« 2012年12月 | トップページ | 2013年5月 »

2013/03/26

<弁護士と闘う!>と提携する太田真也弁護士(神田のカメさん)が行政書士と闘う<かなめくじウォーズ>端緒の「ナマコ詐欺事件」を追う ②

「高齢者の方々が、何十年も働いて貯めた大切なお金をだまし取る『振り込め詐欺』をやっているという認識は、最初からありました」

<ナマコ詐欺事件>で懲役4年6月の実刑判決が確定している受刑者のOは、同事件で組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の罪に問われている『南洋』社長・中元雅二被告の3月21日に開かれた公判で、検察側の証人として証言した。

O証人は、『南洋』の傘下にいくつかあった詐欺の<実行部隊>のグループのひとつで、大久保雄太被告(組織的詐欺罪公判中)が率いた「大久保グループ」に所属する末端のメンバーだった。

トビ職人だったO証人が、トビの先輩の大久保被告から「営業職の仕事がある」と誘われ、中元被告とホテルオークラ東京の1階にある「バーハイランダー」で面接したのは'11年の1月。そのとき彼は、業務の内容が明らかな詐欺だったことから、警察の捜査などに対する不安を漏らした。

すると中元被告は、こう答えたという。

「配当金を(被害者に)払っているから大丈夫だ。それに中国とサイパンがバックについてる。国と国との国交問題になるから、警察は(南洋に)手が出せない。仮に、警察が乗り出すようなことがあったとしても、かならずキミたちを守るから安心しろ」

それからO証人は、警視庁に逮捕される前日の'12年2月19日までの1年余り、月額15万円というわずかな給料で詐欺の<実行部隊>として働くことになった。

『南洋』の事務所とは別に設けられた"秘密アジト"に詰めたO証人ら<実行部隊>は、カモリスト(詐欺や悪質商法の被害者名簿)をもとに勧誘を行っていた。

電話をかける<掛け子>が演じた役回りは三つ。まず、一つは「ワールドオーシャンファーム」や「オールイン」などの詐欺会社の<元社員役>だ。加害会社の元社員を装い、詐欺の被害に遭った人たちに片っ端から電話をかけて、「××社で損害を受けたお金が返ってきます」などと持ちかける。その話に相手が興味を持ってくると、<元社員役>は「日本返還救済協会(SSJP)」などの架空の救済団体と連絡を取ることをすすめる。この救済団体の団体員を演じるのも、<元社員役>とおなじアジトに詰める別の<掛け子>だ。

そして「返金の手続きにかかる費用を、信用できる会社が発行する社債の配当でまかなってください」と"救済団体"が推薦した優良企業として、最後に登場するのが『南洋』の社員役を演じる<掛け子>だった。

O証人は<元社員役>を担当していたが、被害者から現金を受け取る<受け子>の役目もさせられた。振り込め詐欺に使われたとして、南洋の銀行口座が<振り込め詐欺救済法>に基づいて凍結され、新たに口座を開設することもできなくなったからだ。

Img_945352_32995463_1
詐欺会社の元社員を装って偽名で電話勧誘し、本名を刷り込んだ名刺を持たされ、『南洋』の社員として被害者から直接集金する。その現金は、平日なら三会堂ビル(東京都港区赤坂)にあった『南洋』の事務所へ届け、ほとんどは社長の中元被告に直に手渡した。また、事務所が閉まっている土日には、銀座などで中元被告と落ちあって引き渡している。

そんなリスクの高い一人二役をこなしていたO証人に、中元被告は「もしも警察に捕まったときは、『ただ現金を取りに行っただけだ』と言え」と指示していたという。

'12年2月20日に逮捕されたO証人は、捜査段階では頑なに黙秘を通したが、裁判では実刑判決に控訴もせず、刑が確定している。ところが一方、逮捕前には「かならず守る」と言っていたはずの中元被告が、法廷で「(大久保グループなどの)詐欺グループが勝手にやったことだ」と証言し、現在もなお<無罪>を主張しつづけているのだ。

そのことに対する怒りもあってか、逮捕後の独居房の中で罪を悔い改めたというO証人は、厳しい口調で中元被告の主犯性を訴えた。

「中元さんは南洋の社長で、被害者からお金を回収することもやっていた。中元さんは詐欺のトップ。大久保の上です。やっていたことは、高齢者をだます振り込め詐欺。もしも自分の祖父母が、同じような手口で被害に遭っていたら、絶対に許せなかったと思います」

『南洋』の手口は、典型的な<被害回復型>の詐欺だった。公的機関の名を騙ったり、月々1000万円という常識ではあり得ない高額な配当や、元本保証を謳うなどの勧誘もしていた。

絵に描いたような詐欺の手口。一見して真っ当な会社とは言いがたかった『南洋』。その怪しさもあってか、金融商品取り引きを名目にした詐欺にしては比較的短命だった。

投資詐欺は一般に息が長い。主宰者が配当の支払いをつづけ、返金請求に応じているうちは被害が表面化しないからだ。集めた資金を配当などにまわしているだけの自転車操業であっても、それが破綻するまでは、警察も捜査介入しようとはしない。

ところが『南洋』の詐欺行為は、わずか14ヵ月ほどで終焉を迎えた。

彼らの"営業"が始動したのは'10年12月。その翌年の'11年8月頃には、はやくも被害者か3ら返金を求めるクレームが増えはじめた。『南洋』の口座が金融機関に凍結されたのも、この頃だった。そして、それから半年ほどのちの'12年2月に警視庁の強制捜査が入り、中元被告ら17人が逮捕されている。

『南洋』の"詐欺稼業"を短命にした原因のひとつに、インターネット上の批判があったのかもしれない。少なくとも中元被告は、それを強く意識していたようだ。

前回の中元被告の公判で証言台に立った元幹部のA証人の証言からも、インターネットの批判記事の削除対策に、中元被告が躍起になっていた様子がうかがえた。

「ネット上の評判を、中元社長は『デタラメだ』と言っていました。『ネットの書き込みを削除させている。裁判所への(仮処分の)申し立てや、検索で表示される順位を変えさせるなどの手配している』などという話を('11年)11月下旬に聞いていました」

実際、『南洋』の営業の違法性を指摘し、批判したインターネット上の書き込みは、わりと早い時期からあった。そのなかのひとつが、藤田泰裕行政書士が運営するブログの記事だった。悪質商法と闘ってきた藤田行政書士は、'11年5月に知人の女性が『南洋』から電話で勧誘を受けた内容を聞き、「被害回復型の詐欺ではないか」との疑いを抱いた。そして同年6月と9月に、2回の批判記事を書く。するKame_ininと2回目の記事を公開した翌月の10月5日、藤田行政書士の事務所の一通の内容証明郵便が届いた。

それは『南洋』に関するブログ記事の削除を求める通知書だった。

差出人は、『南洋』代理人の太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)。この通知書が、のちに藤田行政書士と太田弁護士とのあいだに起きる<かなめくじウォーズ>の発端となる。

つづく

| | コメント (0)

2013/03/20

<弁護士と闘う!>と提携する太田真也弁護士(神田のカメさん)が行政書士と闘う<かなめくじウォーズ>端緒の「ナマコ詐欺事件」を追う ①

乾燥黒ナマコ事業などへの投資勧誘にからんで昨年2月20日、サイパン籍のファンド運営会社『南洋』(東京都港区赤坂)の関係者17名が詐欺の疑いで警視庁に逮捕(起訴後に組織犯罪処罰法違反⦅組織的詐欺⦆罪へ訴因変更)された事件で、あす同社社長の中元雅二被告らの公判が東京地裁である。

3月21日(木)東京地裁715号法廷

中元 雅二被告:午前10時00分

大久保雄太被告:午後1時15分

1月28日に開かれた前回の公判では、中元被告らとともに昨年2月に逮捕された南洋グループ元幹部のAが検察側の証人として出廷した。逮捕されるまではクレーム処理を担当し、すでに懲役7年6月の実刑判決を受けている人物だ。

「サイパンでシルバー事業を計画している。6億円から7億円ほどの資金を集めるのに協力してもらえないか」

社債販売で悪名高い「アフリカントラスト社」(現ワールド・リソースコミュニケーション社)の渉外係をしていたA証人が、知人から紹介を受けた中元被告にスカウトされたのは'10年11月のこと。その資金集めに、中元被告が提示した期間は3、4ヵ月間だったという。

その頃に、A証人はホテルオークラ東京で、同事件の共犯として公判中の大久保雄太被告との顔合わせもしている。大久保被告は、『南洋』の<実行部隊>ともいえる電話勧誘グループのひとつを管理する立場にあった。15人ほどの<掛け子>を擁した「大久保グループ」は、東京都港区赤坂3丁目のマンション<コンチネンタルアパートメント赤坂>の一室をアジトに使い、シルバー事業への投資を名目にした資金集めを担当。A証人も『南洋』の一員となり、“営業”は'10年12月にスタートした。

<ナマコ・ファンド>を担当したのは、「大久保グループ」とは別の<ローズ赤坂>というマンションの一室にアジトを置いた「ハナザワ・グループ」だった。

『南洋』が「日本支店」と称した事務所を赤坂1丁目の<三会堂ビル>9階に設け、ナマコNamako4事業のパンフレットができ上がったのは'11年4月頃。乾燥黒ナマコ事業への投資を名目とした資金集めの準備が整ったかのようにみえた矢先に、大久保被告が「辞めたい」と言いだしたのだという。

この頃、大久保被告が管理していた十数名いた<掛け子>のうちの半分ぐらいが辞めていた。そのためか「大久保グループ」はアジトを<ローズ赤坂>に移し、「ハナザワ・グループ」と同室で活動する。しかし、それから間もない6月頃に「ハナザワ・グループ」は解散。「大久保グループ」は<赤坂桧町レジデンス>の一室にアジトを替えた。

<掛け子>が詰める秘密のアジトは、南洋の事務所とは違ったマンションの一室に用意された。そこに社長の中元被告が立ち寄ることは、ほとんどない。しかもメンバーの集合離散は激しく、短期間のうちにアジトを転々とする。それだけでも、まともな会社ではないことを知るには十分な怪しさだが、証人が南洋の資金集めの違法性を認識せざるを得ない不穏な出来事が次つぎと起こった。

'11年8月から9月にかけての頃から、客からのクレームが増えはじめる。大半は解約の申し出だったが、客の代理人の弁護士から送られてきた通知書には<詐欺>の文言が記されていた。それを見て、証人は中元被告に、通知書の内容について問い合わせたのだという。

「うすうす、詐欺になるのではないかと感じてはいるが、あくまでグレーゾーン。お金を返せば大丈夫だ。返金の請求には応じておいて、はやく事業展開をするしかない」

そんな中元被告の言葉もあって、膨らみかけていたA証人の疑念が、一気に確信へと変わる事件があった。

同年11月頃、徳島県警から電話がかかってきたという。本社の所在地と営業の場所はどこか。事業の内容は、どのようなものなのか。就業者は何人いるのか。警察の質問に、A証人は正直に答えたという。そして、そのことを中元被告に報告した。すると中元被告は、その翌日に徳島県警へ説明に出向く。

「南洋の事業については理解を得た。警察は営業方法に興味があるようだ」

警察からもどってきた中元被告から、A証人はそのように聞かされた。しかし、この一件でA証人は、『南洋』の資金集めが<詐欺>だということを確信する。

徳島県警から照会があったことを受け、中元被告と大久保被告、そして証人を含む『南洋』の幹部4人が同月中にホテルオークラ東京で緊急に会合を開いた。

その席で、大久保被告は“営業”の中止を提言。しかし、中元被告はそれに反対し、資金集めを継続する意向を示した。そのため大久保被告は、事務所の移転を希望した。その提案は、移転先の事務所は中元被告が知らない場所にして、固定電話の回線は引かないようにする、というものだった。

そして<実行部隊>のアジトは、神田の<KKビル>に移された。契約は、貸主と借主とのあいだに業者をはさんだ転貸借。電話回を引かず、中元被告らとの連絡には専用の携帯電話が使われた。

その翌月の'11年12月にも、同じホテルオークラ東京で、同一メンバーの会合があったという。このとき話し合われたのは、口座凍結の問題についてだった。

『南洋』の銀行口座は、その年の8月の中頃から、すでに<振り込め詐欺救済法>に基づく措置として凍結されていた。そこで中元被告が金融機関と、凍結解除の交渉を進めると同時に、<掛け子>が勧誘した相手に直接会って集金することで急場をしのぐことが決められた。実際、中元被告らが名古屋や大阪などへ出向いて、現金を集金してきていたのだという。

つづく

| | コメント (0)

2013/03/04

岐阜市議会<ブログ市議>を市民活動家が「名誉を傷つけられた」と提訴

悪質な離婚ビジネスや司法制度の腐敗などを精力的に追及する岐阜市議会の大西隆博議員(47歳)が、インターネット上に公開したブログ記事に名誉・信用を棄損されたなどとして、300万円の損害賠償や記事の削除などを求める民事訴訟を岐阜地裁に提起されていたことを、3月3日の「中日新聞」(岐阜地域版)が報じた。

1362304849442訴えを起こしたのは、離婚・別居後に子ども会えない親の支援活動をする愛知県安城市の男性(41歳)。2月14日付の訴状によると、男性は、大西市議が3回にわたってブログに書きこんだ記事の<共同親権系の活動に女性が参加しにくいのはSKB平(スケベ助平スケビェ~)のせいです>など、計22の記述部分について<虚偽事実の数々を適示し,侮辱的な表現で,意図的に原告の社会的評価を低下させようとしている>としている。

一方、大西市議は提訴を受けて、あらたに自身のブログに<安城市41歳男性の提訴についての見解。。。いいように司法界に利用され煽られちゃって・・・>などの記事を怒涛のごとく連発。それらなかで、大西市議は「SKB平」などの表現が特定の個人を指す呼称ではないとしたうえで<現在無職で女性に養ってもらっているのではとうわさされる彼に、わたしの一般論を述べた記事がどれほど損害を与えたのかと論ずるのも愚の骨頂なくらいで、まず、まったく生産的な生活ができていないのに損害もくそもないでしょうといった感じです>などと、男性が訴訟を提起したことについて激烈に批判。顔の写った男性の画像を無修整で公開するなどした。

後藤富士子弁護士と親しい安城市41歳男性の提訴への一般の読者の感想。水面下の弁護士さんたち♪ 〔人として真実を追求する。岐阜市議会議員 大西たかひろ 応援ブログ〕

大西市議は昨年、ブログなどの書き込みなどについて岐阜市議会の<政治倫理審査会>861896_582424951770652_1167311484_nから「岐阜市議会議員としての品位を保った情報発信に努められたい」と、改善を求められていた。

今回のブログでの中傷をめぐる名誉棄損訴訟は、男性が弁護士を立てない<本人訴訟>で提起したもので、対する大西市議も「弁護士に代理人を依頼せず、本人で争って行こうと思っています」という。第1回口頭弁論は、4月16日(火)午前10時15分から岐阜地裁で開かれる。

| | コメント (2)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年5月 »