« 脅迫的行為との関連も疑われるボトックス(ボツリヌス菌毒素製剤)「医療過誤訴訟」控訴審の口頭弁論 〔名古屋高裁〕 | トップページ | [JR新宿駅 痴漢冤罪自殺事件]無念の死を遂げた青年の母親「女性の証言」を偏重する警察捜査の在り方に異議 »

2011/08/24

医療法人社団黎明会「ボトックス医療過誤訴訟」控訴審が結審 〔名古屋高裁〕

ボツリヌス菌毒素製剤(ボトックス)治療のミスで後遺症が生じたとして、岐阜市在住のA子さんが医療法人社団黎明会『高橋眼科医院』(岐阜市早田栄町)を相手に200万円の損害賠償などを求めた民事訴訟の控訴審で23日、第6回目の口頭弁論が名古屋高裁であった。

今回の弁論では、控訴人のA子さんに対する尋問が行われ、これまでに2回の審理再開という異例の経緯をたどってきた<ボトックス医療過誤訴訟>控訴審はこれをもって結審した。判決は10月13日に言い渡される。

|

« 脅迫的行為との関連も疑われるボトックス(ボツリヌス菌毒素製剤)「医療過誤訴訟」控訴審の口頭弁論 〔名古屋高裁〕 | トップページ | [JR新宿駅 痴漢冤罪自殺事件]無念の死を遂げた青年の母親「女性の証言」を偏重する警察捜査の在り方に異議 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 脅迫的行為との関連も疑われるボトックス(ボツリヌス菌毒素製剤)「医療過誤訴訟」控訴審の口頭弁論 〔名古屋高裁〕 | トップページ | [JR新宿駅 痴漢冤罪自殺事件]無念の死を遂げた青年の母親「女性の証言」を偏重する警察捜査の在り方に異議 »