2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« ナマコ・ファンド「南洋株式会社」社長ら17人を詐欺の疑いで逮捕 〔警視庁〕 | トップページ | <常葉菊川高校>野球部暴行事件の被害少年保護者が野球部長、元静岡県警“マル暴”警官らを刑事告訴 »

2012/02/22

太田真也弁護士「ナマコ詐欺事件」社長ら逮捕後の“痛い”第一声

投資勧誘業者「南洋」から依頼を受けた太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)が、同社の出資金集めを批判した行政書士の藤田泰裕氏のブログ記事を削除させようとしたことから、昨年10月に勃発した<かなめくじウォーズ>。太田弁護士の仮処分申し立ての濫発や藤田氏による懲戒請求、双方のインターネット上での論争など、一時は熾烈な闘いが展開されていた。しかし、藤田氏が太田弁護士を相手に名誉棄損訴訟を提起した今年1月27日以降、表面上の<かなめくじウォーズ>は沈静化。闘いの場は法廷へ移行するものと思われたが、「南洋」の社長ら17人を<ナマコ詐欺事件>で逮捕したことを警視庁が発表した翌日のきょう、太田弁護士がひと月余りの沈黙を破って自身のブログ<ヲタク弁護士OHオタクんの日常を綴った痛いブログ>を更新した。

新記事のタイトルは<かなめ行政書士事務所 藤田泰裕行政書士の間違いを正してあげよう!>。その内容はいうと、「南洋」の社長らが詐欺の疑いで逮捕されたことを受けた藤田氏が、<詐欺的取引の助長をした>などと太田弁護士を批判した21日付のブログ記事に対する反論だ。<こんなんで正義の味方を気取られてもねぇ~>と藤田氏を揶揄しているが、はた目には負け惜しみのようで、かなり痛い。

一方、藤田氏はきょうの<朝日新聞>朝刊(青森・地域版)で、<弁護士を立てて批判者をつぶそうとするなど、強引で悪質なやり方で投資金を集めていた>とコメントしている。

「県の協力得た」と偽る ナマコ投資詐欺 〔朝日新聞〕

【関連記事】「ヲタク弁護士」太田真也弁護士、行政書士から名誉棄損で訴えられる 〔東京地裁〕 2012/01/27

【関連記事】太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)ブログで「かなめくじウォーズ」に勝利宣言か 2011/12/16

« ナマコ・ファンド「南洋株式会社」社長ら17人を詐欺の疑いで逮捕 〔警視庁〕 | トップページ | <常葉菊川高校>野球部暴行事件の被害少年保護者が野球部長、元静岡県警“マル暴”警官らを刑事告訴 »

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ナマコ・ファンド「南洋株式会社」社長ら17人を詐欺の疑いで逮捕 〔警視庁〕 | トップページ | <常葉菊川高校>野球部暴行事件の被害少年保護者が野球部長、元静岡県警“マル暴”警官らを刑事告訴 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ