2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 「足利事件」の佐藤博史弁護士が交通事故被害者の依頼業務放置で懲戒処分 〔日弁連・自由と正義〕 | トップページ | 「高校野球」頻発する暴力事件「青森山田高校」野球部の1年生部員が死亡 »

2011/12/18

太田真也弁護士の勝利宣言に藤田泰裕行政書士が反論で「かなめくじウォーズ」再び熱戦の兆し

「神田のカメさん法律事務所」の太田真也弁護士から、16日のブログ記事に<違法行為を犯している行政書士>と書かれたことについて、行政書士の藤田泰裕氏(かなめ行政書士事務所)が18日、自身のブログに反論記事を載せた。題して<神田のカメさん太田真也弁護士が、かなめ行政書士事務所の削除に失敗!!>。そのタイトルからして、太田弁護士の記事<かなめ行政書士事務所ブログに掲載された誹謗中傷記事の削除に成功>に真っ向から主張は対立する。

【関連記事】太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)ブログで「かなめくじウォーズ」に勝利宣言か 2011/12/16

太田弁護士は『南洋』という会社の代理人を兼ねて、藤田氏の6つのブログ記事の削除を求める仮処分を東京地裁に申し立てていた。そして東京地裁は15日、申し立てのあった記事の一部について仮の削除を命じる決定を出したことで、太田弁護士はブログ上で<記事の削除に成功>と勝利宣言をしたわけだ。しかし、その記事は、さも全面勝利であるかのように誤解させるものだった。その点について藤田氏は18日のブログ記事で、仮処分が認められたのが6件の記事のうちの1件だったことを挙げ、「私からみれば5勝1敗」と反論。さらに太田弁護士が<かなめくじ>という仮想のキャラクターに当てこすって、藤田氏を侮辱した過去記事をすべて削除したことについて「誹謗中傷したという自覚はあるんでしょうね」と指摘したうえで、反撃の準備があることを示唆した。

すると、太田弁護士はその日のうちに<誹謗中傷行政書士 かなめ行政書士事務所 藤田康裕>(「康裕」は誤記)というタイトルの記事をブログに投稿。「どうせこれからもバカな書き込みを続けると予想できたから、どうせなら何度も何度も仮処分してやろうということで、取り下げてやっただけのこと。取り下げだから、今回は免れたものについても、何度でも何度でも申立てできるからね」と、プロバイダにとっては、なんともはた迷惑なメッセージで応戦した。

この<かなめくじウォーズ>、来春あたりがピークになりそうだ。

« 「足利事件」の佐藤博史弁護士が交通事故被害者の依頼業務放置で懲戒処分 〔日弁連・自由と正義〕 | トップページ | 「高校野球」頻発する暴力事件「青森山田高校」野球部の1年生部員が死亡 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「足利事件」の佐藤博史弁護士が交通事故被害者の依頼業務放置で懲戒処分 〔日弁連・自由と正義〕 | トップページ | 「高校野球」頻発する暴力事件「青森山田高校」野球部の1年生部員が死亡 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ