« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011/11/30

100億円集金の「年金たまご」はネズミ講で逮捕―250億円を集めて破綻した「サンラ商法」増田俊男被告は逆手で勝つ!?

警視庁生活経済課はきょう、健康食品販売会社「ライフ・アップ」(東京都墨田区)元社長の田沢吉美容疑者(74歳)を無限連鎖講防止法違反容疑で逮捕した。同容疑者は'06年から'08年頃にかけて、高配当をうたった<年金たまご>という集金システムで、約5万人から100億円ほどの資金を集めたとみられている。この<年金たまご事件>で、警視庁生活経済課が出資法違反の疑いでライフ・アップの家宅捜索をしたのは'09年7月22日。強制捜査の着手から約2年4ヵ月を経ての逮捕となった。

おなじ警視庁生活経済課が'10年2月に金融商品取引法違反の疑いで家宅捜索を行った<サンラ・ワールド事件>では、海外ファンドへの投資を名目に約250億円を集めた『サンラ・ワールド社』実質経営者の増田俊男被告(金融商品取引法違反の罪で公判中)らは、今年4月に書類送検というかたちで逮捕をまぬがれている。そんな増田被告は、今月には17万5000円という高額な参加費をとった<実践経済セミナー>を東京と大阪で開くなど、すっかり社会復帰を果たした様子だ。

7月4日からは、コミュニティ放送局の<ラヂオもりおか>で、レギュラー番組もはじまっている。番組名は、<増田俊男 – 逆手で勝つ!~日本復興のために~>。毎週月曜日から金曜日の午前8時20分から8時29分までの放送で、どうやら増田被告は、この番組に国内外の“潜伏先”から電話出演しているようだ。

なぜ“潜伏”する必要があるのかというと、まだ国内では大手を振って歩くことができない状況にあるからだ。約250億円を集めて破綻させたファンドで、損害を与えた1000名を超える投資家に対して、民事上の責任を果たしていない。増田被告とサンラ・ワールド社は、裁判所に集金行為の違法性を認定され、賠償金の支払いを命じられた相手である訴訟の元原告。そして、裁判上の和解をした元原告らに、支払うべき賠償金や和解金を踏み倒したまま逃げているのだ。

Arius3d_nov2011Arius3d_frontar3d

今月には、増田被告がハワイに経営する『フロンティアワン社』(Frontier One,LLC)から、訴訟の元原告のもとへ「アリウス3D社」(Arius3D Corp.)の株券が郵送された。アリウス3D社とは、カナダの小さなIT会社で、増田被告らが運営してきたファンドの投資先のひとつ。総額で約250円のうち、約50億円をこの案件で集めたとされている。増田被告らが'99年頃から、当時は未公開だったこの会社の株式を「上場すれば何十倍になる」とうたって投資家に売りつけた値は、1株当たり1ドルから2ドルだった。その株価は現在、25日(カナダ時間)の終値で0.055ドル(約4円)だ。

元原告に対して、増田被告らが負っている義務はファンドの清算などではない。あくまで、賠償Frontierone20111015金または和解金を支払うことだ。ところが増田被告らは、逃げ隠れをしたまま紙くず同然となった株券を一方的に送りつけることで、ごまかそうとしているのだ。

「日本復興のために」などという大義を語る前に、まず自分のしでかした不始末の責任をとるべきではないのか。

逮捕は逃れたものの、金融商品取引法違反の罪で在宅起訴されていた増田被告の初公判が29日、東京地裁であった。

増田被告は起訴事実を認めている。

時事評論家、起訴内容認める=サンラ・ワールド無登録集金-東京地裁〔時事通信〕

実質経営する投資顧問会社「サンラ・ワールド」(東京都中央区)が、主宰する投資クラブの会員に企業の新株予約権購入を持ち掛け、無許可で集金したとして、金融商品取引法違反(無登録営業)罪に問われた「時事評論家」の増田俊男被告(73)の初公判が29日、東京地裁(北村和裁判官)であった。増田被告は「異議ありません」と起訴内容を認めた。

 

検察側は冒頭陳述で、サンラ社が約1000人に株式購入の案内を送付し、計156人に計約3億5000万円を送金させたと指摘。一部は増田被告がクレジットカードの支払いなど私的に使ったとした。

 

(2011/11/29-20:09)

| | コメント (0)

2011/11/28

ナマコ・ファンドの「南洋株式会社」名称無断使用で青森県などに文書で謝罪へ

青森県漁連(JF青森県漁業協同組合連合会)などとの虚偽の共同事業計画を宣伝していたマリアナ連邦サイパンの会社『南洋』(日本支店・東京都港区)が、同漁連らに対して今週到Namako着で謝罪文を送る予定であることがわかった。

報道機関に向けた青森県農林水産部総合販売戦略課の11月25日付の広報によると、南洋が青森県漁連らとの事実無根の事業計画をインターネットなどで広告していることについて、同漁連から県に連絡があったのは11月21日。これを受けて県が同月24日、南洋に電話で抗議したところ、同社の中元雅二社長は謝罪の意を伝えたという。

そして25日現在までに、南洋側は県側に対して<青森県庁、青森漁連、青森県ぎょれん販売に謝罪と名称の記載にいたった経緯について釈明する文書を来週(今週)到着で発信する><ネット上に公開された当該ページを11月中に削除する><問題の記載のあるパンフレットを回収する>とした3つの措置を約束するコメントをしているそうだ。

さらに今回の一件で名称を無断使用された<青森県ぎょれん販売>の幹部は、<NEWS RAGTAG>の取材に対し「今後、謝罪と訂正の広告を全国の新聞(全国紙および地方紙全紙)に掲載することを南洋側に求める方針です」としている。

| | コメント (0)

2011/11/25

乾燥ナマコ事業への投資募集「南洋」の虚偽宣伝で青森県が注意喚起

マリアナ連邦サイパンに本社を置く「南洋」が、乾燥黒ナマコ事業への投資を募集するパンフレットに虚偽の記載をしていた問題をめぐり、無断で名称を使用された青森県が、きょう付で同社との関係を否定する広報を行った。この広報文が掲示されたのは、県公式サイトの政策情報のページ。事実に反する情報が公開されたことについて、青森県は南洋側へ抗議するなどとし、「第三者が被害を受けたとしても、青森県は一切の民事・刑事の責任を負わない」と注意を呼びかけている。

南洋株式会社の高級乾燥黒ナマコ生産プロジェクトに関して、県は関与していないことについて

更新日:2011年11月25日 総合販売戦略課

南洋株式会社(日本支店 東京都港区赤坂1-9-13 代表取締役 中元 雅二)における高級黒ナマコ生産プロジェクトに関して、同社の国内投資家向けパンフレットの一部に、同社が青森県漁業協同組合連合会、青森県ぎょれん販売株式会社と共同で、香港九(クー)龍(ロン)地区にアンテナショップをオープンさせる予定との記述があり、そのことに関して青森県、青森県漁業協同組合連合会、青森県ぎょれん販売株式会社が関与しているとの誤解を招くような内容が記載されていることが判明しましたが、県として同プロジェクトに対して、関与した事実は無いこと、また、これからも関与する予定は無いことをお知らせ致します。

さらに、県としては、同社に対して同パンフレットに青森県の名前が掲載されたことについて抗議するとともに、当該ページから名称及び関連記述を削除すること、及び事実とは異なる情報が公表された事態を収束させるよう要求しているところであることを、お知らせ致します。

なお、南洋株式会社が無断で行った、青森県の名前の掲載と、これに関連する何らかの掲載事項が原因となり、第三者が被害を受けたとしても、青森県は一切の民事・刑事の責任を負わないことも、併せてお知らせ致します。

お問い合わせ

総合販売戦略課戦略推進グループ

電話:017-734-9571  FAX:017-734-8158

hanbai@pref.aomori.lg.jp

20111125_2

<東奥日報>紙の報道によると、この件について南洋側は、青森県に対して謝罪しているという。

続きを読む "乾燥ナマコ事業への投資募集「南洋」の虚偽宣伝で青森県が注意喚起"

| | コメント (0)

2011/11/24

太田真也弁護士vs藤田泰裕行政書士「かなめくじウォーズ」の端緒となった社債勧誘の会社「南洋」が青森県漁連との事業提携を虚偽宣伝

北マリアナ連邦サイパンに本社を置く『南洋』(日本支店・東京都港区)という会社が、高級乾燥黒ナマコ事業への投資を募集するパンフレットに青森県漁連(JF青森県漁業協同組合連合会)の名称を無断掲載していたことを、23日の<デーリー東北>紙が報じた。

Daily_tohoku20111123
南洋は、青森漁連と共同で香港の九龍地区にアンテナショップをオープンさせる予定がある、などとパンフレットに記載。これを事実無根とする同漁連は、ホームページでその旨を告知して注意を呼びかけるとともに、南洋側に対して問題の虚実記述の削除要求や抗議をしてきたという。

JF青森県漁業協同組合ホームページ

お知らせ 南洋株式会社について

じつはこの南洋という会社の投資募集について、行政書士の藤田泰裕氏(かなめ行政書士事務所)が懐疑的なブログ記事をインターネット上に公開したことが、その後の太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)との“かなめくじウォーズ”勃発の端緒だった。

藤田氏は<かなめ行政書士事務所>というタイトルのブログに、今年の6月9日に<南洋株式会社>と9月16日の<南洋株式会社についてお問い合わせいただきました>と題した記事を掲載。これらの記事が事実に反し、南洋の名誉と信用を著しく害するとして、同社代理人の太田弁護士が10月4日付で削除を求める通知書を藤田氏へ送った。それに対して藤田氏は、同月11日付の回答書面で「事実に反する」とされた記述部分の指摘を求めた。その2日後の13日の夜、太田弁護士は藤田氏に電話をかけて記事を削除するよう要求したが、話し合いは決裂する。「事実に反する」という主張をされた部分について、説明を求めた藤田氏の質問に、太田弁護士が最後まで答えなかったからだ。

Photo_5bPhoto_8b

すると10月17日付で、太田弁護士は藤田氏の所属する東京行政書士会に苦情を申し立てた。南洋に関する記事の削除、もしくはブログの閉鎖するよう指導を求めることがその趣旨だ。さらに苦情申し立てをした同じ日の17日、太田弁護士は自身が運営する<ヲタク弁護士OHオタクんの日常を綴った痛いブログ >に公開した<かなめくじ大量発生、一匹残らず直ちに殲滅せよ!!!>と題する記事に「かなめくじは、所詮惨めに地べたを這い回るのが、お似合の、劣悪で下等な生物である」などと書いた。この記事について<弁護士としての品位を失う非行>にあたるとして、藤田氏は10月31日、太田弁護士が所属する東京弁護士会に懲戒請求している。

南洋についてのブログ記事の削除要請に端を発した“かなめくじウォーズ”は、第三者を巻き込んで戦火が拡大中。この問題を取り上げたブログに対して、太田弁護士が記事の削除を求める仮処分の申し立てを乱発しているからだ。

はたして太田弁護士は、自身のとった行動が正しいと確信しているのだろうか。そうだとすれば、青森県漁連やデーリー東北紙に対しても、とうぜん削除や訂正記事の要求をすべきはず。しかし、金融機関に開設された南洋の名義の複数の口座が「投資詐欺」などを理由に、凍結されている事実も確認されている。

主張の根幹が揺らぎつつある状況といえそうだが、今後の太田弁護士の奮闘に注目したい。

| | コメント (0)

【速報】無診察で診断書を発行したとする「日本赤十字社」訴訟の第1回口頭弁論が延期

本人の診察をしないで発行された<診断書>が離婚訴訟に悪用されたなどとして、社会福祉法人の元理事長の男性(静岡市)が『日本赤十字社』(東京都港区)を相手に330万円の支払いを求める訴訟の第1回口頭弁論が25日に東京地裁で開かれる予定だったが、急きょ延期になった。

弁論期日延期の理由は、原告側によると、被告の日本赤十字社側が静岡地裁への移送の申し立てを行ったためだという。

変更後の裁判所と期日については、現在のところ未定。わかり次第、<NEWS RAGTAG>が伝える。

【関連記事】「日本赤十字社」無診察の診断書を「DVでっち上げ離婚」などに悪用されたとする民事訴訟の第1回口頭弁論 〔東京地裁〕2011/11/07

| | コメント (0)

2011/11/23

「ヲタクのカメさん」太田真也弁護士が「くそキモキャラ」懲戒請求事件でマニアックに反論

かなめくじの基本的特徴は、じめじめとして陰湿で、陰険で、ストーカーのように粘着質な、まさにヌメヌメジュルジュル愚ジョ愚ジョの軟体動物といった様相」などと書いた<かなめくじ大量発生、一匹残らず直ちに殲滅せよ!!!>と題する記事を、太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)が自身の運営するブログ<ヲタク弁護士OHオタクんの日常を綴った痛いブログ>に掲載したのは10月17日のこと。これらのブログ記事が<弁護士としての品位を失う非行>にあたるとして、行政書士の藤田泰裕氏(かなめ行政書士事務所)は同月31日付で、太田弁護士の所属する東京弁護士会に対して懲戒請求していた。

このブログ記事に登場する<かなめくじ>なる“害虫以下”の下等動物とされたものの名称が、藤田氏の事務所名である「かなめ行政書士事務所」をもじっていることは明白で、それに見立てた誹謗中傷や侮辱は一般人の良識からもかけ離れている、というのが懲戒請求者の藤田氏の主張だ。これに反論する書面として、太田弁護士は今月16日付の<答弁書>を東京弁護士会綱紀委員会に提出した。

懲戒請求の事由は単純なのだが、太田弁護士の<答弁書>は12ページにおよぶ。太田弁護士が“くそキモキャラ”と表現する<かなめくじ>は、9月20日ごろにひらめいたアイデアにもとづく創作物であり、その名称は「蚊」と「なめくじ」の組み合わせであって藤田氏の事務所名をもじったのではない。法律事務所で史上初となる擬人化キャラクターを有する<神田のカメさん法律事務所>が、今後の使用や商品化に向けたファーストステップとして記載したのがくだんのブログ記事であり、藤田氏を誹謗中傷したり侮辱したりするものではない。というのが太田弁護士の反論の趣旨で、<答弁書>のほぼ全ページにわたって、<かなめくじ>創作のプロセスやネーミングの偶然性などについて書かれている。

仮に東京弁護士会の綱紀委員会が、この太田弁護士の主張を認めることになったとすれば、法曹界の規範は一般社会の常識から乖離しているといわざるを得なくなる。

ともあれ太田弁護士には、<かなめくじ>の発案が藤田氏とかかわる以前だったとする主張の裏づけとして、せめてラフスケッチぐらいは<答弁書>に添付してもらいたかった。

【関連記事】ヲタク弁護士「神田のカメさん法律事務所」太田真也弁護士に「かなめくじ事件」で懲戒請求 2011/10/31

【関連記事】「オタク弁護士」太田真也弁護士[神田のカメさん法律事務所]ブログで暴走 2011/10/23

| | コメント (0)

2011/11/20

【イベント情報】竹原信一氏(前阿久根市市長)民主主義の欺瞞を暴くシンポジウム 〔真相JAPAN〕

専決処分の連発や報道規制などの奇抜な言動で、現職時代には「独裁者」と批判された鹿児島県阿久根市の前市長・竹原信一氏が今月25日、東京都内で講演する。タイトルは<民主主義は存在しない(民主主義の欺瞞を暴く)>。2部構成で開かれるこのシンポジウムは、竹原氏の基調講演のあと、作家の安部芳裕氏らを交えたパネルディスカッションが行われる。

主催はウェブマガジンの<真相JAPAN>。ゲストの顔ぶれから察して、陰謀論テイストのイベントになりそうだ。

日 時:11月27日(日)13時30分(13時00分開場)
場 所:池袋勤労福祉会館 第四会議室

第1部:竹原信一(前阿久根市長)講演
第2部:パネルディスカッション
    竹原信一
    安部芳裕(作家)
    天野統康(ファイナンシャル・プランナー)
    高橋清隆(ジャーナリスト)

※前売り 3000(当日券の販売なし)

申し込み先 ⇒ shinsou.japan@gmail.com

主 催:真相JAPAN(橘 匠)

003a71ce

住民至上主義 前阿久根市長 竹原信一のブログ

| | コメント (0)

2011/11/17

【イベント情報】「原田信助さんの国賠を支援する会」主催のシンポジウム「司法と警察の癒着 繰り返される冤罪事件の背景」

私立大学の職員だった原田信助さん(当時25歳)は'09年12月10日深夜、<JR新宿駅>構内Shinjukuhunshiで痴漢をしたとして警視庁新宿署で取り調べを受け、翌朝に解放された直後に自殺した。この<JR新宿駅 痴漢冤罪自殺事件>で亡くなった信助さんの母親の尚美さん(54歳)は、今年4月に東京都(警視庁)を相手に国家賠償請求訴訟を提起。同事件をめぐる警察捜査の違法性を問う裁判は、現在も東京地裁で争われている。

【関連記事】[JR新宿駅 痴漢冤罪自殺事件]無念の死を遂げた青年の母親「女性の証言」を偏重する警察捜査の在り方に異議 2011/08/28

原告の尚美さん側を支援する団体<原田信助さんの国賠を支援する会>は、今週の土曜日に「司法と警察の癒着 繰り返される冤罪事件の背景」と題したシンポジウムを東京都内で開催する。北海道警察本部釧路方面本部長を歴任した元警視長の原田宏二氏のほか、フリージャーナリストらが司法と警察の問題点を語る。

日時:11月19日(土)14:00
場所:東京水道橋「たんぽぽ舎」

東京都千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル5階

【パネリスト】
原田宏二(北海道警元警視長)
渋井哲也(フリージャーナリス)
三宅勝久(同)

司会:清水勉弁護士(東京)
主催:原田信助さんの国賠を支援する会

| | コメント (0)

2011/11/14

「神田のカメさん弁護士」第2の懲戒請求をあざ笑う

太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)が自身の運営するブログ<ヲタク弁護士OHオタクんの日常を綴った痛いブログ>に、行政書士の藤田泰裕氏(かなめ行政書士事務所)を<かなめくじ>というキャラクターに比喩して誹謗する記事を掲載したとして、同氏から10月31日付で所属する東京弁護士会に懲戒請求されたことは既報のとおり。

【関連記事】ヲタク弁護士「神田のカメさん法律事務所」太田真也弁護士に「かなめくじ事件」で懲戒請求 2011/10/31

そして、きょう大手証券会社に勤務する男性が東京弁護士会に対して、別件で太田弁護士の懲戒請求を行ったことを弁護士非行を追及するブログ<弁護士と闘う!>が伝えた。同ブログによると、この請求の事由とされたのは、太田弁護士が某交渉事務の受任の際に依頼者の本人確認を十分に行っていなかった疑いらしい。これについて太田弁護士側は、同日中に“痛いブログ”に反論する記事を公開した。

<くだらない懲戒請求もあったもんだね~(呆れ)>と題したその記事で、太田弁護士は「よくこんなんで請求するね~と呆れるような内容のものですね。呆れ具合は、『かなめくじ』以上です」と、あくまで強気の姿勢。今回の懲戒請求の事由に関係する法人の登記謄本について触れたうえで、<弁護士と闘う!>に対して「まわりをけしかけて、あおっておいて、まずくなったら、自分だけこっそり逃げるみたいなことは止めたほうが良いと思いますよ」という挑発的な記述で本文を締めくくっている。

| | コメント (0)

2011/11/11

250億円を集めて破綻した増田俊男氏が「高額セミナー」を開催

海外投資を名目として約250億円を集めたファンドを破綻させた「サンラ・ワールド事件」で、今年4月に金融商品取引法違反の疑いで書類送検された「時事評論家」の増田俊男氏が、今月に東京と大阪で<実践経済セミナー>を開くようだ。

受講料は17万5000円という高額なセミナーだが、その開催場所については公表されず、申し込みをすませた参加者にだけこっそりと教えるシステムらしい。

増田氏らが破綻させたファンドは投資元本の返還はおろか、裁判所が支払いを命じた賠償金すら支払われていない状態。損害を与えた1000名を超える投資家から、必死で逃げまわっている講師の“秘密集会”に、はたして高い受講料に見合うだけの価値があるのだろうか。

●11月22日(火) 大阪会場
●11月24日(木) 東京会場

※場所については本申込み完了後に参加者へ直接ご連絡致します。

受講料:175,000円(消費税、テキスト、夕食代等含む)

スケジュール
 13:00~17:00 セミナー(3部構成・途中休憩アリ)
 17:30~19:30 着席コースディナー(質疑応答アリ)

| | コメント (0)

2011/11/07

「日本赤十字社」無診察の診断書を「DVでっち上げ離婚」などに悪用されたとする民事訴訟の第1回口頭弁論 〔東京地裁〕

社会福祉法人の元理事長の男性が、『静岡赤十字病院』(静岡市葵区)が本人の診察を行わずに無断で<診断書>を発行したとして、同病院を経営する『日本赤十字社』(東京都港区)を相手に慰謝料など330万円の支払いを求める訴訟の第1回目の口頭弁論が、今月25日午後1時15分から東京地裁で開かれる。

元理事長は'09年3月に元妻と離婚した。その離婚調停に元妻側が'07年3月に証拠提出したことで、はじめて元理事長は静岡赤十字病院が自分の<診断書>を発行していたことを知ったという。

作成者は<精神科>の医師。そこ記されていた病名は<神経症>だった。この<診断書>がもとで、調停が不調となったのちの離婚裁判で「神経症との診断を受けていたことは否定しがたい」と事実認定され、元理事長は敗訴している。

しかし、元理事長には、この診断のもととなる診察を受けた覚えがなかった。

静岡赤十字病院で元理事長が受診したのは、いまから約17年前の'96年7月22日。「イビキがひどいから病院で診てもらったほうがいい」との元妻のはたらきかけに応じ、静岡赤十字病院で診察を受けた。そして元理事長は、イビキの診察だと信じたままCTスキャンなどの検査を受け、翌年の'97年2月12日に「異常が認められない」と同病院の医師から告げられという。この時点で、元理事長が静岡赤十字病院で受けた診察は終了していた。

ところが、離婚調停で元妻が提出した<診断書>は、最後の診察から1年半あまり経った'98年11月16日付と'98年12月17日付のものだった。その病名の欄には、前者が「神経症(嫉妬妄想の伴う)」で、後者には「アルコール依存症 嫉妬妄想」と記載されている。このうち12月17日付の<診断書>の検査結果などを記入する欄には、このように書かれていた。

<夫人に対する性的いやがらせ、暴力、嫉妬妄想があり、夫人、二女、三女の職場に現実には有り得なかった不正のことを書き送り、結果的に三人とも失業に追い込まれている>

しかし元理事長は、2通の<診断書>の作成日と同日の診療を受けていなかった。いずれも本人を診察せず、元妻の問診のみによって作成されていたのだ。また、元妻とふたりの子女が離職した事実もない。

元妻が虚偽の説明をし、医師がそれを鵜呑みにした<診断書>を作成した疑いがある。今回の訴訟は、本人の無診察の<診断書>発行についての病院側の過失責任を問うものだ。その訴因は、訴状によれば「'96年当時、原告(元理事長)と元妻が別居するなど、夫婦仲が良好でないことを病院側へ申告していた」とし、さらに「‛98年11月16日に元妻のみが来院した際に、原告の健康保険証を持参していなかったことから、夫婦関係が破綻に瀕している可能性を認識できた」として、<診断書>の作成を拒まなかったことが医療機関としての注意を怠ったというもの。

元理事長は、離婚調停と離婚裁判で静岡赤十字病院が発行した<診断書>を証拠に、元妻から身に覚えのないDV(ドメスティックバイオレンス)を主張された。

離婚の調停や裁判において妻側がDVをでっち上げるケースについては、多数の報告を受けているが、それらに医療機関の<診断書>が悪用されることは少なくない。が、この元理事長の場合は本人がうかがい知らないところで発行されていた<診断書>が精神科のものだったことから、離婚問題のほかにも深刻な“風評被害”に遭っているというのだ。

この訴訟についての詳報は、追って<NEWS RAGTAG>で伝える。

| | コメント (7)

2011/11/06

「神田のカメさん」太田真也弁護士の「懲戒請求事件」で綱紀委員会が調査開始 〔東京弁護士会〕

行政書士の藤田泰裕氏(かなめ行政書士事務所)が10月31日付で、太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)の懲戒を求めて東京弁護士会に対して行った懲戒請求事件について、同会綱紀委員会が調査を開始した。

Kame太田弁護士が自身の運営するブログ<ヲタク弁護士OHオタクんの日常を綴った痛いブログ>に、藤田氏の事務所名をもじったキャラクターに当てこすった誹謗をしたことが<弁護士としての品位を失う非行>にあたるとするのが、本件の懲戒を請求された事由だ。これについて太田弁護士は、痛いブログに10月31日付で掲載した<行政書士から懲戒請求がキター!!>と題する記事のなかで、「自由な創作活動に対する悪質な妨害活動ですので、公正な手続きの場で、ヲタクとして徹底的に争っていきたいと思います」と反論している。

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »