2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 【イベント】 田中角栄の長男 × 角栄の密着写真家「人間・角栄を語る!」 トーク&秘蔵写真公開 | トップページ | 母と婚約者が告発!兵庫県警機動隊員(23歳)の「イジメ首吊り自殺」〔FRIDAY〕 »

2015/06/12

愛人に“辞職勧告”された明大相撲部出身「不倫好き」酒上太造姫路市議 〔FRIDAY〕

姫路市の市会議員の酒上太造氏(47)が、不倫関係で一児(昨年11月に認知)をもうけ

Friday_20150626

た愛人(34)に暴行を働いて負傷させ、この女性から「辞職」や「謝罪」などを求める陳情書を市議会に提出されていたことを本日発売の『フライデー』(6/26号)でスクープした。

Shindan傷害事件があったのは4月30日。相撲で鍛えた腕力で、酒上氏に突き飛ばされた女性は路上に倒れ、左肩や両膝などを負傷した。そのときに負ったケガは、6月4日の時点で<加療を要す>と医師に診断されており、現在もまだ完治していないのだ。

1430472537688



この事件で、女性は5月15日に網干署へ被害届<受理番号:網干27-100325>を出してい

Sakaue

る。一方、酒上氏は『フライデー』の取材で直撃された日の午後に、「女性から先に頬を叩か
れた」として“あとだし”の被害届を提出。そして『フライデー』が発売されたきょう、地元メディアの取材攻勢が始まったためか、議会を欠席して行方をくらましているという。

「“人”としての対応を願います」と陳情書にしたためた女性の思いは、最後まで酒上氏の胸に届くことはないのだろうか。
詳しくは『フライデー』の記事で。

« 【イベント】 田中角栄の長男 × 角栄の密着写真家「人間・角栄を語る!」 トーク&秘蔵写真公開 | トップページ | 母と婚約者が告発!兵庫県警機動隊員(23歳)の「イジメ首吊り自殺」〔FRIDAY〕 »

未分類」カテゴリの記事

コメント

「女性から頬っぺたをピシッ!」

これだけで元学生相撲選手が、被害届ですか。

なんとも、デリケートな議員さんですね。

いやいや、公務員だから叩きたいのかも知れないけど、一般的に考えて先に手を出したのは女だろ?
んで?
反撃したのが男なら、議員なら、それが武道経験者なら只単に悪になるのか?
やられっ放しで良いと?
あれが平手(と報道されてるが)じゃなくて刃物だったら?
報道だと書類送検されるのも市議だけみたいだが、先に手を出した女の傷害の立件は無いのか?
そもそも不倫の時点で過ちを犯してるのは両者同じ。
なのに女は悪くないのか?
ガキ産んだから?これだから「責任!責任!」が口癖の糞女が蔓延るんだ。
報道もそうだが、それに影響されるだけで考える事もしない様な脳無しは口を挟むな。

同じように市役所の職員も殴ったそうです
怖いなあ…

先に手を出した女がビンタではなく刃物だったら当然、女は逮捕されてる。
アタリマエ。

誰も『女性は絶対被害者ですぅ』とは言っていない。
不倫するのは両者に非がある。
アタリマエ。

また隠し子がいる不倫ならば、両者が道徳的にも責められても当然。
アタリマエ。

『考えることもしないような能無し』とは誰のことを指しているのか?

酒上を除く全会一致の辞職勧告決議案に賛同した議員のことか?


先に手を出したか出さないかなんて問題じゃあない。けがを負わせたことが問題。多分、初めてではないのだろう被害届をだしてる所をみると。女性の方も、この際、まとまった慰謝料と養育費をもらえば別れたかったのだろう。
だが、この行為は得策ではない。本来なら、内々にことを進めるべきことで、これが明るみに出て得する人は誰も居ない。彼が現役で仕事があるからこそ養育費も出るというもんだ。
どちらも浅はか

両者、書類送検で決着。ばか男女の供述調書さくせいした担当刑事よ、ご苦労であった。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【イベント】 田中角栄の長男 × 角栄の密着写真家「人間・角栄を語る!」 トーク&秘蔵写真公開 | トップページ | 母と婚約者が告発!兵庫県警機動隊員(23歳)の「イジメ首吊り自殺」〔FRIDAY〕 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ