« <常葉菊川高校>野球部暴行事件の被害少年保護者が野球部長、元静岡県警“マル暴”警官らを刑事告訴 | トップページ | <真相JAPAN> × <目覚めるラジオ> DVD「ジャーナリスト講座 ~ すべてを疑え!」発売 »

2012/02/25

現職の裁判官ら10名が「書記官がでっち上げた申し立てに裁判所が決定を下した」と訴えられた民事訴訟の第2回口頭弁論 〔横浜地裁〕

民事訴訟のなかで申し立ててもいない裁判官忌避却下の決定をしたなどとして、横浜市内に住む女性が平岡秀夫法務大臣ほか、横浜地裁と東京高裁の現職の裁判官7人と書記官2人の計10人を相手取って160万円の慰謝料の支払いを求めた訴訟の第2回口頭弁論が、来週に横浜地裁である。

原告の女性は、「横浜地裁の書記官が架空の忌避申し立ての書面を作成し、印紙代と郵券代も未納だったにもかかわらず、横浜地裁と東京高裁が決定書を出したことは違法。裁判所の都合で、法の解釈を歪めるような不正は、決して許されるべきではありません」としている。

期日:2月28日(火)午後1時15分
場所:横浜地方裁判所 603号法廷

こんな裁判官はおかしい!印紙未納でもOK?? 〔裁判所の不正を正す会〕

|

« <常葉菊川高校>野球部暴行事件の被害少年保護者が野球部長、元静岡県警“マル暴”警官らを刑事告訴 | トップページ | <真相JAPAN> × <目覚めるラジオ> DVD「ジャーナリスト講座 ~ すべてを疑え!」発売 »

司法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« <常葉菊川高校>野球部暴行事件の被害少年保護者が野球部長、元静岡県警“マル暴”警官らを刑事告訴 | トップページ | <真相JAPAN> × <目覚めるラジオ> DVD「ジャーナリスト講座 ~ すべてを疑え!」発売 »