« 元ヤクザの更生を支援する先端医療技術 〔人工ボディ〕 | トップページ | 捜査情報漏えい疑惑で「常葉菊川高」野球部イジメ暴行事件の被害少年側が県警に苦情申し出 »

2011/08/08

「言論封じ」の威嚇がねらいか [NEWS RAGTAG]管理者に迷惑電話と脅迫めいたメールが輻輳

8月4日の20時23分から23時12分までの約3時間、<NEWS RAGTAG>管理者の津田哲也の携帯電話が鳴りっぱなしになった。着信した回数は計67回。そのすべての発信者番号は<非通知設定>にされており、67回のうち留守番電話サービスにつながった5回は、いずれもメッセージは吹きこまれていなかった。

20110804_2033202320110804_20532049 20110804_23122259

同一人物による、嫌がらせを目的とした電話であったことは明らかだろう。しかも携帯電話の着信音が絶え間なく鳴りつづいたのと、ほぼ同じ時間帯の20時02分から22時58分にかけて、計9通のメールが届いている。それは、きわめて脅迫的な内容だった。

きさまは……そのままで終わらない

必ずお前を……

大変なことに……をだしたな。やったからには、生涯……わかるだろ

お前の行……は、すべて追跡中である

一部を伏字にされてはいたが、なんらかの報復や危害を加える意思があることを示唆している。

脅迫的メールと迷惑電話が輻輳(ふくそう)した前日の8月3日にも、津田の携帯電話には2本の怪しげな電話がかかっていた。

1本目の電話があったのは18時49分。発信者の番号表示は<公衆電話>だった。中年とおぼしき男性の声で「岐阜の眼科医院の関係者」を名乗った相手は、「裁判に出させていただく」20110803と言って電話を切っている。そして、2本目の電話は20時27分。番号表示は同じ<公衆電話>だが、何度も呼びかけたが応答のない「無言電話」だった。

この2本の“怪電話”があった8月3日には、岐阜市の眼科医院の副院長に対する業務上過失致傷の疑いで、元患者のA子さんの告訴を岐阜県警北警察署が受理している。同医院の関係者と称する人物から1本目の電話がかかったのは、北警察署が作成した<告訴調書>に署名押印したA子さんが、同署を出た時刻から約2時間後のことだった。

さらに2本目の無言電話があったのは、A子さんの告訴が受理されたことを伝える記事を<NEWS RAGTAG>にアップした2分後だ。

たんなる偶然だった可能性も否定できないが、北警察署が医院側と密に連絡をとりあっているのではないか、という疑念を抱かれかねないタイミングで“怪電話”はあった。

4日の津田に対する「嫌がらせ電話」と「脅迫的メール」が、眼科医院と結びつくことを示すのは、前日3日の電話だけではない。9通の脅迫的メールの発信に使われたメールアドレスが、同医院の副院長が岐阜大学眼科に所属していた当時に書いた論文に、連絡先として載せていたものと一致しているのだ。

脅迫的な行為の矛先が今後、告訴人のA子さんに向けられるおそれがないとは言い切れない。だからこそ、きちんと調査をして実行者を特定し、防止につとめる必要がある。

|

« 元ヤクザの更生を支援する先端医療技術 〔人工ボディ〕 | トップページ | 捜査情報漏えい疑惑で「常葉菊川高」野球部イジメ暴行事件の被害少年側が県警に苦情申し出 »

医療」カテゴリの記事

警察」カテゴリの記事

コメント

津田さん、非通知は逆探知ってできないんですか?脅迫にめげないで、被害届を出してください。

投稿: | 2011/08/08 17:58

↑ コメント、ありがとうございます。

逆探知はむずかしいと思いますが、相手方の電話の通話記録にも、私のケータイへ架電した跡が残っているはずです。

やはり、司法の場で解決することが望ましいですね。

投稿: 津田哲也 | 2011/08/08 18:10

ストーカーなどでは逆探知装置も貸してもらえるとか聞いたことがあります。裁判所で相手に通話記録の提出を命令するのですね。いまどき脅して力づくで黙らせようなんて、逆効果だという思いはないんですかね。

投稿: 撲滅暴力脅迫 | 2011/08/08 19:54

勝手な推理をしてみました。医院側が、刑事告訴された情報を耳にして、警察にもみ消し依頼したり、情報漏洩依頼をした。
医院側は依頼してあったので安心していたけど、予想外に告訴は受理されてしまい、医院側はカットなって津田さんに電話してきたということでしょうか?
品川美容外科で、病院と警察の癒着が問題になったので、疑惑は深まるばかりです。

投稿: 通話記録 | 2011/08/08 21:07

MAILの内容は脅迫罪が成立していると思われますので、ヘッダー部で発信地は直ぐに明らかになるので「捜査」といっても実質上の確認(?)で終わりそうですね。(笑)

無言電話の件は、逆探知は令状が出て、なお且つ津田さんの所持する携帯電話通信会社へ発信した公衆回線網(私の知る限り、1社しか知らないけど...)から発信した所在地を探すことになるので、ちょっと時間がかかりそうですね。

その前に認めて謝罪しちゃった方が早いと思うけど...。

投稿: 無名(2) | 2011/08/08 21:07

学校法人「常葉学園」の件でも、警察OBを使って威迫的に記事のもみ消しを図ったことが裏目に出て、問題が大きくなりつつあります。

カネとコネが万能だと勘違いしている人には、威力をもって脅すことが逆効果になる可能性があることまで、計算できないのでしょう。

私に対する脅しは悪質な故意なので、謝ってすむ問題ではありませんが、A子さんとの医療上の件は「過失」が発端です。「ゴメンナサイ」と言える素直な心が大切ですね。

投稿: 津田哲也 | 2011/08/08 21:41

この脅迫メールは悪質な犯罪レベルではないだろうか。62回の無言も尋常ではない。

投稿: | 2011/08/08 22:32

証拠に乏しい。

だいたい、非通知拒否設定していないの?

自作自演に見える。

投稿: | 2011/08/09 00:12

通話記録証明書は、携帯会社が発行してくれるし、脅迫メールもメアドが残っているので、そのうち証拠をUPしてもらえば、真相が明らかになるでしょう。
それにジャーナリストは、信用に関わるので、ウラのとれないことは、記事にしないと思います。自作自演なんて、素人のやることだし、すぐにバレます。
八百長問題のときでも明らかなように、携帯を変えても、通話記録は携帯会社に残るので、証拠隠滅は不可能です。津田さんから告訴されて問題が大きくならないうちに、容疑者は謝罪したほうがよさそうですね。

投稿: 容疑者M | 2011/08/09 03:54

すでに致命的なミスを犯しているので、ほぼ捜査対象は限定されているので、単に津田さんの告訴状or被害届け待ちの話。

携帯は、私でさえ2台は持っています。

1台は非通知/公衆不可 1台はALL受けです。

だから、2台以上所持している方が1台をALL受けしているのは.
結構普通のことで、本当に個人で使っているのは非通知/公衆不可にしておいて、1台はALL受けにして非通知・公衆電話は留守電を利用したり、まぁ気分が向けば出ることもある。

特に津田さんのような職業の方は、匿名の内部告発みたいのもあると思うので、ALL受けが無ければ仕事に支障が出るでしょう。 

それに、津田さん自身「携帯は1台しかありません。」とは言ってないでしょ。

それに、全体を読めばどこが致命的かは一目瞭然。
もう少し、論理的に考えてみましょうよ。

投稿: 無名(2) | 2011/08/09 08:47

医療事故の刑事告訴も受理されていることや、電話の主は、医院の関係者と名乗り、脅迫のメアドも判明していることから、今後も警察の捜査や、民事裁判の撹乱を避けるためにも、被害届けや告訴は大げさなことではないと思います。
カルテの虚偽記載や、疑わしい1審判決や、高裁での2回の突然の結審、警察との関係など、今まで表に出なかったからバレないと思い、今回のようなもみ消し行動に至ったのでしょう。
全部ウミを出して改めさせないと、また被害者が出て隠蔽されてしまいます。
津田さんには、この一連の事件の裏のつながりを全て暴いて欲しいです。

投稿: まるい | 2011/08/09 10:15

朝日新聞記者2人を名指しして殺害をほのめかすファクスを送りつけたとして、茨城県警は2日、同県笠間市下郷、医師本間隆行容疑者(56)を脅迫の疑いで逮捕した。
 発表によると、本間容疑者は3月12日、朝日新聞東京本社社会グループの40歳と37歳の男性記者2人を名指しし、「東京医大をなめているのか」「20年以上前の赤報隊の散弾銃事件を忘れたか、即死した記者みたいになりたいか」などと記載したファクスを水戸市の朝日新聞水戸総局に送りつけた疑い。
 記者2人は前日の朝刊で、生体肝移植を巡る不適切な医療行為などで東京医大の理事が辞表を提出したと署名記事で報じていた。
 本間容疑者は東京医大を卒業し、現在は同県桜川市の病院に勤務している。調べに対して「はっきりとは覚えていない」と容疑を否認している。
 朝日新聞社広報部は、「報道に対する看過できない脅迫と受け止めている。捜査の行方を見守りたい」とするコメントを発表した。
(2010年6月2日18時59分 読売新聞)

投稿: 脅迫で逮捕 | 2011/08/09 15:28

いろんな方法で脅せば黙るというわけではないから、考えてほしいですね。

投稿: | 2011/08/09 16:00

朝日新聞記者への脅迫は、これだけの脅迫文で逮捕&起訴されたのだから、 津田さんへの嫌がらせ電話と脅迫メールも、被害届けや告訴するだけの 十分な内容だと思います。
しかも医療事故での刑事告訴が受理されて、捜査中での脅迫なので、見過ごせないと思います。

投稿: 脅迫で逮捕 | 2011/08/09 16:40

犯罪者は、だいたいどこか抜けてるんですよね。
すでに公開しているメールアドレスを平気で使うなど、間抜けそのものですね。

 早く犯罪事実が解明するのを期待します。

投稿: 藤田泰裕 | 2011/08/09 18:08

この脅迫は大事件ですよ。脅せば黙るという錯覚は、今までそれで成功してきたからそうなるわけで・・・。抜けているというか、憑りつかれているというか・・・・、まともじゃないから本当は相手にはしたくない、関わりたくないですが、放っておくと治安が悪くなるのでそうもいかないですね。

投稿: | 2011/08/09 20:46

ネットで医師が暴走し、医療事故の被害者などへの個人攻撃、品位のない誹謗中傷で逮捕されています。読売新聞 2010年3月6日18時16分 http://t.co/LCexBLs

ネットで誹謗中傷や脅迫してる人は、まさか逮捕されるとは思っていない人が多いようですね。

警察もネットの書き込みを注意深くチェックしていると聞くので、軽く考えるのは危険ですね。
誹謗中傷や脅迫する人は繰り返し行うので、厳しく罰を与えないと止めないでしょう。
普通の人は誹謗中傷や脅迫はしないので、病織がない人の犯行だと思いますが、おかしいことに気づかないところが怖いです。

投稿: まるい | 2011/08/09 23:03

まる、小市民、知恵リアンなど、いくつかのHNを使い、たびたびコメントをつけてくださる方。あなたのカキコミは、意見や感想などではなく、A子さんに対する根拠のない誹謗中傷です。

したがって、繰り返し投稿されても、あなたのコメントを公開することはありません。

もし、書き込まれた内容を事実だと確信されるだけの根拠がおありなら、匿名ではなく堂々と名乗り出てください。

私の携帯電話の番号は以下の通りです。

090-3337-4640

非通知も拒否設定にしていませんから、公衆電話などを使ってかけられても電話はつながりますが、素性を明らかにしない方とはお話はしません。あらかじめ、ご承知ください。

連絡はメールでも結構ですが、「XX」を使ったアドレスなら無視します。

投稿: 津田哲也 | 2011/08/15 03:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 元ヤクザの更生を支援する先端医療技術 〔人工ボディ〕 | トップページ | 捜査情報漏えい疑惑で「常葉菊川高」野球部イジメ暴行事件の被害少年側が県警に苦情申し出 »