2012/07/17

「虚偽DV」の証拠に悪用される診断書② ウソの主張で不当に子どもを連れ出した親が勝つ「単独親権」法の穴

元プロジャズドラマーの吉田正廣さんは今年1月30日の朝、登校する途中だった小学1年生(当時)の自分の長女を、愛媛県東温市の小学校正門近くでクルマに乗せて連れ去った。

それから19日後の2月18日、吉田さんは長女との逃避行の末、静岡県の伊豆半島東岸の小さな町の民家にいたところを愛媛県警松山南署などに〈未成年者略取〉逮捕される。

この事件で、吉田さん親子と行動をともにしていた探偵業の男性も逮捕されている。探偵は、神奈川県小田原市内から4歳の自分の娘Photoを連れだしていた。吉田さんと探偵は、親子交流を考える団体を岐阜で主宰している男性の紹介で知り合い、“わが子の奪還”という共通の目的を持ってタッグを組んだらしい。逮捕時、探偵は妻に娘を連れ去られてから約1ヵ月。離婚はまだ成立しておらず、探偵にも親権があった。

しかし吉田さんの場合は、元妻との離婚は事件の約3年前。長女の親権者は元妻だった。吉田さんと暮らしていた横浜から、元妻は愛媛の実家へ長女を連れ帰っており、親権のない吉田さんは、わが子とほとんど会えない状況がつづいていたという。

'10年1月にも吉田さんは、長女を保育園から連れ去る事件を起こして逮捕され、〈未成年者略取〉の罪で執行猶予付きの有罪判決を受けていた。今回の事件は、執行猶予期間中の再犯。逮捕されれば、まず実刑をまぬがれない。それを承知で、わが子を愛しむがゆえの“悲壮な決意”をもって実行した事件だった。

逮捕後に吉田さんは、留置場のなかから横浜市鶴見区内に住む自分の両親へ送った手紙に、こう記している。

201203252045402たった20日間の逃避行だったけど、やって良かった。

あのまま死んだ様な毎日を何年も送るなら、たとえ投獄されようとも思い残す事はありません。

まわりの人達に多くの迷惑をかけてしまった事は本当に申し訳なく思っていますが、※※(長女)の心にも自分の心にも、今回一緒に過ごせた事は、何年も忘れることのない大切な思い出になったと思います──。

Yoshida01Yoshida02_2Yoshida03

Yoshida04Yoshida05_2

2度目の事件で逮捕されるまで、吉田さんは親子が断絶することのない社会の実現を願うコンサート活動を行うなど、精力的に〈共同親権〉の推進を求める活動に取り組んでいた。

続きを読む "「虚偽DV」の証拠に悪用される診断書② ウソの主張で不当に子どもを連れ出した親が勝つ「単独親権」法の穴"

| | コメント (0)

2012/02/25

現職の裁判官ら10名が「書記官がでっち上げた申し立てに裁判所が決定を下した」と訴えられた民事訴訟の第2回口頭弁論 〔横浜地裁〕

民事訴訟のなかで申し立ててもいない裁判官忌避却下の決定をしたなどとして、横浜市内に住む女性が平岡秀夫法務大臣ほか、横浜地裁と東京高裁の現職の裁判官7人と書記官2人の計10人を相手取って160万円の慰謝料の支払いを求めた訴訟の第2回口頭弁論が、来週に横浜地裁である。

原告の女性は、「横浜地裁の書記官が架空の忌避申し立ての書面を作成し、印紙代と郵券代も未納だったにもかかわらず、横浜地裁と東京高裁が決定書を出したことは違法。裁判所の都合で、法の解釈を歪めるような不正は、決して許されるべきではありません」としている。

期日:2月28日(火)午後1時15分
場所:横浜地方裁判所 603号法廷

こんな裁判官はおかしい!印紙未納でもOK?? 〔裁判所の不正を正す会〕

| | コメント (0)