2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

2012/07/13

「虚偽DV」の証拠に悪用される診断書① 「日赤病院」が無診察で交付した診断書で“精神病のDV夫”に仕立て上げられた慈善家の苦難

面識もなく、診察も受けていない医師に無断で交付された精神科の診断書のせいで“DV夫”の濡れ衣を着せられ、職を失うなどの大きな風評被害に遭いました。精神科の診断書は、まったくデタラメで信じられない──。

4日、『日本赤十字社』(東京都港区)を相手に損害賠償を求めている裁判で、弁護士との打ち合わせをするために静岡から上京した元社会福祉法人理事長の大亀谷信彦さん(仮名)は、怒りに声を震わせた。

大亀谷さんは元妻と'09年3月に離婚。その調停のなかで'07年3月、元妻側から提出された“証拠”をみて愕然とする。それは『静岡赤十字病院』(静岡市葵区)の精神科医師が、'98年11月16日付で発行した大亀谷さんの<診断書>と同年12月17日付の紹介状(診療情報提供書)だった。

診断書に記されていた病名は「神経症(嫉妬妄想の伴う)」。そして、紹介状の<症状経過・治療経過及び検査結果>の欄には、こう記入されていた。

H6年に定年退職してから、夫人の外出を気にする傾向。次第に夫人に対する性的いやがらせ、暴力、嫉妬妄想あり。夫人、二女、三女の職場に現実には有り得なかった不正のことを書き送り、結果的に三人とも失業に追い込まれている。

Shindan06Shindan01

しかし、大亀谷さんは診断書と紹介状を書いた医師の診察を受けたことは一度もなく、元妻ら家族3人が失業した事実もなかった。

静岡赤十字病院で大亀谷さんが、診療を受けたことはある。ただし、それは'96年7月22日から'97年2月12日までのあいだのことで、診断書の作成日から約1年9ヵ月も前に通院を終えていた。

その受診をすすめたのは元妻だった。

「イビキがひどいから、病院で診てもらったほうがいい」

元妻から促され、静岡赤十字病院へ足を運んだ大亀谷さんは、イビキの治療のためと信じて耳鼻咽喉科の待合席で診察を待った。ところがアナウンスで名前を呼ばれたのは、精神科だったという。そこで大亀谷さんは、元妻が自分には内緒で精神科に予約を申し込み、耳鼻咽喉科の治療と偽って病院へ行かせたことを知る。

通院したのは計3回。大亀谷さんは、みずから医師に申し出てCTスキャンも受けたが、<治療の必要なし>との結果で診察は終了したという。

ところが、それから約10年を経て、元妻が申し立てた離婚調停に〈神経症〉の病名などが記された診断書と紹介状が提出されたのだ。

それが発行されたのは、いずれも大亀谷さんが通院を終えてから2年近くあとのこと。しかも、作成者は受診した医師とは別の、まったく面識のない医師だった。

受診した覚えのない診断書が出されていたことに驚いた大亀谷さんは、静岡赤十字病院に抗議するとともに、自分のカルテ(診療録)などの開示を求めた。そして、入手したカルテには〈再来初診〉と記載され、〈現病歴〉の欄にはDV(ドメスティックバイオレンス)について書きこまれていた。

嫉妬妄想 夫が3年間 興信所、つけ続ける

アルコール常用、子供へも暴力あり
夫人について 社会福祉のことで不正をしていると公的機関に訴えることがある。
3女 夫人と一緒の職場に行っている。立ち直った
2女 ※(解読不能)と同居。暴力振るわれている。

しかし、大亀谷さんが静岡赤十字病院で“再来初診”を受けた事実はない。元妻が本人に隠れて、ひとりで病院を訪れて再診を受けていたのだ。カルテに〈夫が3年間〉と書かれていることからも、元妻への問診よるものだということがわかる。患者本人に病識がないことも多い精神科の診療では、家族の代理受診はありがちのようだが、再診時には大亀谷さんと元妻は別居中だった。

Shindan02_2Shindan05

診断書の発行日と同じ'98年11月16日に作成されたレセプト(診療報酬明細書)に<保険証Shindan03記号番号不明>のスタンプが捺されているのは、別居していた元妻が大亀谷さんの保険が変っていたことを知らず、保険証を提示することもできなかったからだ。<H10.12.17の時点で保険がかわっており、本人あてに請求の手紙を送ったところ、本人は受診していないのにおかしい、とのこと>と、カルテにも元妻の代理受診だったことを示す記録がある。

こうして静岡赤十字病院の医師が、再診時に本人の問診(医療面接)を一度もせずに発行した診断書と紹介状によって、大亀谷さんは精神病のレッテルを貼られてしまった。

離婚調停は不調に終わり、その後に訴訟へと移行した。そして裁判は、控訴審まで争われたが1審2審ともに大亀谷さんが敗訴している。

判決は「神経症との診断を受けていたことは否定しがたい」と認定。裁判官が、元妻側の主張を全面的に認める決め手となったのは、静岡赤十字病院の交付した診断書と紹介状だった。

2月19日、『親子ネット』(親子の面会交流を実現する全国ネットワーク)が文京シビックセンター(東京都文京区)で、<親子引き離しの元凶 「DV悪用」「診断書悪用」を追及する!> と題したシンポジウムを開いた。

201202191539502
離婚紛争で親権などを獲得するため、あるいは離婚後に親201202191258231権者または監護者になった方の親が、もう一方の親の面接交流権(子どもと会う権利)を拒否するために虚偽のDVを主張することがある。このシンポジウムでは、ウソや極端な誇張などが疑われる非常識なDVと、その証拠として悪用された診断書の実例が報告された。大亀谷さんのケースも、悪質な例のひとつとして取り上げられている。

続きを読む "「虚偽DV」の証拠に悪用される診断書① 「日赤病院」が無診察で交付した診断書で“精神病のDV夫”に仕立て上げられた慈善家の苦難" »

2011/11/24

【速報】無診察で診断書を発行したとする「日本赤十字社」訴訟の第1回口頭弁論が延期

本人の診察をしないで発行された<診断書>が離婚訴訟に悪用されたなどとして、社会福祉法人の元理事長の男性(静岡市)が『日本赤十字社』(東京都港区)を相手に330万円の支払いを求める訴訟の第1回口頭弁論が25日に東京地裁で開かれる予定だったが、急きょ延期になった。

弁論期日延期の理由は、原告側によると、被告の日本赤十字社側が静岡地裁への移送の申し立てを行ったためだという。

変更後の裁判所と期日については、現在のところ未定。わかり次第、<NEWS RAGTAG>が伝える。

【関連記事】「日本赤十字社」無診察の診断書を「DVでっち上げ離婚」などに悪用されたとする民事訴訟の第1回口頭弁論 〔東京地裁〕2011/11/07

2011/11/07

「日本赤十字社」無診察の診断書を「DVでっち上げ離婚」などに悪用されたとする民事訴訟の第1回口頭弁論 〔東京地裁〕

社会福祉法人の元理事長の男性が、『静岡赤十字病院』(静岡市葵区)が本人の診察を行わずに無断で<診断書>を発行したとして、同病院を経営する『日本赤十字社』(東京都港区)を相手に慰謝料など330万円の支払いを求める訴訟の第1回目の口頭弁論が、今月25日午後1時15分から東京地裁で開かれる。

元理事長は'09年3月に元妻と離婚した。その離婚調停に元妻側が'07年3月に証拠提出したことで、はじめて元理事長は静岡赤十字病院が自分の<診断書>を発行していたことを知ったという。

作成者は<精神科>の医師。そこ記されていた病名は<神経症>だった。この<診断書>がもとで、調停が不調となったのちの離婚裁判で「神経症との診断を受けていたことは否定しがたい」と事実認定され、元理事長は敗訴している。

しかし、元理事長には、この診断のもととなる診察を受けた覚えがなかった。

静岡赤十字病院で元理事長が受診したのは、いまから約17年前の'96年7月22日。「イビキがひどいから病院で診てもらったほうがいい」との元妻のはたらきかけに応じ、静岡赤十字病院で診察を受けた。そして元理事長は、イビキの診察だと信じたままCTスキャンなどの検査を受け、翌年の'97年2月12日に「異常が認められない」と同病院の医師から告げられという。この時点で、元理事長が静岡赤十字病院で受けた診察は終了していた。

ところが、離婚調停で元妻が提出した<診断書>は、最後の診察から1年半あまり経った'98年11月16日付と'98年12月17日付のものだった。その病名の欄には、前者が「神経症(嫉妬妄想の伴う)」で、後者には「アルコール依存症 嫉妬妄想」と記載されている。このうち12月17日付の<診断書>の検査結果などを記入する欄には、このように書かれていた。

<夫人に対する性的いやがらせ、暴力、嫉妬妄想があり、夫人、二女、三女の職場に現実には有り得なかった不正のことを書き送り、結果的に三人とも失業に追い込まれている>

しかし元理事長は、2通の<診断書>の作成日と同日の診療を受けていなかった。いずれも本人を診察せず、元妻の問診のみによって作成されていたのだ。また、元妻とふたりの子女が離職した事実もない。

元妻が虚偽の説明をし、医師がそれを鵜呑みにした<診断書>を作成した疑いがある。今回の訴訟は、本人の無診察の<診断書>発行についての病院側の過失責任を問うものだ。その訴因は、訴状によれば「'96年当時、原告(元理事長)と元妻が別居するなど、夫婦仲が良好でないことを病院側へ申告していた」とし、さらに「‛98年11月16日に元妻のみが来院した際に、原告の健康保険証を持参していなかったことから、夫婦関係が破綻に瀕している可能性を認識できた」として、<診断書>の作成を拒まなかったことが医療機関としての注意を怠ったというもの。

元理事長は、離婚調停と離婚裁判で静岡赤十字病院が発行した<診断書>を証拠に、元妻から身に覚えのないDV(ドメスティックバイオレンス)を主張された。

離婚の調停や裁判において妻側がDVをでっち上げるケースについては、多数の報告を受けているが、それらに医療機関の<診断書>が悪用されることは少なくない。が、この元理事長の場合は本人がうかがい知らないところで発行されていた<診断書>が精神科のものだったことから、離婚問題のほかにも深刻な“風評被害”に遭っているというのだ。

この訴訟についての詳報は、追って<NEWS RAGTAG>で伝える。

2011/09/15

船井幸雄氏の「ほんもの商法」薬事法は大丈夫なのか

「船井総合研究所」創業者で、<船井幸雄グループ>総帥の船井幸雄氏が、ウェブ上にセンシティブなメッセージを書き込んでいる。

それは<船井幸雄.com>が、12日にアップした「船井幸雄のいま知らせたいこと」のページにあった。そのなかで船井氏は<次ぎのようなびっくり続出の9月以降。それらは、すべて大事なことのようだ>として、自身の世界的な人脈や情報源から寄せられたという<10のびっくり情報>を披露した。

さわりを紹介すると、「エレニン彗星(地震に影響するといわれている彗星)は自然のものでなく、知的存在による人工のもの」だとか、「米国政府が40年を費やして、アメリカ大陸内部に建設した地下都市が原爆で攻撃された」などといったもの。後者の情報の“ネタ元”は「アメリカと対立関係にある某大国の政府系秘密機関の報道」というから、増田俊男氏もびっくりの“客寄せ口上”だ。こうした根拠薄弱で荒唐無稽なトンデモ話に、<陰謀論フリークス>は瞳をキラキラさせる。しかし、オカルトに興味のない人にとっては“お笑いネタ”でしかないので、ここまではセンシティブでもなんでもない。問題の危ない発言は、そのあとに出てくる。

<10のびっくり情報>のなかの7つ目の情報だ。船井氏は、つぎのように書いている。

(7)とんでもないほど健康に万能の効果のあるものが見つかりました。
 私は左下アゴ骨を切りとる手術をしなければならないほど、いま骨髄炎で苦しんでいます。しかし以下の三つを活用しはじめたら楽になり出しました。

TWEBS((株)鳳凰堂から出ている熊笹エキスです。同社の電話は03-3784-6677)です。副作用はありません。卓効がありました。
植物ミネラル(ミネラル研究家の中山栄基さん開発のものです。電話は0857-73-5122)です。もちろん副作用はありません。これも卓効がありました。
③ブレスライト((株)エクボで発売しているLEDランプユニットです。同社の電話は、046-243-5601)です。半永久製品です。よく睡れるようになりました。
 おかげで、あご骨を切断しなくても難病が治癒しそうな気がします。多分、神(?)か、私の本質が、私の肉体のために教えてくれたのでしょう。これらからみて、10年内に人類は病気から解放されそうだと思います。

記事中の<TWEBS>と<植物ミネラル>のリンクをクリックしてみると、「本物研究所」(本社・静岡県熱海市)と「ほんものや」のサイトが開く。いずれも取り扱い商品を紹介するページで、そこで宣伝されているのは「クマザサエキス」と「ハイパワーマグマン」なる品物だ。船井氏の評価によれば、「難病をも治癒し、人類を病気から解放しうる奇跡の万能薬」という印象を受ける。

このふたつの商品、試したことがないから、その効き目についてはなんともいえない。しかし、それ以前に、どちらの商品も<健康食品>ではないのか。ならば、医薬品とまぎらわしい効能などの表示や広告を行うと、薬事法に違反するおそれがある。ところが船井氏は、どちらの商品についても「副作用はありません」「卓効がありました」と、効能効果の表現を使っているのだ。

販売者ではない第三者が販売促進を目的とせず、消費者として勝手に推薦するコトバなら、薬事法に触れるかどうかは微妙なところだろう。しかし、「本物研究所」は、その商品を販売している。「ほんものや」は「本物研究所」の屋号だ。そして船井氏は、「本物研究所」の佐野浩一社長の義父であり、同社の最高顧問の肩書きをもつ人物。CEOが自社の販売する健康食品について効能効果を宣伝すると、やはり問題があるのではないだろうか。

2011/08/08

「言論封じ」の威嚇がねらいか [NEWS RAGTAG]管理者に迷惑電話と脅迫めいたメールが輻輳

8月4日の20時23分から23時12分までの約3時間、<NEWS RAGTAG>管理者の津田哲也の携帯電話が鳴りっぱなしになった。着信した回数は計67回。そのすべての発信者番号は<非通知設定>にされており、67回のうち留守番電話サービスにつながった5回は、いずれもメッセージは吹きこまれていなかった。

20110804_2033202320110804_20532049 20110804_23122259

同一人物による、嫌がらせを目的とした電話であったことは明らかだろう。しかも携帯電話の着信音が絶え間なく鳴りつづいたのと、ほぼ同じ時間帯の20時02分から22時58分にかけて、計9通のメールが届いている。それは、きわめて脅迫的な内容だった。

きさまは……そのままで終わらない

必ずお前を……

大変なことに……をだしたな。やったからには、生涯……わかるだろ

お前の行……は、すべて追跡中である

一部を伏字にされてはいたが、なんらかの報復や危害を加える意思があることを示唆している。

脅迫的メールと迷惑電話が輻輳(ふくそう)した前日の8月3日にも、津田の携帯電話には2本の怪しげな電話がかかっていた。

1本目の電話があったのは18時49分。発信者の番号表示は<公衆電話>だった。中年とおぼしき男性の声で「岐阜の眼科医院の関係者」を名乗った相手は、「裁判に出させていただく」20110803と言って電話を切っている。そして、2本目の電話は20時27分。番号表示は同じ<公衆電話>だが、何度も呼びかけたが応答のない「無言電話」だった。

この2本の“怪電話”があった8月3日には、岐阜市の眼科医院の副院長に対する業務上過失致傷の疑いで、元患者のA子さんの告訴を岐阜県警北警察署が受理している。同医院の関係者と称する人物から1本目の電話がかかったのは、北警察署が作成した<告訴調書>に署名押印したA子さんが、同署を出た時刻から約2時間後のことだった。

さらに2本目の無言電話があったのは、A子さんの告訴が受理されたことを伝える記事を<NEWS RAGTAG>にアップした2分後だ。

たんなる偶然だった可能性も否定できないが、北警察署が医院側と密に連絡をとりあっているのではないか、という疑念を抱かれかねないタイミングで“怪電話”はあった。

4日の津田に対する「嫌がらせ電話」と「脅迫的メール」が、眼科医院と結びつくことを示すのは、前日3日の電話だけではない。9通の脅迫的メールの発信に使われたメールアドレスが、同医院の副院長が岐阜大学眼科に所属していた当時に書いた論文に、連絡先として載せていたものと一致しているのだ。

脅迫的な行為の矛先が今後、告訴人のA子さんに向けられるおそれがないとは言い切れない。だからこそ、きちんと調査をして実行者を特定し、防止につとめる必要がある。

2011/08/04

元ヤクザの更生を支援する先端医療技術 〔人工ボディ〕

「エンコ詰め」というヤクザ用語がある。

その意味は、いわゆる「指詰め」。英語では'yakuza finger-cutting ritual' と訳され、指を故意に切断するなどの行為は、国際的にも認知されたヤクザ社会に特有の慣習だ。

それだけに暴力団組員が組を脱会する際、“欠けた指”が社会復帰の妨げになるため、医療の助けを借りることもある。形成外科の分野では、足指を移植する手術が施されるが、もっと簡単に詰めてしまった指を“復元”する方法があるという。

「読売新聞」大阪本社版が、7月29日から8月3日にかけて掲載した6回の連載記事<人工ボディーを究める>で注目を集めている特殊義肢がそれだ。

ダミーとはいえ、人体用シリコンを使用した完全オーダーメードで、見た目も質感もリアルでPub_sub2精巧。義指には、ちゃんと指紋まである。

この<人工ボディ>は本来、事故や病気などで失った身体の一部を補うための医療用として製作されるものであることは、いうまでもない。だが、特例的に、不謹慎にも自分で指を詰めてしまった“裏社会の住人”の更生支援に応用されているのだそうだ。前述の「読売新聞」連載記事の4回目は、<人工ボディ>を製作する「工房アルテ」(大阪市北区)の福島有佳子さんの社会貢献活動について書いている。

これまでに、福島さんが「人口指」を製作し、社会復帰を助けた暴力団からの離脱者は約150人。その活動で、'04年には「第13回暴力団追放府民大会」で功労賞を受賞した。

ただし、この連載記事を担当した「読売新聞」の中沢直紀記者によると、「きちんと組を離脱して、警察から紹介を受けた人でなければ、製作を引き受けてもらえないようです」とのことだ。

2011/07/23

増田俊男氏「密着取材」蔵出し動画 Ⅱ 「サンラ・ワールド金融商品取引法違反事件」

<時事評論家>の増田俊男氏と、同氏が実質経営する投資顧問会社『サンラ・ワールド社』(江尻眞理子社長)が、海外投資を名目に日本の一般投資家から集めた資金は総額で約250億円にものぼる。'99年ごろから、増田氏らがつぎつぎと立ち上げてきた複数のファンドは、いずれも破綻。投資元本の返還はおろか、裁判所が支払いを命じた賠償金も不払いとToshi_masudaなっており、今年4月には増田氏らが金商法(金融商品取引法)違反の疑いで東京地検に送致された。

増田氏らの<サンラ商法>には当初から、虚偽誇大な宣伝や説明義務違反などの問題があり、いずれは破綻して大勢の被害者を生むであろうことが容易に予測できた。さらに違法性の疑いもあったことから、<NEWS RAGTAG>主宰の津田哲也は「財界展望」(現「ZAITEN」)2002年9月号に<「投資の神様」は本当か? 出資法違反も疑われる有名評論家 増田俊男氏が 集めた「四〇億円」>と題した記事を書いている。この記事が名誉棄損にあたるとして、サンラ・ワールド社側の代理人となって、示談交渉に介入してきたのが佐藤博史弁護士(第二東京弁護士会)だった。

これを機に佐藤弁護士は、サンラ・ワールド社と法律顧問契約を結ぶ。以降、'09年7月末までの丸7年、同社の顧問や代理人を務めることで佐藤弁護士が稼いだ報酬等は約2億円だ。そして一方、増田氏らは'02年以降も、怪しげな投資案件を立ち上げて集金活動を継続し、被害総額を膨らませていった。佐藤弁護士はサンラ・ワールド社に投資金の返還を求めた被害者を恫喝するなどして“用心棒”的な役割を果たし、<サンラ商法>に法律家として「適法」との“お墨付き”を与えることで、増田氏らの資金集めを助長する結果を招いたのだ。

Satochanそんな佐藤弁護士が、サンラ・ワールド社の“影の支配者”ともいえる立場から足を洗ったのは、<足利事件>の“冤罪ヒーロー”菅家利和氏が千葉刑務所から釈放された翌月のことだった。それからほどなくして、津田はそれまで7年あまりにわたって闘いつづけてきた増田氏と停戦する。'09年10月から'10年8月までのあいだ、同氏をはじめとするサンラ・ワールド社関係者を取材し、佐藤弁護士が<サンラ商法>を助長してきたことを物語る多くの証拠を入手した。増田氏の証言も、そのひとつだ。

今回、あらたに編集した密着取材の<蔵出し動画>は、金商法違反の被疑事実とされた'07年10月の投資募集について、佐藤弁護士の指導と捜査機関の見解との相違に焦点を絞っている。

増田俊男氏が語った「サンラ・ワールド金融商品取引法違反事件」.wmv(1.8G)YouTube

サンラ・ワールド社が資金集めを継続していた当時、同社側の代理人となっていたのは、佐藤弁護士だけではなかった。'06年末ごろから'09年7月まで、佐藤弁護士が所長の「新東京総合法律事務所」(当時・新東京法律会計事務所)に所属する"イソ弁"として、サンラ・ワールド社側の代理人を務めた木村文幸弁護士がいる。'07年に金融庁と関東財務局が検査に入った際、その折衝に当たったのは木村弁護士だ。 被害者らとの交渉事件と訴訟のほとんどにも、佐藤弁護士とともにサンラ・ワールド社側の代理人に名を連ねていた。

この木村弁護士から暴言を吐かれた、という<サンラ商法>の被害者は少なくない。また、増田氏を取材しようとした記者と、彼は小競り合いを起こしたこともある。ずいぶん威勢のいい青年だったようだが、いまでは佐藤弁護士の事務所を離れ、社会に貢献する仕事もしているようだ。

「木村法律会計事務所」のウェブサイトには、つぎような自己紹介文を載せている。

相続・離婚といった家族事件や、隣家とのトラブル・借金問題などの一般民事事件のほか、特捜事件を含む刑事事件、少年事件、医療事故も多数経験しています。特に子どもの権利に関する事件(少年事件、学校問題など)では、子どもとともに悩みを解決できるよう努めています。

O0363053311123731197子ども好きなのだろうか。ウェブサイトの経歴によれば、現在は第二東京弁護士会の<子どもの権利に関する委員会>の委員をしているらしい。ほかにも、同会の<裁判員裁判実施推進センター>の幹事を務め、<医療事故研究会>に所属しているそうだ。

しかし、'06年に弁護士登録をした彼の弁護士としてのキャリアの大半を占める、佐藤弁護士の"イソ弁"時代の経歴については、まったく書かれていない。

菅家氏の主任弁護人だった佐藤弁護士に師事した「名誉」よりも、サンラ・ワールド社の代理人という「汚名」のほうが重いということか。

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ