« 「DV被害者」を苦しめる「DVでっち上げ」という虚誕の二次被害 ③ | トップページ | 太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所) が「詐欺的行為の助長」を認定された2審の敗訴判決が確定へ…最高裁が上告棄却 »

2014/01/14

太田真也弁護士「悪徳弁護士退治」活動の原点<ナマコ詐欺事件>「南洋」社長に懲役12年 〔東京地裁〕

乾燥黒ナマコ事業などへの投資を名目にした詐欺事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の罪に問われていた『南洋』社長の中元雅二被告の判決公判が、きょう午前、東京地裁であった。

中元被告は、「業務委託をしていた勧誘グループが勝手にやったことで、詐欺との認識はなかった」などとして無罪を主張していたが、東京地裁は「(中元被告が)詐欺を行なうための組織を統括管理、指揮命令し、詐欺集団の頂点に立って実行した被害回復型詐欺」として懲役12年(求刑懲役15年)を言い渡した。

【関連記事】<ナマコ詐欺事件>「南洋」社長・中元雅二被告に懲役15年求刑 2013/10/30



この<ナマコ詐欺事件>をめぐっては、中元被告らが逮捕された'12年2月以前、同被告から委任を受けた太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)が『南洋』の詐欺商法を批判した複数のブログ記事などの削除を求める仮処分を申し立てていた。これに失敗すると、太田弁護士は批判記事を書いた藤田泰裕行政書士と<NEWS RAGTAG>管理者の津田哲也に対して、損害賠償などを求める民事訴訟を濫発している。

それらの法廷闘争のうち、藤田行政書士を被告とした訴訟で、太田弁護士は東京地裁の1審で勝訴したものの、知財高裁の2審で逆転敗訴(太田弁護士側が上告中)。その控訴審判決のなかで、「控訴人(藤田行政書士)に対し、本件各先行記事の削除を求めるなどし、結果として、(太田弁護士は)南洋の詐欺的行為を容易にする方向で活動する結果となった」と認定されているのだ。

【関連記事】「悪徳弁護士退治」を旗印にする太田真也弁護士「詐欺的行為を容易にさせた」と認定された"痛い判決"全文を公開 2013/09/29



そんな太田弁護士は現在、<弁護士と闘う!>というブログの管理者で<日本弁護士被害者連絡会>なる自主団体の会長を自称する会社員とコンビを組んで、「悪徳弁護士退治」をキャッチフレーズに依頼者を募っている。そして、そのコンビの由来は<ナマコ詐欺事件>にある。

<郷原は徳の賊>ということに、ならなければよいのだが。

<参考記事>悪徳弁護士退治させていただきます。AKUTOKUバスターズ参上!〔弁護士と闘う!〕

|

« 「DV被害者」を苦しめる「DVでっち上げ」という虚誕の二次被害 ③ | トップページ | 太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所) が「詐欺的行為の助長」を認定された2審の敗訴判決が確定へ…最高裁が上告棄却 »

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「DV被害者」を苦しめる「DVでっち上げ」という虚誕の二次被害 ③ | トップページ | 太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所) が「詐欺的行為の助長」を認定された2審の敗訴判決が確定へ…最高裁が上告棄却 »