« 太田真也(神田のカメさん)弁護士 暴走の果てに起こした“トンデモ裁判” | トップページ | <常葉学園>常葉菊川高校野球部員「暴行イジメ訴訟」で被告側「イジメはなかった」と主張 »

2012/06/25

太田真也弁護士 名誉棄損裁判「エロゲー」わいせつ画像の証拠提出で結審 〔東京地裁〕

行政書士の藤田泰裕氏(かなめ法律事務所)が太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)のブログ記事に名誉・信用を棄損されたとして、同弁護士に150万円の損害賠償などを求めて東京地裁で争われてきた民事訴訟が、21日に開かれた第4回目の口頭弁論で結審した。

この裁判は、太田弁護士が自身のブログ記事に“くそキモキャラ”として登場させた<かなめくじ>なるキャラクターを使った侮辱表現が、藤田行政書士に対する比喩であるか否かが争点のひとつとなっていた。これについて被告の太田弁護士は、「かなめくじの制作は、純然たる創作活動。原告(藤田氏)の事務所名をもじったものではない」と主張。対して藤田氏側は、<かなめくじ>の制作過程を示すスケッチやデザインなどを提出するよう、被告側に求めた。すると太田弁護士が、今月15日付で証拠(乙11号証)として出してきたのが下の画像だ。

Seijo

証拠説明書によると、その立証趣旨は「被告制作の『かなめくじ』色彩のモチーフの一つが『テックジャイアン』2011年11月号のゲーム記事である事実」ということらしい。ストレートに<かなめくじ>制作のプロセスを示す証拠を提出しない理由について、太田弁護士は同日付の<第2準備書面>につぎのように書いている。

証拠として提出することは、将来「かなめくじ」が各種の製品化されたことにより生じる可能性のある利益を無に帰してしまう危険性が多分にあるものといえるので、原告が、将来発生する損害に対する担保として、数千万円規模の担保の提出をしない限りは、原告の求めに応じることはできない─。

本当に<かなめくじ>の商品化をすすめているのかどうかも疑わしいが、仮に数千万円の担保の供出にあたいするというエロゲー(アダルトゲーム)事業計画の存在が事実だったとすれば、それはそれで問題だろう。『弁護士職務基本規程』の第15条は<公序良俗に反する事業その他品位を損なう事業を営み、若しくはこれに加わり、又はこれらの事業に自己の名義を利用させてはならない>と定めている。

Shokosetsumei2001Shokosetsumei2002

この裁判は、太田弁護士がエロゲー画像を提出した第4回口頭弁論をもって、名誉棄損訴訟としては異例のスピード結審となった。判決は8月9日。

Jimon_junbi3001Jimon_junbi3002Jimon_junbi3003Jimon_junbi3004

Jimon_junbi3005_2Jimon_junbi3006_2Jimon_junbi3007_2Jimon_junbi3008_2

とんだ“エロゲー裁判”の終結後、太田弁護士が藤田氏と<NEWS RAGTAG>管理者の津田哲也を相手に各150万円の損害賠償などを求めた訴訟の打ち合わせを、大野裕弁護士のSany3329事務所で行った。

医療裁判の元患者の女性や藤田氏、津田らに対して悪質な誹謗中傷を執拗につづけてきたM元教諭についても、今後は厳格に対処していく。

|

« 太田真也(神田のカメさん)弁護士 暴走の果てに起こした“トンデモ裁判” | トップページ | <常葉学園>常葉菊川高校野球部員「暴行イジメ訴訟」で被告側「イジメはなかった」と主張 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 太田真也(神田のカメさん)弁護士 暴走の果てに起こした“トンデモ裁判” | トップページ | <常葉学園>常葉菊川高校野球部員「暴行イジメ訴訟」で被告側「イジメはなかった」と主張 »