« 太田真也弁護士vs藤田泰裕行政書士「かなめくじウォーズ」の端緒となった社債勧誘の会社「南洋」が青森県漁連との事業提携を虚偽宣伝 | トップページ | ナマコ・ファンドの「南洋株式会社」名称無断使用で青森県などに文書で謝罪へ »

2011/11/25

乾燥ナマコ事業への投資募集「南洋」の虚偽宣伝で青森県が注意喚起

マリアナ連邦サイパンに本社を置く「南洋」が、乾燥黒ナマコ事業への投資を募集するパンフレットに虚偽の記載をしていた問題をめぐり、無断で名称を使用された青森県が、きょう付で同社との関係を否定する広報を行った。この広報文が掲示されたのは、県公式サイトの政策情報のページ。事実に反する情報が公開されたことについて、青森県は南洋側へ抗議するなどとし、「第三者が被害を受けたとしても、青森県は一切の民事・刑事の責任を負わない」と注意を呼びかけている。

南洋株式会社の高級乾燥黒ナマコ生産プロジェクトに関して、県は関与していないことについて

更新日:2011年11月25日 総合販売戦略課

南洋株式会社(日本支店 東京都港区赤坂1-9-13 代表取締役 中元 雅二)における高級黒ナマコ生産プロジェクトに関して、同社の国内投資家向けパンフレットの一部に、同社が青森県漁業協同組合連合会、青森県ぎょれん販売株式会社と共同で、香港九(クー)龍(ロン)地区にアンテナショップをオープンさせる予定との記述があり、そのことに関して青森県、青森県漁業協同組合連合会、青森県ぎょれん販売株式会社が関与しているとの誤解を招くような内容が記載されていることが判明しましたが、県として同プロジェクトに対して、関与した事実は無いこと、また、これからも関与する予定は無いことをお知らせ致します。

さらに、県としては、同社に対して同パンフレットに青森県の名前が掲載されたことについて抗議するとともに、当該ページから名称及び関連記述を削除すること、及び事実とは異なる情報が公表された事態を収束させるよう要求しているところであることを、お知らせ致します。

なお、南洋株式会社が無断で行った、青森県の名前の掲載と、これに関連する何らかの掲載事項が原因となり、第三者が被害を受けたとしても、青森県は一切の民事・刑事の責任を負わないことも、併せてお知らせ致します。

お問い合わせ

総合販売戦略課戦略推進グループ

電話:017-734-9571  FAX:017-734-8158

hanbai@pref.aomori.lg.jp

20111125_2

<東奥日報>紙の報道によると、この件について南洋側は、青森県に対して謝罪しているという。

サイパン企業が県などを無断使用 〔東奥日報〕

2011年11月25日(金) 

県、県漁連、県ぎょれん販売の3者が24日までに、サイパンに本社を置く「南洋」の乾燥ナマコを使った投資事業のパンフレットに名称を勝手に使われたとして、ホームページ上などで南洋との関わりを否定、注意を呼び掛けている。県によると、同日、南洋側から謝罪の電話があったという。南洋の中元雅二代表取締役は本紙取材に「営業担当の早とちり。現在、パンフレットを回収中」と釈明した。

同事業の名称は「高級乾燥黒ナマコ生産プロジェクト」。乾燥ナマコの生産を投資対象とし、同社と県漁連、県ぎょれん販売が共同で香港にアンテナショップを開設する予定と記載されているほか、乾燥加工の技師の派遣に関して県内漁協と契約書を締結したとの記述もある。

県漁連はホームページ上で「一切かかわりはない。第三者が被害を受けたとしても、民事・刑事の責任は負わない」と掲載。今年6月、知人の紹介で中元社長と面会したという、当時県ぎょれん販売の社長だった西崎義三さんは「ナマコの生産について話をしたが、投資事業に協力するとも言っていないし、契約書も結んでいない」と関わりを否定した。

県も同プロジェクトと無関係であることを周知していくとしている。

|

« 太田真也弁護士vs藤田泰裕行政書士「かなめくじウォーズ」の端緒となった社債勧誘の会社「南洋」が青森県漁連との事業提携を虚偽宣伝 | トップページ | ナマコ・ファンドの「南洋株式会社」名称無断使用で青森県などに文書で謝罪へ »

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 太田真也弁護士vs藤田泰裕行政書士「かなめくじウォーズ」の端緒となった社債勧誘の会社「南洋」が青森県漁連との事業提携を虚偽宣伝 | トップページ | ナマコ・ファンドの「南洋株式会社」名称無断使用で青森県などに文書で謝罪へ »