2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

2011/09/03

でっち上げも横行する「DV離婚」エキスパートの可児康則弁護士が「離婚後の親子の面会交流」について講演

子どもの権利やDV(ドメスティック・バイオレンス)女性の保護を著しく損なう危険性があるとして、ハーグ条約の批准に反対する団体「ハーグ慎重の会」(正式名称:ハーグ「子の奪取」条約の批准に慎重な検討を求める市民と法律家の会)賛同人の可児康則(かにやすのり)弁護士が3日、名古屋市女性会館で講演する。テーマは「離婚と子どもの面会問題」だ。

第1回 女性と貧困ネットワークあいち 連続学習会
離婚と子どもの面会問題~ハーグ条約、面接交渉、共同親権~

日 時:9月3日(土)午後1時30分~4時00分

場 所:名古屋市女性会館 3F第4集会室
      (地下鉄名城線「東別院」下車)

講 師:可児康則弁護士(名古屋第一法律事務所)

参加費:500円(ひとり親は無料)

主 催:女性と貧困ネットワークあいち

連絡先:090-9918-2110(女性ユニオン)
e-mail : info.wapna@gmail.com

可児弁護士は、日弁連の<両性の平等に関する委員会>や内閣府の<男女共同参画推進本部>などに所属し、<DV被害女性>の支援活動に取り組む“フェミニスト弁護士”として知られる。DV防止法(配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律)に基づく保護命令の申し立てや、DVがらみの離婚事件などを、ほぼ専門に扱っているようだ。

しかし、DVケースの保護命令や離婚事件には、虚偽の事実がでっち上げられることも少なくない。危機介入のための法律であるDV防止法は、妻が「夫から暴力を受けた」と被害を申告すれば安易に適用されることから、この法律を悪用した“DVでっち上げ商法”も横行しているのだ。DV防止法の適用を受ければ、女性が一方的に有利な条件で離婚することができ、妻側の代理人となった弁護士は手軽に成功報酬を稼ぐことができる。

51g113q3wtl__sl500_DV離婚」の手引書ともいえる可児弁護士の著書『弁護士が説くDV解決マニュアル』(朱鷺書房)の共著者である佐藤功行弁護士(兵庫県弁護士会)は、妻側の代理人となっていた離婚訴訟で今年4月、DVのでっち上げを水戸家裁龍ヶ崎支部で認定されて敗訴(現在、東京高裁で控訴審が係属中)。先月には、別の夫婦の虚偽のDVを主張した離婚調停にからみ、元依頼者の女性から詐欺罪などの疑いで兵庫県警に告訴されている。

※3日に予定されていた講演は、暴風警報が発令されたため中止になった。

2011/08/11

佐藤功行弁護士「DVでっち上げ商法」をめぐり「詐欺罪」などで刑事告訴される 〔兵庫県警〕

兵庫県に住む女性と男性の2人が10日、<詐欺罪>などの疑いで佐藤功行弁護士(兵庫県弁護士会)を兵庫県警に告訴および告発し、県警は同日付で受理した。

告訴した女性は、佐藤弁護士の元依頼者。告発人となった男性とは元夫婦だった。

女性は'06年、佐藤弁護士が理事を務める女性人権団体NPOウィメンズネットこうべ(神201106221229171_womens戸市)を通じて、同弁護士に離婚事件を委任。佐藤弁護士などから唆された虚偽のDV(ドメスティック・バイオレンス)被害を主張することで、'07年1月に告発人の男性と調停離婚していた。

この離婚事件で、女性が弁護士費用の立て替え制度を利用していた法テラス(財団法人「日本司法支援センター」)に対し、佐藤弁護士は報酬の額を過大に報告。それを誤信した法テラスから請求させることで、通常の約1.5倍の報酬を支払わせたことが詐欺罪にあたるとして、女性は告訴した。さらに佐藤弁護士は、離婚の成立後に「DV被害のでっち上げ」などの不正の発覚を防ぐための“裏工作”をはかり、女性に関係する戸籍謄本や住民票の写しを不法な手段で取得するなどしていた。それらの行為については詐欺罪とあわせ、戸籍法違反と住民基本台帳法違反の疑いで、今回の告訴に加えられている。

元の夫である男性は現在、告訴人の女性を保佐する立場にあることから、おなじ被疑事実で告発人となった。

佐藤弁護士は、別の女性の代理人となって東京高裁で控訴審が争われている離婚裁判の1審家裁判決で「DV被害のでっち上げ」を認定され、敗訴している。

【関連記事】佐藤功行弁護士が代理人の「DVでっち上げ離婚訴訟」控訴審の口頭弁論 〔東京高裁〕 2011/07/04

20110622131727womens

女性人権団体「NPOウィメンズネットこうべ」の本部が入居しているとされる神戸市内の雑居ビル

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ