« 「暴力団排除」の推進がふとらせる“用心棒稼業”の元警察官と“悪徳”弁護士のフトコロ | トップページ | 民事裁判に不利な証拠を出された報復で実の娘を刑事告訴した「鬼父」代理人は「業務上横領事件」被告のギャンブラー弁護士 »

2011/09/06

「常葉菊川高」野球部イジメ暴行事件「捜査情報漏えい」の調査を求めて被害少年保護者が「静岡県公安委員会」に苦情申し出

『常葉学園菊川高校』(静岡県菊川市)野球部で暴行などの被害を受けたとして、静岡県警菊川警察署に6件の被害届を出している2年生部員の保護者が5日付で、「静岡県公安委員会」に対して<苦情申出書>を送った。

この苦情申し出は、常葉菊川高校を経営する学校法人『常葉学園』法人本部総務課長補佐の小野田勝氏を通じた捜査情報の漏えいの疑いについての調査などを求めるもので、少年の保護者は先月に菊川警察署に同様の苦情申し出を行っていた。これに対し、同署は「小野田勝氏が、県警の警察官だったかどうかについては不明」としたうえで、「捜査情報の漏えいはなかった」と回答しているという。

ほんの2、3年前と思われる退職者の確認すらできない調査力で、「漏えい」の疑いを否定しきれるのだろうか。

静岡県公安委員会様
 

前 略

私共は被害届を提出する目的で菊川署から時間指定を受け、平成23年6月26日に行きました。

被害届けの相談は事前に電話で終わらせて、被害届の提出ということで時間指定されたのですから菊川警察署はやはりおかしいです。情報操作していることは明らかです。私共が被害届を出す事を常葉学園側に密告しています。

被害届が相談受理票にすり替えられていたことがわかったのは7月4日保有個人情報の開示請求をした時でした。そこで知人のジャーナリスト津田哲也氏に警察が情報操作していることを相談して取材が始まりました。

7月8日当日津田氏と週刊文春記者二人と実況見分前に合流し、追跡しました。実況見分は暴行被害だけ簡単に終わらせて手じまいにしようとした林巡査と言い合いになりました。結局飲酒強要と窃盗被害について省かれてしまいました。そこで津田氏と文春記者らが菊川署に取材を申込に行きました。まさか追跡取材されているとは知らない菊川署は驚き、被害届が受理されて今日実況見分している事実を隠しました。

それから30分後に6件の被害について慌てて山田課長は調書を取り始めたのです。5時間あまり私共が調書作成している間に津田氏と記者は常葉学園本部法人総務課長補佐小野田勝氏に取材をしていました。驚いた事に小野田氏は記事にはしないでくれと交換条件を出して揉み消しを計りました。この7月8日の内容が7月13日発売の週刊文春記事です。発売後多くの記者が取材に菊川警察署にいきましたが警察は事実を隠蔽し発表しませんでした。また本件苦情申立を出したことにより、飲酒強要、窃盗被害の件が放置されていた事がわかりました。

山田課長は放置したまま県警へ栄転です。おかしくないですか?

最近知ったのですが常葉学園小野田氏が静岡県警OBである情報をもらいました。元警察官OBの指示で菊川警察署が被害届を情報操作してマスコミに発表させなかった疑いがあります。菊川警察署情報漏洩事件について徹底調査をお願いします。

平成23年9月5日

     差出人 ●●●●●●●●●●●●●●●●
         申立人 ●●●●

     受取人 静岡県静岡市葵区追手町9-6
         静岡県公安委員会補佐室 苦情申出係

静岡県警人事異動(8月26日付)

【警部】災害対策課津波対策官(災害対策課次席)渡辺吉見▽災害対策課次席(総務課長補佐)片山英樹▽総務課長補佐(菊川生安課長)山田広和▽刑事企画課長補佐(警務課長補佐)渡辺健太▽捜査1課検視官(刑事企画同)川合将仁▽交通企画課長補佐(藤枝交通課長)三宅淳▽松崎署警務課長(袋井刑事課長)山本照夫【任警部(1日)】藤枝署交通課長(高速隊)守屋徳雄▽菊川署生活安全課長(少年課)依田隆利▽袋井署刑事課長(刑事企画課)青島剛

|

« 「暴力団排除」の推進がふとらせる“用心棒稼業”の元警察官と“悪徳”弁護士のフトコロ | トップページ | 民事裁判に不利な証拠を出された報復で実の娘を刑事告訴した「鬼父」代理人は「業務上横領事件」被告のギャンブラー弁護士 »

少年事件」カテゴリの記事

警察」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

この学園は、外部の記者や父兄にこのようなコワモテの人を当たらせて、威圧的な対応をするのですから、組織内部の人たちはいったいどんな扱いを受けているのだろうかという点を疑うべきである。内部でこのような力づくの乱暴な扱いをすればパワーハラスメントに該当するだろう。

投稿: 退職者 | 2011/09/11 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「暴力団排除」の推進がふとらせる“用心棒稼業”の元警察官と“悪徳”弁護士のフトコロ | トップページ | 民事裁判に不利な証拠を出された報復で実の娘を刑事告訴した「鬼父」代理人は「業務上横領事件」被告のギャンブラー弁護士 »