« 太田真也弁護士vs藤田泰裕行政書士<かなめくじ裁判>双方の控訴棄却 〔東京高裁〕 | トップページ | 岐阜市議会<ブログ市議>を市民活動家が「名誉を傷つけられた」と提訴 »

2012/12/11

太田真也弁護士(神田のカメさん)側が1審勝訴の<不正競争防止法(信用棄損)訴訟> で藤田泰裕行政書士側が控訴

東京弁護士会に所属する太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)が、行政書士の藤田泰裕氏(かなめ行政書士事務所)のブログ記事によって営業上の利益を侵害されたとして、同氏に記事の削除や744万円の損害賠償の支払いなどを求めた訴訟は、6日に東京地裁が出した判決は太田弁護士側に軍配が上がっている。

この裁判は、太田弁護士と藤田氏が争っている3件の民事訴訟のうちの1件で、<不正競争防止法>に規制される「競争者営業誹謗行為」にあたるとして太田弁護士側が提起したものだった。争点となったのは、まず弁護士である原告と行政書士の被告とが競争関係にあるかどうか。つぎに当該ブログ記事が、原告の営業上の信用を害する虚偽の事実の流布にあたるか否か。そして、被告の責任と損害。この3つの争点について東京地裁(高野輝久裁判長)は、「原告と被告とは、競争関係にあるというべき」としたうえで、「被告は故意により、競争関係にある原告の営業上の信用を害する虚偽の事実を流布したものと認められるから、不正競争防止法2条1項14号4条により、原告に対する損害賠償責任を負う」と認定。訴訟請求額744万円のうち50万円の支払いと、計12のブログ記事の各一部の記述を削除することなどを藤田氏に命じた。

弁護士と行政書士が競争関係にある、という<不正競争防止法>の解釈を除けば、実質的に信用棄損行為の有無が争われたこの裁判。名誉棄損裁判と同様に、違法性阻却事由があるかどうかを検討されることになり、被告の側が<真実性の抗弁>などをしなければ不法行為を認めたことになる。その点で、この裁判はたった2回の口頭弁論で結審したこともあり、違法性阻却事由の立証不足が藤田氏側の敗因になったようだ。

Shinyokison_hanketsu001Shinyokison_hanketsu002

東京地裁 平成24年12月06日 信用毀損行為差止等請求事件

判決全文 別紙

東京地裁の判決を受けた藤田氏は、きょうまでに知財高裁に控訴した。1審を本人訴訟で争った藤田氏は、「控訴審では、真実性ないし真実相当性の証明をしていきたい」と、2審への意気込みをみせている。

<不正競争防止法訴訟>の判決では、“競争者”の誹謗行為による信用棄損の認定を受けて勝訴した太田弁護士だが、個人の名誉を棄損したとして藤田氏側から訴えを起こされた<かなめくじ訴訟>では敗訴している。双方の控訴によって東京高裁で争われた控訴審の判決は、両者の控訴を棄却。<かなめくじ>なる架空のキャラクターになぞらえて藤田氏を侮辱したブログ記事について、名誉感情の侵害を認めて太田弁護士側に15万円の損害賠償の支払いなどを命じた東京地裁の1審判決を支持した。この名誉棄損裁判は、勝者側の藤田氏が高裁の事実認定を不服として、最高裁に上告中だ。

また、両者間で争われている民事訴訟は、ほかに<NEWS RAGTAG>管理者の津田哲也を被告に含めた<著作権法訴訟>がある。こちらは現在、被告の藤田・津田側は大野裕弁護士(大野法律事務所)を代理人に立て、東京地裁で弁論準備手続きが進行中。判決は来年の春以降になる見込みだが、この裁判をめぐって原告の太田弁護士は、常識では考えられないような暴挙に出た。

藤田・津田側の代理人の大野弁護士の懲戒を所属弁護士会に請求し、その事実を自分のブログに掲示して宣伝しだしたのだ。

ある弁護士に対する懲戒請求〔ヲタク弁護士OHオタクんの日常を綴った痛いブログ〕

拡散、乙!!! お礼に、懲戒請求追加情報投下!!! 〔ヲタク弁護士OHオタクんの日常を綴った痛いブログ〕

懲戒請求の事由は、太田弁護士のブログに書かれているとおり。自身が係属中の訴訟に、相手方の代理人である大野弁護士が提出した書面の一部の表記に“イチャモン”をつけただけの、嫌がらせとしか思えないような内容だ。これによって太田弁護士は、クライアントを紹介してくれる<弁護士と闘う!>の市井信彦氏らに対して、「弁護士と闘う弁護士」としてアピールできるメリットはあるのかもしれない。しかし、不健全な闘い方をすれば<弁護士と闘う!>のイメージを悪くするばかりだろう。

弁護士Vs.行政書士:泥沼化した紛争〔Matimulog〕

|

« 太田真也弁護士vs藤田泰裕行政書士<かなめくじ裁判>双方の控訴棄却 〔東京高裁〕 | トップページ | 岐阜市議会<ブログ市議>を市民活動家が「名誉を傷つけられた」と提訴 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 太田真也弁護士vs藤田泰裕行政書士<かなめくじ裁判>双方の控訴棄却 〔東京高裁〕 | トップページ | 岐阜市議会<ブログ市議>を市民活動家が「名誉を傷つけられた」と提訴 »