」野球部の“イジメ・飲酒強要”問題で被害少年の保護者が「日本高野連」に処分求める »

メディア」カテゴリの記事

少年事件」カテゴリの記事

警察」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

常葉学園の記事ですが、元警察官を名乗っていじめをもみ消していいのでしょうか?実際に警官だったら、警察はいじめを容認していることになりませんか?事実とは思えない、理解に苦しむ記事です。

投稿: | 2011/07/15 22:29

そもそも警察官を名乗って交渉してもいいの?

投稿: | 2011/07/16 04:52

このおっかないコワモテの人は、学園の誰の命令で動いているんですか?

投稿: | 2011/07/22 20:34

警察OBの元警官を名乗っての行動を認めているとしたら、県警にも責任があるでしょう。暴力を抑え込んでもみ消すなんて・・・警官はそういうものを公にして問う職業ではないの?

投稿: | 2011/07/22 21:28

OBのコネを利用して危機管理はいいですが、品川美容外科のようになっては困りますね。

投稿: | 2011/07/23 07:48

元警官がもみ消しによっていじめに加担していたも同然となるとすれば、警察のほうも本当は見て見ぬふりをしたくなりますよね。元警官がもみ消そうとしている事件について、被害届の受理が遅れたとか、警察署でなかなか取り合ってもらえなかったとかそういうことはなかったのでしょうか。

投稿: | 2011/07/25 22:26

被害届の受理妨害当然ありました。
私どもは再三学校に救済を求めましたが何の対策も講じられず、無視された状態でしたので野球部3年生部員4名の暴行窃盗被害、佐野心部長の飲酒強要などの被害届を菊川警察署に提出したつもりでいました。
ところが情報開示をしてみれば窃盗被害や、飲酒強要は省かれ単なる被害届の相談にだけで終わらせられていました。
証拠として提出した内容証明も記録開示には出てきませんでした。
法人本部総務部課長補佐(自称元刑事)小野田勝は被害届提出を阻止し、菊川警察署に飲酒強要窃盗の揉み消しを計りました。
元警察官?の再就職先の常葉学園が捜査対象となった場合の「顔をきかせて」菊川警察署からの捜査状況を入手し、菊川署は小野田に加担して隠蔽工作していました。この学校は本当に悪質です。

投稿: 被害者 | 2011/07/29 16:11

申し訳ないのですが、信じられないのですが万一事実であればの話ですが、捜査情報の民間人への提供=漏えいだけでもまずいことです。OBが介入となれば・・・内容としては品川美容事件以上の可能性もあるのではないかと思います。被害者さんは法務局人権擁護や県公安委員会、検察庁(直接検察庁窓口に刑事告訴)、弁護士ドットコム(東京の弁護士さんがいいでしょう)などにも相談されましたか?

投稿: 関東人 | 2011/07/29 18:59

被害者さんへ、いじめ相談窓口です。ttp://www3.ic-net.or.jp/~yaguchi/advice/izimeoyaA.htm  、教育委員会、ttp://www8.cao.go.jp/youth2/soudan/soudan_cmp/a_50.htmlいじめ110番と文部科学省本省(東京霞ヶ関)にも直接相談してみてください。文部科学省本省は、高校本体に対して指導をすることもできると思います。行政の怠慢や不満には総務省行政相談、法務省いじめ110番、ttp://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken112.html、ほか静岡県で市民団体でもいじめ・暴力・DVの解決に協力してくれるところがあります(アムネスティなど)。

投稿: | 2011/07/29 20:54

関東人さんありがとうございます。
被害を事件として扱わず、菊川警察署が小野田に加担して被害届を受け付けないことに静岡県警本部長宛内容証明で菊川署に対する苦情を申立てました。そこで注意を受けた菊川署は慌てて放置していた実況見分を行ったのです。実況見分は一応やりましたが被害届として受付けた事を報道関係者にうやむやにする対応は生活安全課長山田が小野田にマスコミ対策に加担していることは明らかでした。そのことについてもまた静岡県警本部長宛に相談して菊川署はおかしい、信用できないとして県警本部刑事課に責任を持って刑事事件としての捜査を行うよう要求しました。
3回目の菊川警察署への苦情申立書には本当に本部長にこの申立書が
届いているのか疑問に思い、本件に対してどこまで事件を事件として扱っているのか書面での回答を求めたのが今月15日でした。
やはり警察の不祥事を警察に申立てても無駄なことでした。
回答書は来ません。検察に情報漏洩について取扱ってもらえるものでしょうか?

投稿: 被害者 | 2011/07/29 21:25

県公安委員会が警察の職務に関する苦情を受け付けています。外部の委員からない中立となっています。地検、検察庁へは証拠をそろえて刑事告訴状を持っていきますと、直接受理してもらえることがあります。ただ、書類に不備があると難しく、弁護士さんに書いてもらう必要があります。そこで受けてもらえない場合は、不受理の理由書を要求し、検察審査会にも申し立ててください。弁護士ドットコム(インターネット上の弁護士相談コーナー)にみんなの法律相談というコーナーがあり、そこでは無料で、質問をすれば、検察への書類の書き方など教えてもらえると思いますよ。いじめも大変な事件でしたでしょうし、PTSDなどになられたのでしたら、診断書がありますか?ただ、失礼ながらもみ消しのほうが大きくなる可能性を感じます。普通、巨大権力のそんなにコワモテの人が居丈高にやってきたらそれだけで黙ってしまいますが、振り絞って勇気を出されたのですね。野球人の魂はあなたに立派に残っていると思います。

投稿: 関東人 | 2011/07/29 22:16

日本高校野球連盟に宛てた常葉菊川高校の処罰を求める内容証明書を7月19日に送ったのですが調査もしないで放置されています。
このときちゃんと高野連が事実関係を調べていたら出場停止となっていて今の静岡代表校は替わっていたのではないですか?
菊川署が7月8日に実況見分やっているのだから。それに常葉は辞退すべきではないですか?今でも事情聴取の呼出しもありません。
日本高校野球連盟規範はどうなっているのでしょうか。

投稿: 被害者 | 2011/07/30 10:16

抜粋
① 学生野球は、教育の一環であり、平和で民主的な人類社会の形成者として必要な資質を備えた人間の育成を目的とする。
② 学生野球は、友情、連帯そしてフェアプレーの精神を理念とする。
③ 学生野球は、学生野球、野球部または部員を政治的あるいは商業的に利用しない。
④ 学生野球は、一切の暴力を排除し、いかなる形の差別をも認めない。

これが基本原則だそうですが、どうでしょうか。長期的に考えて決してあきらめないでください。きっとトンネルに出口はあります。記者さんにもいろいろどうしたらいいか聞いてみてください。

投稿: | 2011/07/30 19:25

津田記者さんは類似の件について経験豊富、勘の鋭い方です。記事のなかで津田さんがすでに感じている勘を信じてはどうですか?

投稿: | 2011/07/30 20:09

いじめが事実だとしたら、いじめはよくないといって戦ってくれる良心的な教員はいなかったのですか?この学園は大きいから教師の数も相当ですよね。学校で一人くらいかばってくれる人はいなかったんですか?給料、地位を守るために見て見ぬふりということはないだろうと思うので。

投稿: | 2011/07/30 21:55

被害者様、疑いをお持ちの点はここでメールで相談できます。
https://www.npsc.go.jp/goiken/

OBといえども、情報公開請求をしてようやく捜査情報を垣間見ることができるだけだと思います。それを漏らしたのであれば守秘義務を破り漏らした公務員も地方公務員法違反の可能性があるのではないでしょうか。地検と東京の弁護士会に相談してみてください。高野連の件については、東京の文部科学省本省に電話で聞いてみてください。

投稿: 関東人 | 2011/07/31 01:38

皆様いろいろ情報ありがとうございます。
常葉菊川高校の対応に問題があってまだ学校を辞めていません。籍もありますし、野球の特待生でもあります。不登校になってから担任は一度もお知らせなる書類、学校行事、面談も一切通知はなく、放置されたままです。それで校長から3分の1の出席日数が足りないとして留年を言い渡されています。野球部の寮は主将副主将、3年生Sに追い出され、学校に通えなくなったのです。(家は横浜です)
この件について全て小野田氏に伝えていました。私共は小野田氏に騙されていました。学校は当時既に暴行を認め、報告をして口頭注意を高野連から受けて済ませていたのです。
ところが小野田氏は私共には「いじめはなかった。」と言うのです。
そこでもう一度息子が寮に戻ってみれば下駄箱も寮の私物も失くなっていた状態で恐怖でまた帰って来たことは当然です。
今回7月8日の実況見分ということで慌てて下駄箱から寮の部屋を用意して、なくなっていたものは他人の名前のものを当てがうなど信じられません。私共は被害届を菊川警察署に出したにもかかわらず単なる相談にされていたことは、また驚きでした。普段から元警察官を名乗っていた事から、当然と言えば当然かもしれません。
今では野球部の名簿に名前はありません。しかし校長から特待生としての野球部の部員で在籍の証明書も受けています。
日本高校野球連盟に報告済であったことは最近記者の方から4月27日だったことを聞いて愕然としました。私共は高校野球連盟に内容証明を送ったのは7月19日でしたからその時点で警察の実況見分は終わっているのですからいい加減な話です。学校も警察も高野連もおかしいです。

投稿: 被害者 | 2011/07/31 12:41

ううん・・、勝手なこと言いますが、今回学校を辞めたら、今後いやなことがあってもまた辞めてしまいかねないかもしれません。あのとき辛かったけど自分を貫いたというのが、きっといつかよかったと思えるようになることにつながるのかもしれません。すいませんが、外野の一般人から見るとかなり普通では考えられないような環境におられるので、きっと応援したい人は「外部」に多いと思いますよ。いじめや暴力の問題は、もっと公になれば、あるいは考える会などを立ち上げれば支援者も現れるはずです。学校は教職員数1803名になっていますが、こんな事態になってもなお、教職員の誰からも支援の手がないのでしょうか?こんなに多くの先生がいて・・・・普通は管理も行き届かないほどの巨大組織なのになぜ誰も・・、なかなかこのあたりが想像できないです。いじめが原因で留年???なぜと思います。靴など一式がなくなったのは、どこかへ捨てられてしまったのでしょうか、指紋などが出るから焼却されたのでしょうか。仮にの話ですがそんなことがあるとすれば証拠隠滅ですよね。そこまではまだ捜査されていないのでしょうか。

投稿: | 2011/07/31 14:01

こちらはあくまでガンジー、非暴力不服従、言論の自由で行きましょう。ところで常葉学園って仏教の禅宗系なんですか?

投稿: | 2011/07/31 19:19

私も驚くような方法でもみ消し被害を受けました。

投稿: 被害者2 | 2011/08/01 02:18

パワハラで検索してみて。

投稿: | 2011/08/01 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 佐藤功行弁護士が代理人の「DVでっち上げ離婚訴訟」控訴審の口頭弁論 〔東京高裁〕 | トップページ | 甲子園優勝校「常葉菊川高校」野球部の“イジメ・飲酒強要”問題で被害少年の保護者が「日本高野連」に処分求める »