« ストーカー的<ネット中傷>元高校教諭の名誉棄損裁判 第1回口頭弁論期日決まる 〔東京地裁立川支部〕 | トップページ | <DV冤罪の罠> 被害者なのに加害者に仕立て上げられて警察に"冤罪逮捕"された公務員の悲憤慷慨 »

2012/09/20

<弁護士と闘う!>と提携する太田真也弁護士が起こした「SLAPP(報復的)訴訟」あっけなく結審 〔東京地裁〕

きょう午前、太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)が、行政書士の藤田泰裕氏を相手に744万円の損害賠償などを求めた訴訟の弁論準備手続きが東京地裁であった。今回で2回目の弁論準備手続きだったが、裁判長は急きょ準備室から法廷に場を移し、審理を終結した。

この裁判は、藤田氏が運営するブログの記事の一部について<営業上の信用を害する虚偽の事実を流布した>とし、これが<不正競争防止法>の規制(競争者営業誹謗行為)などにあたるとして太田弁護士が提起したものだ。それ以前に、藤田氏が原告となって太田弁護士を名誉棄損で訴えており、それに対する報復的なSLAPP(嫌がらせ訴訟)の意味合いが強い。ゆえに当初から“無理筋”の訴訟とみられたが、案にたがわず、たった2回の口頭弁論で結審した。判決は11月29日に言い渡される。

藤田氏側が原告の名誉棄損裁判では、1審の東京地裁判決は<(原告が)名誉を棄損され、また、名誉感情を侵害されて精神的損害を被ったものということができる>と判示。太田弁護士に15万円の支払いを命じている。この判決を不服として、藤田氏と太田弁護士の双方が控訴しており、来月に控訴審の第1回目の口頭弁論がある。

日時:10月17日(水)午後2時00分
場所:東京高裁 第808号法廷

太田弁護士は藤田氏に対する<不正競争防止法>裁判のほかにも、藤田氏と<NEWS RAGTAG>管理者の津田哲也を相手取ったSLAPPを起こしている。

【関連記事】<かなめくじ名誉棄損裁判>被告の太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)が敗訴 〔東京地裁〕 2012/08/09

【関連記事】太田真也(神田のカメさん)弁護士 暴走の果てに起こした“トンデモ裁判” 2012/06/14

この“訴訟合戦”は、昨年10月に『南洋』という投資会社(現在、社長らが詐欺罪で公判中)の代理人となった太田弁護士が、同社の詐欺商法を批判したブログ記事の削除を藤田氏に求めたことを端緒とする。最初の削除依頼に藤田氏が応じなかったことから、両者間の紛争は勃発。その後、南洋と太田弁護士を批判した藤田氏のブログとあわせ、<NEWS RAGTAG>と弁護士批判の専門ブログ<弁護士と闘う!>について、記事の削除を求める仮処分を東京地裁に申し立てた。これに対して藤田氏と<NEWS RAGTAG>は闘いぬいたが、あえなく“法的嫌がらせ”に屈服したのが<弁護士と闘う!>だった。

管理者の市井信彦氏は当該記事を自主的に削除し、太田弁護士と秘密裏に友好関係を結んだ。その関係は、過剰なまで濃密なものになっている。

〔参考記事〕キター )^o^(神田のカメさん【弁護士と闘う】ブログ記事削除をヤフーに申請

<弁護士と闘う!>を運営するとともに、<日本弁護士被害者連絡会>なる自主団体の会長を名乗っている市井氏は、ブログを通じて集まった法律トラブルを抱えた人たちの相談を受けてきた。その相談者に、太田弁護士を「優秀な若手弁護士」とイチオシして斡旋。そんな協力関係で、いまや<弁護士と闘う!>は、太田弁護士にとっての集客窓口となっているのだ。

現在、市井氏は「弁護士の選び方」と題した記事をブログに連載中だ。客の斡旋を受ける機会が増えつつあるだけに、太田弁護士の藤田氏と津田に対するSLAPPも、<弁護士と闘う!>との“怪しげな関係”を批判させないための圧力へと目的を変えたかもしれない。

<弁護士と闘う!>側も、太田弁護士との関係を糊塗しようとして必死のようだ。市井氏は、表立っては反論しない。“批判封じ”に市井氏が利用したのは、静岡の元私立高校教諭。それは匿名のコメントやメールで、藤田氏や津田に対する元教諭の名誉棄損行為を煽る作戦だった。結果、元教諭は藤田氏から、300万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁立川支部に提起されている。そして、他者を裏で操ってきた市井氏は、決して紛争の当事者にはならず、無傷のままだ。

どうやら、他人の褌で相撲を取るのが市井流の闘い方らしい。

【関連記事】ストーカー的<ネット中傷>元高校教諭の名誉棄損裁判 第1回口頭弁論期日決まる 〔東京地裁立川支部〕 2012/09/12

藤田行政書士と元教諭の名誉棄損裁判控訴審の第2回目の口頭弁論は、来月にある。

日時:10月23日(火)午前10時00分
場所:東京地裁立川支部 第408号法廷

 

参考までに、名誉棄損裁判で被告の元教諭が提出した“痛すぎる”答弁書の全文を掲示しておく。かような人物を擁護し、暴走を煽ってきた<弁護士と闘う!>の良識を疑わざるを得ない。

 

001002003

|

« ストーカー的<ネット中傷>元高校教諭の名誉棄損裁判 第1回口頭弁論期日決まる 〔東京地裁立川支部〕 | トップページ | <DV冤罪の罠> 被害者なのに加害者に仕立て上げられて警察に"冤罪逮捕"された公務員の悲憤慷慨 »

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

DV/ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストーカー的<ネット中傷>元高校教諭の名誉棄損裁判 第1回口頭弁論期日決まる 〔東京地裁立川支部〕 | トップページ | <DV冤罪の罠> 被害者なのに加害者に仕立て上げられて警察に"冤罪逮捕"された公務員の悲憤慷慨 »