« <弁護士と闘う!>と提携する太田真也弁護士(神田のカメさん)が行政書士と闘う<かなめくじウォーズ>端緒の「ナマコ詐欺事件」を追う ② | トップページ | 弁護士のあり方を問う2つのイベント »

2013/05/14

<和歌山県警>参考人聴取の執拗な性的質問でPTSDに 女性が和歌山県を提訴

SかMか知りたいんで、体位を聞きたい。
尺八はするんですか?
フィニッシュは中出しですか?

和歌山県警に逮捕された内縁の夫の参考人聴取で、取調室で男性警察官から執拗に性的Wakayama_sojo内容の質問をされたことでPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症したとして、大阪府内に住む30代の女性が13日、同県に1100万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。

女性の内縁の夫は昨年1月25日、行きつけのラウンジのホステスの身体を触ったとして、強制わいせつの疑いで県警に逮捕された。その事件の参考人聴取のなかで女性は、男性警察官から冒頭のような質問をしつこくされたのだという。

そのショックから心身の不調を感じるようになった女性は、いくつかの医療機関で診察を受け、PTSDと診断された。京都市内の神経科医院が発行した同年9月28日付の診断書には、つぎのように記載されている。

本年1月27日に警察の事情聴取において人格的尊厳を揺るがす質問を長時間にわたり受けたことを契機に、上記(註:PTSD)を発症している。睡眠障害、抑うつ症状、回避症状、フラッシュバック、自律神経症状が持続しており、継続的な精神科治療を要する。

Shindan001Shindan002

この、和歌山県警のわいせつ参考人聴取をめぐって女性は昨年5月、担当刑事を特別公務員暴行陵虐罪で和歌山地検に告訴(後に同致傷罪に変更)。地検は同年11月に「嫌疑なし」で不起訴処分としている。

|

« <弁護士と闘う!>と提携する太田真也弁護士(神田のカメさん)が行政書士と闘う<かなめくじウォーズ>端緒の「ナマコ詐欺事件」を追う ② | トップページ | 弁護士のあり方を問う2つのイベント »

警察」カテゴリの記事

コメント

「安心して生活できる社会を」 地検検事正の南野が着任 和歌山 | MSN産経ニュース2012/04/13 (12:12)|[その他]
13日付で着任した和歌山地検検事正の南野聡(のうの・さとる)(56)が記者会見し、「県民が安心して生活できる社会の実現に全力を尽くしたい」と抱負をほざいた。

警官が安心して言葉攻めレイプできる社会の実現だろw 和姦山痴犬犬痔性脳の腐る

投稿: /// | 2013/10/05 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« <弁護士と闘う!>と提携する太田真也弁護士(神田のカメさん)が行政書士と闘う<かなめくじウォーズ>端緒の「ナマコ詐欺事件」を追う ② | トップページ | 弁護士のあり方を問う2つのイベント »