2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 「常葉菊川高校」野球部の特待生イジメ「暴行事件」の事件送致に不正疑惑 〔静岡県警〕 | トップページ | 悪質商法と闘う藤田泰裕行政書士(東京行政書士会)にアニヲタ「カメさん弁護士」が苦情申し立て! »

2011/10/20

「ボトックス医療過誤訴訟」本人訴訟の控訴審に判決 〔名古屋高裁〕

医療法人社団黎明会『高橋眼科医院』(岐阜市早田栄町)と元患者のA子さんが、A型ボツリヌス菌毒素製剤〈ボトックス〉治療によって生じた疾患などが<副作用>か医療ミスによる<後遺症>かをめぐって争ってきた訴訟の控訴審で、きょう名古屋高裁で判決の言い渡しがあった。岡光民雄裁判長は、A子さんが敗訴していた1審地裁判決を支持。A子さんの控訴を棄却した。この控訴審で敗訴したA子さんは、最高裁に上告する意思を示唆している。

A子さんは、この訴訟を1審2審とも、弁護士を立てない<本人訴訟>で争ってきた。

そして、A子さんは同様の理由で、同医院の副院長を被告とした別訴を岐阜地裁で係争中だ。その争点は以下のとおり。

①医師側が「説明もしない、同意書もとらない、同意を拒否した」と認めていることは、過失であり、法律・最高裁判例違反。 ②医師側が、「副作用は数週間で治ること、患者が8ヶ月以上治癒しなかった」と認めたことは、 過失であり、法律・最高裁判例違反③薬液を目に入れ、検査も処置もしなかったことを証人尋問で認める証言をし、刑事告訴受理されていることは、過失であり、法律・最高裁判例違反 ④カルテの虚偽記載で保健所の立ち入り調査も2回実施され、法律違反を指摘されたことは、過失であり、最高裁判例違反 ⑤説明をし、同意書をとること。薬液が目に入った場合、処置や検査をすることなど、添付文書に従わないことは、過失であり、法律・最高裁判例違反である。⑦暴言や脅しで説明義務も果たさなかったことは、過失であり、法律・判例違反。

この訴訟の次回口頭弁論は、今月25日に岐阜地裁で開かれる。同弁論では、高橋眼科医院の院長と副院長に対する尋問が行われる予定だ。

« 「常葉菊川高校」野球部の特待生イジメ「暴行事件」の事件送致に不正疑惑 〔静岡県警〕 | トップページ | 悪質商法と闘う藤田泰裕行政書士(東京行政書士会)にアニヲタ「カメさん弁護士」が苦情申し立て! »

医療」カテゴリの記事

コメント

で、A子さんは上告や上告受理申立てしたのですか。
もう上告期限はすぎているはずですが、一向に続報がないので気になっています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「常葉菊川高校」野球部の特待生イジメ「暴行事件」の事件送致に不正疑惑 〔静岡県警〕 | トップページ | 悪質商法と闘う藤田泰裕行政書士(東京行政書士会)にアニヲタ「カメさん弁護士」が苦情申し立て! »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ