2014/06/27

「冤罪弁護士」佐藤博史氏が<戒告処分>受けた恥トラブル 〔フライデー〕

<足利事件>や<PC遠隔操作事件>の主任弁護人としてその名を知られた佐藤博史

Friday

弁護士。そんな佐藤弁護士が所属する第2東京弁護士会から<戒告>の懲戒処分を受けていたことを、日本弁護士連合会が広報誌『自由と正義』(2014年6月号)で公告した。
佐藤弁護士は'02年から'09年にかけての約7年間、のちに金融商品取引法違反の罪で有罪判決を受けた『サンラ・ワールド社』の法律顧問を務めていた。その間に同社から得た報酬等は、総額で約2億円。今回の懲戒処分は、この巨額報酬の一部について、適切な説明せずに高額な報酬を『サンラ・ワールド社』に請求していたことなどが<非行に該当する>とされた。

本日発売の『フライデー』(2014/07/11日号)では、津田哲也が佐藤弁護士を直撃取材。懲戒の事由となった高額報酬について、日弁連元会長の宇都宮健児氏のコメントも掲載している。


「悪魔が完全な仮面をかぶっていた」

 保釈中だった片山祐輔被告(32)が、稚拙な自作自演の“真犯人メール”で馬脚を現したPC遠隔操作事件。5月22日、会見で目に涙をためながら発言したのは、主任弁護人の佐藤博史氏である。

 かつて東大ロースクールで佐藤氏の授業を受けた法曹関係者は、こう苦笑する。

「目立ちたがりの佐藤先生らしいなと思いましたよ。今後は情状酌量を求めるだけなのに、あんな会見をする必要があったのか疑問です。授業の様子ですか? 当時はまだ世間の耳目を集める存在ではなかったものの、刑事法の専門家として上から目線で自分の手柄話を披露していました」

 一方、急な手のひら返しに同業者からは厳しい意見が。

「起訴事実を一転して認める方針になったとはいえ、結審していない公判の被告人について、人格を否定するような発言をするのは、弁護士の職業倫理として不適切。懲戒請求ものですよ」(刑事訴訟に詳しい弁護士)

 足利事件で菅家利和さんの無罪を勝ち取るなど“冤罪事件のヒーロー”として名高い佐藤氏だが、単なる人権派弁護士というわけではない。

「社会正義と金銭欲の両立を追い求める稀有な弁護士です。評論家の増田俊男氏が約250億円を集めて金融商品取引法違反の判決を受けた『サンラ・ワールド事件』では、サンラ社の顧問弁護士として計2億円の報酬を受け取っています。その原資は被害者のお金ですが、佐藤氏が反省や謝罪の言葉を口にしたことはありません。また、足利事件では1000万円を持ち出して手弁当で支援したことが美談になっていますが、司法記者に対して自分と菅家さんに5万円ずつ『取材謝礼』を要求して批判されました」(ジャーナリスト・津田哲也氏)

 トラブルも多く、たびたび懲戒請求をかけられている。

「交通事故の依頼業務放置で戒告処分を受けており、つい先日も2件目の戒告処分があったことが判明しています。また、ある裁判の証言者に対して、『事件はカネなり』と話していたことがありますが、彼の本性を表している言葉だと思います」(同前)

 会見では片山被告に「ありのままであれ」と呼びかけた佐藤氏。だが、剥き出しの欲望に世間は辟易している。

【関連記事】増田俊男被告に有罪判決で問われる佐藤博史弁護士の責任 〔サンラ・ワールド事件〕2012/01/28


【関連記事】「足利事件」の佐藤博史弁護士が交通事故被害者の依頼業務放置で懲戒処分 〔日弁連・自由と正義〕2011/12/17


【関連記事】〝嵐を呼ぶ男〟佐藤博史弁護士「騎虎の勢」で暴走の果てに呼んだ「強制捜査」〔サンラ・ワールド事件〕2010/02/28


【関連記事】「最強の刑事専門弁護士」を自称する佐藤博史弁護士〔足利事件・横浜事件〕をダシにした「捜査逃れ」の〝用心棒代〟キツイ取立て 2010/02/21


【関連記事】「サンラ・ワールド社」を影で支配した佐藤博史弁護士「不正義の戦い」で掘った〝墓穴〟 2010/02/15


【関連記事】佐藤博史弁護士が「違法性を認識していた」と指摘されても仕方がない「サンラ顧問」時代の〝恥ずかしい〟証拠 2010/02/11


【関連記事】佐藤博史弁護士「もらった金は返さない」答弁にサンラ・ワールド社の出資者ら激怒!〔紛議調停〕2010/01/29


【関連記事】佐藤博史〔足利事件〕主任弁護人式「美談報道」ネタの仕込み方 2009/12/01


【関連記事】〔足利事件〕講演で佐藤博史弁護士「取材謝礼」をめぐり記者と激烈口論 2009/10/01


【関連記事】法廷で暴かれた「増田俊男」氏と「佐藤博史」弁護士のウソと不正 2008/10/13

| | コメント (1)

2013/05/16

弁護士のあり方を問う2つのイベント

今月から来月にかけて、弁護士の職業倫理を考える集会が、東京と大阪である。

Img_952298_34122491_1Image

そのひとつは<5.26 変えよう日本の離婚実行委員会>が主催し、<日本弁護士被害者連絡会>の協賛で開催される『面会交流と間接強制 ~子どもに会える別れ方研究~』と題するシンポジウムだ。離婚後の子どもとの面会交流の問題をテーマにしたイベントのようだが、メインパネリストは<日本弁護士被害者連絡会>の会長を名乗り、弁護士の非行を糾弾するブログ<弁護士と闘う!>を運営する市井信彦氏と太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)。このご両人はというと、近ごろ<AKUTOKUバスターズ>なるチーム(?)を結成し、「悪徳弁護士退治」を旗印に怪気炎を上げる弁護士叩きの最右翼的なコンビだ。

悪徳弁護士退治させていただきます。AKUTOKUバスターズ参上! 〔弁護士と闘う!〕

そして、イベントの第1部に登壇するのは市井氏。岐阜市議会の大西隆博市議をゲストに招き、離婚事件で子どもに会わせない弁護士を実名でバンバン晒す予定らしい。2部で「間接強制をとった弁護士」として講演する太田弁護士は、おなじ部の別の出し物のテーマになっている「裁判所の調査官を訴えた国賠訴訟」の代理人でもある。この訴訟を含めて、太田弁護士が代理人となった訴訟の口頭弁論が17日、東京地裁で2件ある。このうちの1件は、間接強制に応じない債務者である元妻と、その元代理人の弁護士に義務の履行や損害賠償を求める訴訟だ。

「離婚事件・面会交流を求める」裁判のお知らせ 5月17日東京地裁 〔弁護士と闘う!〕

26日のイベントは離婚事件をテーマにしつつも、予告を見るかぎりでは<AKUTOKUバスターズ>の“旗揚げ公演”ともいえそうな内容になっている。

ふつう弁護士は、弁護士や裁判所職員を訴える訴訟の代理人にはなりたがらない。それを太田弁護士は引き受ける、というのが<AKUTOKUバスターズ>のウリとするところ。その存在は、離婚や別居によって子どもと理不尽に引き離されている親や、弁護士の不当行為の被害に泣いている人にとっては“救いの神”ともいえるだろう。しかし、それはあくまで公平性に配慮があればの話。もしも、依頼者の主張にウソや不当な目的があった場合には、紛争の相手方や代理人の弁護士らに対する嫌がらせ行為を助長することにもなりかねない。つまり<AKUTOKUバスターズ>には、その運営方針に偏りがあったとすれば“諸刃の剣”となりうる危うさがあるのだ。

<弁護士職務基本規程>の第31条は「弁護士は、依頼の目的又は事件処理の方法が明らかに不当な事件を受任してはならない」と定めて、弁護士が不当な事件を受任することを禁じている。また同規定の第14条には「弁護士は、詐欺的取引、暴力その他違法若しくは不正な行為を助長し、又はこれらの行為を利用してはならない」とされるが、これらのしごく当然のモラルに背く弁護士もいる。

弁護士が、不当な業務を受任することの不正義について問題を提起するのが、来月に大阪で開催されるもうひとつのイベントだ。<悪徳・非行弁護士の闇を暴くシンポジウム>と題する集会で、主催はパナソニックPDP偽装請負訴訟の元原告で<吉岡力企画>代表の吉岡力氏。吉岡氏のほか、行政書士の藤田泰裕氏や<NEWS RAGTAG>の津田哲也らがパネリストを務める。

| | コメント (0)

2012/11/14

増田俊男氏「債務不履行裁判」またしても無断で出廷せず

相場の神様を自称する〈時事評論家〉の増田俊男氏が債務を履行しなかったとして、横浜市Masu20100616に住む70代の男性が7500万円の支払いを求めた民事訴訟の第2回口頭弁論が14日午前、横浜地裁であった。

男性は、増田氏が約250億円を集めて破綻させた巨額ファンドの投資家のひとりで、損害額は計約7600万円にのぼるという。増田氏は、その全額について債務の存在を認め、'10Masuda_nensho年6月に男性の代理人の弁護士に返済を約束する<念書>を差し入れる。しかし、その後に増田氏側が減額を申し入れ、約3400万円を6回に分割して支払うことを確約した<合意書>を男性との間で取り交わしていた。

ところが増田氏は、わずか約106万円を支払っただけで契約をホゴにする。そのため男性は、<合意書>に規定した金額を破棄。当初の<念書>に記載された金額に戻し、それから既払い額の約106万円を差し引いた7500万円の支払いを求める訴訟を提起するに至った。

この裁判の第1回目の口頭弁論は先月に開かれたが、増田氏側は本人も代理人の弁護士も無断で欠席。<答弁書>も提出していない。そして今回も裁判所に連絡しないまま、増田氏側は出廷しなかった。

ひたすら債権者や投資家から逃げ隠れをしながら、いまもなお増田氏は、奇特な信奉者を相手に金儲けの秘訣を説きつづけている。

次回の口頭弁論の期日は、つぎのとおり。

日時:12月19日(水)午前10時15分
場所:横浜地方裁判所 第602号法廷

| | コメント (0)

2012/10/03

自称“相場の神様”増田俊男氏が投資トラブルの「債務不履行」で訴えられた民事訴訟に答弁書を出さず「無断欠席」

増田俊男氏が、海外への投資を名目に集めた資金の債務が自身にあることを認めて返済を約束したにもかかわらず、その大部分を支払わなかったとして、横浜に住む男性が7500万円の支払いを求めた民事訴訟の第1回口頭弁論が、きょう横浜地裁であった。

Mvs3被告の増田氏側は、本人も代理人の弁護士も無断で出廷せず。期日までに<答弁書>も提出しなかった。

<答弁書>は擬制陳述とみなされ、それを出していれば、第1回目の口頭弁論に出廷しなくても問題はない。しかし、未提出のまま無断欠席した場合には、原告側の請求を全部容認した判決が下される可能性もある。

一時は“相場の神様”を自称し、約250億円もの大金を集めて破綻した増田氏の“金儲けの極意”とは、すなわち<三十六計逃げるに如かず>だったということなのか。まったく無責任きわまりない。

次回の口頭弁論の期日は、つぎのとおり。

日時:11月14日(水)午前10時30分
場所:横浜地方裁判所 第602号法廷

| | コメント (0)

2012/09/27

増田俊男氏の「債務不履行」に“破綻ファンド”元投資家が7500万円の支払いを求めて提訴 〔横浜地裁〕

インターネットやファックス情報を中心に「時事評論家」としての言論活動をつづける増田Toshi_masuda_5俊男氏が、投資トラブルのあった横浜市に住む男性から、7500万円の損害賠償などを求める民事訴訟を起こされていたことがわかった。

男性は、かつて増田氏が運営していたファンドの元投資家。パラオ共和国に増田氏が設立した<サンラ国際信託銀行>('05年に営業許可失効)など、複数の“増田ファンド”の案件に'03年から'07年にかけて預金などを行い、損害を受けた総額は計約7600万円にのぼるという。

その全額について、増田氏は債務の存在を認め、'10年6月に男性の代理人の弁護士に返済を約束する<念書>を差し入れていた。しかし、その後に増田氏側が減額を申し入れ、約3400万円を6回に分割して支払うことを確約した<合意書>を同年7月、男性との間で取り交わす。

ところが、増田氏が3回に分けて支払ったのは、合計でたったの約106万円だった。男性は、増田氏が約束の債務を履行しなかったため、<合意書>に規定した金額を破棄。当初の<念書>に記載された金額に戻し、それから既払い額を差し引いた7500万円を、増田氏に請求する訴訟を横浜地裁に提起した。

増田氏は、海外への投資などを名目に約250億円を集めたファンドを破綻させ、今年1月に金融商品取引法違反の罪で執行猶予つきの有罪判決を受けている。氏が元金を返還できず、損害を与えた投資家は1000名を超える。さらに、そのなかには裁判所が支払いを命じた賠償金や、裁判外の和解金などを踏み倒されている元投資家も多数いるのだ。

現在も<増田俊男のここ一番!>なる投資情報を売る商売をつづけている増田氏だが、“能書きほど薬は効かぬ”ということか。

20120913_2

横浜の男性が起こした訴訟は、第1回目の口頭弁論が10月3日午前10時30分から横浜地裁で開かれる。

| | コメント (0)

2012/03/02

逃げ隠れの「カリスマ」増田俊男氏が“ゲリラ”セミナー開講

海外ファンドへの投資を名目に約250億円を集めて破綻し、金融商品取引法違反の罪で今年1月に有罪判決を受けた増田俊男氏が今月8日、東京都内の“とある会場”で<実践経済セミナー>を開催するらしい。『欧州連合(EU)・共通通貨ユーロの運命と世界』と題し、13時から19時30分までの6時間30分にわたる増田氏のノンストップトークに、ディナーが付いて受講料は17万5000円。参加すれば<欧州経済崩壊での儲け方>を伝授してもらえるそうだが、調子のいい儲け話を真に受けると、授業料はさらに高くつくおそれがあるから注意したほうがよい。

投資家に支払うべき賠償金や和解金を踏み倒して逃げまわっている増田氏らしく、セミナー会場は受講を申し込んだ人にだけ、こっそり教える隠密裏のイベントのようだ。

| | コメント (0)

2012/01/28

増田俊男被告に有罪判決で問われる佐藤博史弁護士の責任 〔サンラ・ワールド事件〕

すでに一部のメディアが報じているが、金融商品取引法(無登録営業)の罪に問われた『サンラ・ワールド社』(事件後に解散)元実質経営者の増田俊男被告(73歳)に対し、きのう東京地T_masuda20120127裁は懲役1年6月、執行猶予3年、罰金300万円(求刑:懲役1年6月、罰金300万円)の判決を言い渡した。

閉廷後、判決についてのコメントを求めたところ、増田被告は「長いあいだ、ありがとうございました」とひと言。損害を与え、また和解金を踏み倒している多数の投資家に対する謝罪や反省の言葉は一切なかった。

執行猶予つきとはいえ、増田被告の有罪判決が確定した場合、サンラ・ワールド社元顧問の佐藤博史弁護士(第二東京弁護士会)の責任があらためて問われることになる。

佐藤弁護士は'02年から'09年までの7年間、サンラ・ワールド社と増田氏の法律顧問や代理人などをつづけ、約2億円の報酬等を利得。今回、増田被告が有罪判決を受けた事件となった無登録営業にも<適法>との“お墨付き”を与えることで、その実行を助長していた。

| | コメント (0)

2012/01/13

「サンラ・ワールド事件」増田俊男被告に今月判決 〔東京地裁〕

無登録でカナダのIT会社のワラントを販売したとして金商法(金融商品取引法)違反の罪に問われた『サンラ・ワールド社』元実質経営者で、時事評論家の増田俊男被告の判決公判が、今月27日に東京地裁で開かれる。

警視庁生活経済課が、サンラ・ワールド社の事務所や増田氏の自宅などを金商法違反の疑いで家宅捜索したのは'10年2月。その月、同課がおなじ容疑で強制捜査に入った<モンゴルファンド事件>では今月11日、「グローバルアイズ社」と「ニュー・アジア・アセット・マネジメント社」の元社長ら6人が詐欺の疑いで逮捕されている。

ところが、総額250億円を集めたとされる<サンラ・ワールド事件>では逮捕者は1人も出ず、増田氏の妻でサンラ・ワールド社の元社長は起訴猶予。不拘束のまま在宅起訴された増田氏も、金商法違反の罪に問われただけだった。その裁判で昨年末、検察側が求刑したのは懲役1年6月と罰金300万円という、きわめて軽い量刑だ。もしも今月の判決で実刑をまぬがれたとすれば、増田氏らのファンドによって老後の生活資金まで失い、民事訴訟で賠償金の支払い命令を勝ち取ったにもかかわらず不払いとされている投資被害者たちは、憤懣やるかたない思いをするに違いない。

日時:1月27日(金)午後1時30分
場所:東京地方裁判所 第414号法廷

サンラ・ワールド社元顧問の佐藤博史弁護士(第二東京弁護士会)は、同社から約2億円の報酬等を受け取っていた。その大半が過大請求だったとして'09年11月、サンラ・ワールド社は1億円あまりの返還を佐藤弁護士に求める紛議調停を、第二東京弁護士会に申し立てた。この調停によって資金が回収できた場合、増田氏は全額を投資被害の弁済に充てることを約束していたが、2年以上を経た現在も佐藤弁護士は返金を拒みつづけている。

※<NEWS RAGTAG>管理者の津田哲也のプロフィール画像を無断使用したまぎらわしいブログがありますが、当ブログとは一切関係ありません。

| | コメント (1)

2011/12/26

「時事評論家」増田俊男被告に「サンラ・ワールド」金商法違反事件で懲役1年6月を求刑 〔東京地裁〕

カナダのIT会社『アリウス3D社』のワラント(新株予約権証券)を、日本の投資家156人に計約3億5000万円で売ったとして、金融商品取引法違反(無登録営業)の罪に問われた『サンラ・ワールド社』201112261211071実質経営者の増田俊男被告(73歳)の論告求刑公判が26日、東京地裁(北村和裁判官)であった。

検察側は「大規模かつ巨額な違法業務の一環だった」として、増田被告に懲役1年6月、罰金300万円を求刑。一方、弁護側は「金融商品取引法にくわしい佐藤博史弁護士から、アリウス3D社の募集についてすべてチェックを受け、違法であるとの指摘を受けなかった」とし、「違法であるとの認識が未必的であった」と情状酌量を求めた。

最後に「今後、このようなことは二度としないよう、政治経済の評論、講演などに専念していきたい」と陳述した増田被告は閉廷後、弁護人とともに足早に法廷から立ち去り、裁判所の正面玄関前でタクシーに乗り込んだ。

201112261349433

201112261349431公判を傍聴した<サンラ商法>の一部の被害者は、増田被告の厳しい処罰を求める嘆願書を東京地裁に送る予定だという。

判決は、来年1月27日に言い渡される。

| | コメント (0)

2011/12/20

元依頼者から訴訟を起こされ「名誉棄損」で訴え返した「人権派」正野嘉人弁護士

交通事故の後遺障害認定の再認定を求める訴訟を依頼した女性から、着手金を受け取りながら相手方の保険会社に連絡もしなかったなどとして、正野嘉人弁護士(東京弁護士)が女性から提起された損害賠償請求訴訟の口頭弁論が22日に東京地裁で開かれる。

この訴訟の理由となった委任業務のトラブルをめぐっては、女性は'09年2月に着手金の返還を求める紛議調停を東京弁護士会に申し立てたが、同年5月に不調で終結。さらに、その年の8月に懲戒請求をしたが、これも東京弁護士会の綱紀委員会が'10年10月に退けている。

女性が、正野弁護士を相手どって、<本人訴訟>で訴訟を提起したのは今年の2月。これに対して正野弁護士は、女性が紛議調停や懲戒請求に提出した書面の記述などが名誉棄損にあたるとして、9月に300万円の賠償金の支払を求める反訴を提起した。

しかし、女性側の言い分は、正野弁護士の反訴の理由とはまったくの逆。懲戒請求などに正野弁護士が提出した書面に、「こんなにバカだとは思っていなかった」などと書かれたほか、家族をも誹謗する辛辣な表現で攻撃されたと主張している。はたして、どちらの主張が正しいのか、この訴訟の進展を見守りたい。

期日:12月22日(木)午前10時00分
場所:東京地方裁判所 635号法廷

正野弁護士は、交通事故被害者からの依頼を放置して9月に懲戒処分を受けた佐藤博史弁護士(第二東京弁護士会)と、『サンラ・ワールド社』の代理人と投資家という対立する立場で激しく争っていた人物だ。そのときは、佐藤弁護士の暴言に憤慨していたはずなのだが。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧