« 太田真也弁護士vs藤田泰裕行政書士「名誉棄損裁判」第1回口頭弁論の期日決まる 〔東京地裁〕 | トップページ | 【イベント情報】親子引き離しの元凶 「DV悪用」「診断書悪用」を追及する! 〔親子ネット〕 »

2012/02/13

「リコープロダクションプリントソリューションズ・ジャパン社」地位確認訴訟の控訴審に今週判決 〔東京高裁〕

大手OA機器メーカー「リコー」の子会社「リコープロダクションプリントソリューションズ・ジャパン社」(旧インフォプリントソリューションズ・ジャパン)の元社員の女性が、在職中に上司からパワハラやセクハラなどの行為を受けたうえに不当解雇されたとして、同社を相手に復職などを求めた訴訟の控訴審(1審・女性側敗訴)の判決が、16日に東京高裁で言い渡される。

女性の支援団体によると、この裁判の1審東京地裁の訴訟指揮が<偏見に満ちていた>などとして、国際人権活動日本委員会を通じて国連(社会権規約委員会)に報告されることになっているという。

なお、女性側は判決期日の延期を含めて、裁判所に公正な審理を求める上申書の提出に協力を呼びかけている。上申書のフォーム(以下のリンクからダウンロード)に署名捺印したものを、16日までに東京高裁へファクシミリで送信したのち、その原本を支援団体へ送ってもらいたいとのこと。

「FAX_joshin.doc」をダウンロード

リコープロダクションプリントソリューションズ・ジャパン㈱の
セクハラ&パワハラ・監禁暴力不当解雇無効裁判を支援する会

千葉県市川市鬼高2-6-2 (窓口担当;武田)
  kyuen-shiennokai@hotmail.co.jp

|

« 太田真也弁護士vs藤田泰裕行政書士「名誉棄損裁判」第1回口頭弁論の期日決まる 〔東京地裁〕 | トップページ | 【イベント情報】親子引き離しの元凶 「DV悪用」「診断書悪用」を追及する! 〔親子ネット〕 »

フェミニズム」カテゴリの記事

労働問題」カテゴリの記事

コメント

ディーセントワークの流れは世界的なものなので、頑張ってください。たとえ、念書や退職届にサインをしてしまっても、諦めてはいけません。書面を巡って最後まで争ったと言う事実が、そうした書面の社会的信用性をかなり失わせます。書面があっても、無理やり書かされた疑いがあるとなれば、そんな風にして書かせたほうの常識が疑われます。些細なミスを大げさに処罰したり、公開叱責、正当さを装った嫌がらせ人事異動、集団での無視、書類改竄など脱法行為の命令、退職勧奨、脅しなどがパワーハラスメントですが、裁判所内部ではそうした昇進差別などのパワハラはないのでしょうか?

投稿: 退職者 | 2012/02/13 18:58

セクハラなどは、確たる証拠がないと裁判官の心証を動かすことはできない。なぜならセクハラでっちあげ事件が、多いからである。まさか、裁判官が正しい方の味方だなんて思ているのではあるまいか。

投稿: ぱるる | 2014/07/18 11:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 太田真也弁護士vs藤田泰裕行政書士「名誉棄損裁判」第1回口頭弁論の期日決まる 〔東京地裁〕 | トップページ | 【イベント情報】親子引き離しの元凶 「DV悪用」「診断書悪用」を追及する! 〔親子ネット〕 »