« 悪質商法と闘う藤田泰裕行政書士(東京行政書士会)にアニヲタ「カメさん弁護士」が苦情申し立て! | トップページ | 業務用プリンター・メーカー「インフォプリント・ソリューションズ・ジャパン社」地位確認訴訟控訴審で第2回口頭弁論 〔東京高裁〕 »

2011/10/23

「オタク弁護士」太田真也弁護士[神田のカメさん法律事務所]ブログで暴走

通称<オタク弁護士>の太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)が東京行政書士会に対し、同会に所属する行政書士の藤田泰裕氏(かなめ行政書士事務所)のブログ記事の削除などを求める苦情申し立てを行ったことは、<NEWS RAGTAG>が20日の記事で伝えた。

この申立人である太田弁護士が22日、自身が運営する<ヲタク弁護士OHオタクんの日常を綴った痛いブログ>に、品性を疑わざるを得ない“ゲス”な記事をアップした。ブログのタイトルもふざけているが、その中身はまさしく“痛い”。問題の記事は、題して<「かなめくじ」が誹謗中傷?(笑)>。その胸の悪くなるような、低劣きわまりない内容を正確に伝えるため、全文を引用させてもらう。

「かなめくじ」が誹謗中傷?(笑)

2011/10/22(土) 午後 2:08

現在、当事務所が、設定を創作中の、くそキモキャラ「かなめくじ」について、自分のことを誹謗中傷しているとおっしゃっている方がおられるようですが、なめくじに蚊の羽のようなものがついているキモキャラの「創作」の、どこが誹謗中傷に当たるのか説明していただきたいものですね。

どこかの行政書士さんみたいに、懲戒事由や刑事罰の対象となる守秘義務違反の具体的な記載をしているわけでもありませんしね。

まぁ、それは、ともかく、「かなめくじ」については、将来的には、動画だけでなく、エロゲーへの展開も視野に入れていかなければなりませんので、やはり触手ヌメヌメな展開ははずせませんね。

ナメクジから触手展開には、単なるナメクジの新種というだけでは、少し無理があるような気がしますね。なんで、負の思念体が集まって具現化したといった設定がいるのではないでしょうか。

「ねたみ」、「ひがみ」、「そねみ」、「コンプレックス」、「歪んだ正義感」、「過ぎた名誉欲」などの負の感情が集まり、具現化したといった感じでしょうかね。

太田弁護士の事務所が創作中の“くそキモキャラ”という名目をつけているが、そのキャラクターのネーミング<かなめくじ>が、藤田氏の事務所名「かなめ行政書士事務所」をもじっていることは明白だ。さらに、<どこかの行政書士さんみたいに、懲戒事由や刑事罰の対象となる守秘義務違反の具体的な記載をしているわけでもありません>と書かれており、揶揄する対象が藤田氏であることを容易に特定できる。

しかも、おなじブログの10月20日付の<弁護士と闘うと闘う>と題する記事には<そもそも、このような騒動は、「かなめ行政書士事務所 行政書士 藤田泰裕」が自身のブログにおいて、出所の不確かな情報を根拠に、自分勝手な思いこみから、ある会社について実名を出して誹謗中傷記事を掲載したことが発端です>として、苦情申し立てに至った経緯とその後の紛争について詳細に書かれているのだ。その記事とあわせ読めば、藤田氏を<侮辱>していることはだれの目にもあきらかだろう。

それでいて、<キモキャラの「創作」だから誹謗中傷にあたらない>とする太田弁護士の“詭弁”は法の解釈以前に、社会の常識に照らして容認されるわけがない。

そもそも、藤田氏に対する太田弁護士の苦情申し立てが、根拠にとぼしい疑いがあることは<NEWS RAGTAG>の20日の記事で既報のとおりだ。<苦情申告書>は17日付。その日、太田弁護士は自分の“痛いブログ”に、とんでもなく馬鹿ばかしい記事をアップしていた。タイトルは<かなめくじ大量発生、一匹残らず直ちに殲滅せよ!!!>だ。この記事は「最近、あまりブログのネタがなかったので、今度作ろうとしている動画の元ネタになる創作ストーリーでも書いてみることにしましょう」と前置きをすることでフィクションを装ってはいるものの、内容はあきらかにメタファーを使って藤田氏を侮辱するものだ。

その文面は、「かなめくじの基本的特徴は、じめじめとして陰湿で、陰険で、ストーカーのように粘着質」「害虫のなかの害虫である(虫ですらない下等生物なので、この言い方は昆虫にとってさえ失礼かもしれないが)」、「臭いも鼻が曲がるような悪臭を放っている。臭い、臭い、臭い、そして、うさん臭い」、「かなめくじを殲滅しよう」などと、これでもかというほどの壮絶な罵詈讒謗の嵐。これでは、まるで子どものケンカだ。弁護士としての品位もへったくれもあったものではない。

このブログ記事と同日付の<苦情申告書>が、私情による根拠のない“嫌がらせ”だったことに、もはや疑いの余地はなさそうだ。

かなめくじ大量発生、一匹残らず直ちに殲滅せよ!!!

2011/10/17(月) 午後 5:52

最近、あまりブログのネタがなかったので、今度作ろうとしている動画の元ネタになる創作ストーリーでも書いてみることにしましょう。

 第1話 かなめくじ大量発生!!

 皆さんは、「かなめくじ」という変種のなめくじをご存知であろうか。

 本当は、皆さんにも、その醜悪にして、下劣な姿態を、実際に見ていただいて、嘔吐をもよおしていただくのが一番手っ取り早いのではあるが、それではあまりにも皆様がお気の毒であるので、ここで、主な特徴を記載して、あとは皆様の想像におまかせすることとしたい。

 まず、かなめくじの基本的特徴は、じめじめとして陰湿で、陰険で、ストーカーのように粘着質な、まさにヌメヌメジュルジュル愚ジョ愚ジョの軟体動物といった様相であるが、始末の悪いことに、このかなめくじには、さらに蚊のような羽状の振動機関までついている。

 かなめくじは、所詮惨めに地べたを這い回るのが、お似合の、劣悪で下等な生物であるので、飛ぶことなどはできないが、その蚊のような羽状の振動機関をせわしなく動かして、ベーンギャーカーゴッギャー、ベーンギャーカーゴッギャーと聞くに堪えない、耳障りな雑音をたえまなく出し続けるどうにも始末に終えない、まさに善良な市民に害悪を及ぼすことしかしない、害虫のなかの害虫である(虫ですらない下等生物なので、この言い方は昆虫にとってさえ失礼かもしれないが)。

 さらに、臭いも鼻が曲がるような悪臭を放っている。臭い、臭い、臭い、そして、うさん臭い。

 
 そして、今、かなめくじが大量に発生している。そこにも、かなめくじ。ここにも、かなめくじ。あそこにも、かなめくじ。

 この大量発生はまるで、かなめくじが、自分の生存こそがが正しいとでも言わんばかりの増長した思い上がりで行動しているのではないかと思わせるような大増殖ぶりである。
 
 こんなにも、かなめくじが大量発生してしまっては、人類全体の平和な生活が脅かされてしまう。

 さぁ、皆さん、今こそ立ち上がり、かなめくじを一匹残らず直ちに殲滅せよ!!!

 かなめくじを殲滅しよう。かなめくじを殲滅しよう。かなめくじを殲滅しよう。

|

« 悪質商法と闘う藤田泰裕行政書士(東京行政書士会)にアニヲタ「カメさん弁護士」が苦情申し立て! | トップページ | 業務用プリンター・メーカー「インフォプリント・ソリューションズ・ジャパン社」地位確認訴訟控訴審で第2回口頭弁論 〔東京高裁〕 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 悪質商法と闘う藤田泰裕行政書士(東京行政書士会)にアニヲタ「カメさん弁護士」が苦情申し立て! | トップページ | 業務用プリンター・メーカー「インフォプリント・ソリューションズ・ジャパン社」地位確認訴訟控訴審で第2回口頭弁論 〔東京高裁〕 »