2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 増田俊男氏の「債務不履行」に“破綻ファンド”元投資家が7500万円の支払いを求めて提訴 〔横浜地裁〕 | トップページ | 自称“相場の神様”増田俊男氏が投資トラブルの「債務不履行」で訴えられた民事訴訟に答弁書を出さず「無断欠席」 »

2012/09/30

<常葉学園>常葉菊川高校「野球部イジメ訴訟」に提出された静岡県警OBの「調査報告書」

「イジメによって不登校を強いられた」などとして、『常葉学園菊川高校』(静岡県菊川市)硬式野球部を退部した元部員(事件当時1年生)の少年と保護者が、同校を経営する学校法人『常葉学園』(静岡市葵区)らに計約2900万円の損害賠償を求めた民事訴訟で、被告側が本件のイジメ問題に関する内部調査の結果をまとめた<調査報告書>を提出した。

AB_2
<調査報告書>は昨年の4月25日付で、A4判横書きの13ページ。常葉学園法人本部の小野田勝課長補佐が作成し、同学園の木宮健二理事長に提出していたものとされる。静岡県警OBで、現在は常葉学園の危機管理を担当する小野田課長補佐は、本件イジメ問題を調査するに至った経緯について<調査報告書>にこう記している。

<当学園の職員及び生徒など学園全体のメンタルヘルスやハラスメント更に、傷害、暴力等の刑事、民事など学園にかかる事件の調査解決を業務とする危機管理担当の当学園法人本部総務課長補佐を務める本職(小野田勝)に調査依頼があった>

経営者に提出された内部資料にしては、やたらとくどい能書きのように思えるが、学園内での小野田課長補佐の役割がよくわかる。<調査報告書>に自身が書いたように、いかにも元警察官らしい“トラブルシューター”として、ハラスメント問題にも介入しているという小野田課長補佐。しかし、その仕事っぷりそのものが、悪質なハラスメント行為になっている疑いがある。

学内のパワーハラスメントや不正などを、監督官庁や捜査機関に告発しようとした常葉学園系列校に勤務する男性に対し、小野田課長補佐は暴力団組長らとの“親密な関係”をチラつかせて威嚇。さらに「常葉内部の問題が警察にいけば、事が大きくなって取り返しがつかなくなる」と、警察へのコネを脅しのネタにして、男性の口を封じようとした。それらの威迫行為の証拠の録音をまとめたのが、この動画だ。

 

小野田課長補佐のトラブルの解決とは、もっぱら雇い主である学園側の利益に沿った“スキャンダル隠し”のようだ。そのような立場の人物の調査報告が、公正であるわけがない。小野田課長補佐の<調査報告書>は、「『いじめ』は存在しないものと思料された」と結論づけられている。しかし、原告側は、この書面の内容について「デタラメなことばかり書かれている」と憤慨している。

« 増田俊男氏の「債務不履行」に“破綻ファンド”元投資家が7500万円の支払いを求めて提訴 〔横浜地裁〕 | トップページ | 自称“相場の神様”増田俊男氏が投資トラブルの「債務不履行」で訴えられた民事訴訟に答弁書を出さず「無断欠席」 »

少年事件」カテゴリの記事

警察」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

大学の学生に対する処分や社内懲戒処分では、組織内の「過去の事例に照らして」社内処分の重さが決められる。当然、小野田氏の威力誇示について常葉学園として何の調査説明もしていないのだろうから、それが社内処分基準=先例になる。こうした極端にゆるい事例がある一方で、仮に、非のない人に言いがかりをつけて非難したりしていれば、人によって処分の重さを変える組織、公平公正な扱いをしない組織だということが「証明」されてしまうのではないだろうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 増田俊男氏の「債務不履行」に“破綻ファンド”元投資家が7500万円の支払いを求めて提訴 〔横浜地裁〕 | トップページ | 自称“相場の神様”増田俊男氏が投資トラブルの「債務不履行」で訴えられた民事訴訟に答弁書を出さず「無断欠席」 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ