2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 2015年5月 | トップページ | 2015年10月 »

2015/06/12

愛人に“辞職勧告”された明大相撲部出身「不倫好き」酒上太造姫路市議 〔FRIDAY〕

姫路市の市会議員の酒上太造氏(47)が、不倫関係で一児(昨年11月に認知)をもうけ

Friday_20150626

た愛人(34)に暴行を働いて負傷させ、この女性から「辞職」や「謝罪」などを求める陳情書を市議会に提出されていたことを本日発売の『フライデー』(6/26号)でスクープした。

Shindan傷害事件があったのは4月30日。相撲で鍛えた腕力で、酒上氏に突き飛ばされた女性は路上に倒れ、左肩や両膝などを負傷した。そのときに負ったケガは、6月4日の時点で<加療を要す>と医師に診断されており、現在もまだ完治していないのだ。

1430472537688



この事件で、女性は5月15日に網干署へ被害届<受理番号:網干27-100325>を出してい

Sakaue

る。一方、酒上氏は『フライデー』の取材で直撃された日の午後に、「女性から先に頬を叩か
れた」として“あとだし”の被害届を提出。そして『フライデー』が発売されたきょう、地元メディアの取材攻勢が始まったためか、議会を欠席して行方をくらましているという。

「“人”としての対応を願います」と陳情書にしたためた女性の思いは、最後まで酒上氏の胸に届くことはないのだろうか。
詳しくは『フライデー』の記事で。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年10月 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ