« <南洋株式会社>ナマコ詐欺事件 高齢者らを食い物にした「被害回復型」だましの手口 | トップページ | 津田哲也著『汚名刑事』(小学館刊)電子書籍版 きょうから配信 〔小学館eBooks〕 »

2013/05/30

〔岐阜市議会〕大西隆博議員「住民監査請求」に怒りの反撃 近く請求者らを提訴へ

岐阜市議会の大西隆博議員(47歳)が政務調査費を不正に支出したとして、同市に住む整体治療院経営の男性(63歳)が27日、市に返還させるよう求める住民監査請求をしたことを『毎日新聞』(地方版)や『中日新聞』などの一部の新聞が28日の朝刊で報じた。

住民監査請求:自己啓発のCD教材に58万円 岐阜市議の政調費返還を /岐阜〔毎日新聞〕

男性が岐阜市に提出した<岐阜市職員措置請求書>などによると、大西議員に支出され945418_615773311769149_660755245_nた'11年度分の政務調査費は165万円。大西議員は'11年9月に<SMIプログラム>という自己啓発の教材(CD14枚、マニュアル2冊)を65万円で購入したが、その代金のうち58万5000円を政務調査費から資料購入費として支出していた。これが市政の課題とは無関係の私的な支出だとして、岐阜市長に対して勧告することを監査委員会に求めたのが、今回の住民監査請求だった。

だが<NEWS RAGTAG>の取材に、大西議員は「購入した教材は、マイナス思考をプラス思考に転換するためのノウハウが体系化された、ひじょうに優れたもの。精神疾患を持つ人の942008_614755085204305_978630596_nリハビリ的なステップに活用でき、社会復帰の支援に役立てる研究材料として購入しました。あくまで公務を目的としたものです」と、男性の主張に反論する。元中学校教諭の大西議員は、心理学を得意とし、市民の精神衛生の向上に目を向ける。現在は児童相談所の問題に力を入れて取り組んでいるが、次回の議会の一般質問では精神疾患を持つ人の社会復帰について、購入した教材を活かした質問をする予定だという。

教材の購入費用を不正な支出と指摘されたことに強い遺憾の意を表す大西議員は、さらにこう付け加える。

「住民監査請求は本来、市民の方々の権利を守るためにある制度ですが、今回の請求は正当な目的から逸脱して、私個人への嫌がらせを意図したものとしか思えない」

大西議員が怒りをあらわにするのは、“第三者”の関与の疑いがあるからだ。請求者の男性は岐阜市民だが、愛知県に住む市民活動家の男性がインターネット上に、この住民監査請求を自分が仕掛けたことをほのめかす書き込みをしているという。

じつはこの男性、大西議員のブログ記事に名誉を棄損されたなどとして民事訴訟を起こしており、同じ理由で岐阜県警に刑事告訴もしている。そんな対立関係にある県外の人物が、悪意をもって主導した不当な請求だと、大西議員はとらえているのだ。

また大西議員は、住民監査請求で問題とされた'11年度の165万円の政務調査費について、「私が使ったのは、教材の購入費を含めて102万円。63万円を返納しています。東北復興支援のボランティアも2ヵ月間やりましたが、それにかかった費用は、政務調査費として計上できるものです。しかし、私はボランティアとして1円も計上しませんでした。政務調査費の支出を理由にした住民監査請求をされたことは、痛恨の思いです」と話している。

住民監査請求をした岐阜市の男性と愛知県の市民活動家について、大西議員は名誉棄損と偽計業務妨害に当たるとして、早ければ来週にも民事と刑事の双方で訴えを起こすという。

|

« <南洋株式会社>ナマコ詐欺事件 高齢者らを食い物にした「被害回復型」だましの手口 | トップページ | 津田哲也著『汚名刑事』(小学館刊)電子書籍版 きょうから配信 〔小学館eBooks〕 »

メディア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« <南洋株式会社>ナマコ詐欺事件 高齢者らを食い物にした「被害回復型」だましの手口 | トップページ | 津田哲也著『汚名刑事』(小学館刊)電子書籍版 きょうから配信 〔小学館eBooks〕 »